FC2ブログ

ホワイトカラーS3E12【父の弱み】

シーズン3エピソード12【父の弱み】
ネタバレありのあらすじ&感想をまとめています。


ニールは自分が自由の身になれるかもしれないという事実に、心が躍っていた。
ピーターもそんなニールの胸の内を理解はしていた。

二人そろって出勤すると、そこにはエバンという青年が待っていた。
彼はマンハッタン学院というお金持ちが通う学校の制服に身を包んでいた。
彼は学校の経理課でアルバイトをしているといい、そこで不正が行われているのではないかと訴えてきたのだ。

学校への寄付額は変らないにもかかわらず、自分は奨学金を打ち切られたとエバンは言う。
しかもそれは、アンディ・ウッズという男が経営者になってからだとエバンは調べてきていた。
彼の娘クロエもまた学校に通っているらしく、エバンは彼女に惚れていた。

ピーターは、アンディの名前を聞いてピンとくる。彼は表向き投資家であるが、裏では麻薬組織と繋がっている人物として容疑がかけられていた。
寄付金が横領されているに違いないと考えたピーターは、身分を偽って、ウッズに接触する。
ピーターが学校職員を会っている間、暇だったニールが廊下で待っていると、臨時講師と人間違いした職員がニールを教室へ連れて行く。
生徒の中に、エバンとクロエが居ることを確認したニールは、成り行きで詩の授業を始める。

こうしてニールも講師として学校に潜りこみ、ピーターも捜査を続ける。
ウッズは、学校の寄付金を投資に回し、利益を少なく学校側へ報告することで私腹を肥やしているのだと考えられたが、証拠がない。

翌日、ニールが学校へ着くと、校長とウッズが怪しい文書のやり取りをしていることに気づく。

ニールはクロエから個人授業の依頼をされ、断ることも出来ず、エバンと三人ならOKだと返事をする。
一方、ピーターはさらにウッズのことを調べるために彼のPCのデータを調べる必要があると言い、彼の部屋に食事に招かれる状況をつくりだす。
ニールとピーターは同日、ウッズの家で落ち合い、ピーターがウッズの気を逸らしている間に、ニールがPCを調べる手はずを整える。
エバンの手助けもあって、無事にデータを手に入れたニール。

ピーターとニールは、ウッズ逮捕に向けて学校へ赴くが、先にピーターがウッズに捕らえられてしまう。
そこへニールが機転を利かせて救出に入り、ウッズは無事に逮捕されるが…

父親が犯罪者となってしまったクロエ。ショックを隠せない彼女に、ニールは言葉をかける。
自分の人生をやり直す機会に恵まれたんだ、と力強い言葉を掛けるニールの姿を遠くから眺めるピーター。

翌日、ピーターは審問会に向けての聴取がおこなわれていた。
聴取が終わったピーターに駆け寄るニール。
ピーター「真実を話したよ」
ニール「……」
ピーター「今回もお前はよく働いてくれた。お前を、信頼できるパートナーだと思っている」
その言葉に、ニールが決然と言う。
ニール「この機会を、無駄にはしないよ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

審問会が近づいているからか、ニールはピーターのご機嫌取りのために、
コーヒーを買ってあげたり、ヤンキースのチケットを取ったりと、いろいろしているわけです(本文には書いていないけど)

ピーターはフラットな状態を保つために、それを断るんですけどね。
ピーターってそんな機嫌取りなんてしなくても、ニールのことを真っ直ぐ見て、葛藤して、結論出してくれると思うんだけどなあ。
それだけニールも気が気じゃないっていうことなのかしら。

それにしても、クロエという女の子の眉毛が全手描きだったわ。不自然……

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.