FC2ブログ

SUPERNATURAL S4E3【すべての始まり】

シーズン4エピソード3【すべての始まり】のあらすじ&最後までのネタバレです。
天使カスティエルが見えるようになったディーン。彼とディーンの絡みが気になります!
カスティエルがディーンにやってほしいこと、とは!?
モーテルでディーンが寝ている間に、サムはルビーと共に街へと繰り出す。
一方、地獄に居た時の夢を見たディーンが飛び起きると、そこにはカスティエルが居た。
彼はディーンに「阻止しろ」とだけ言い、別の次元に飛ばしてしまう。

ベンチの上で目覚めたディーン。近くのダイナーに入ると、そこには若かりし父ジョンが居た。
まだ母メアリーと交際していた頃のジョンだった。

再びディーンの前にカスティエルが現れて「阻止しろ」というが、ディーンには何のことか分からない。
とりあえずディーンはジョンに近づくが、そこで母となる若かりしメアリーにも出会う。

彼女の一家はなんと、悪魔狩りのハンターだった。
ディーンは自らもハンターだと名乗り、メアリー家族に近づく。
そしてジョンの遺した手帳を元に、悪魔狩りを手伝うことにしたディーンだったが、メアリーは一般人のジョンと結婚して、平穏な生活を送ることを求めていた。

父親の手帳に残された悪魔の記録から、街に黄色い目の悪魔が迫っていることに気づいたディーンは、退治の計画を立てる。
しかしカスティエルから言われた「阻止しろ」という言葉から、メアリーやジョンを巻き込まないようにしようと考えたディーンは、祖父であるサミュエルにだけ援軍を求めようと考える。

メアリーに別れを告げ、ディーンは一人、コルト銃を手に入れるために、サミュエル・コルトの元へと向かう。
その道中で再びカスティエルが現れる。
カスティエル「いいのか?今ここで過去の歴史を変えたら、未来は変わるぞ。救ってきた人たちもみんな死ぬ
(なんだよ!カスティエル!わけわかんねーよ!)
ディーン「いいわけないだろう!でも、俺の親だ。なんとしても救いたい。もし救えたら・・・」
ディーンがそう言うと、すでに目の前にはカスティエルが居なかった。

コルトを手に入れたディーンは、メアリーの父サミュエルの家へと戻ってきて、悪魔退治の作戦を話し合うが、どうも様子がおかしい。
なんと黄色い目の悪魔は祖父サミュエルに取り憑いていたのだ。
悪魔はディーンをねじ伏せ、デートしているメアリーとジョンの元へ向かい、ジョンを命を奪う。

メアリーは、なんとしてもジョンの命を取り戻すため、悪魔と契約を交わしてしまう。
遅れてディーンが駆け付けると、そこではすでにメアリーと悪魔が契約成立の口づけを交わしていた。
結局ディーンは、メアリーとジョンを運命から救うことができなかったのだ。


ディーンが再び目覚めると、そこはモーテルだった。
何も止められなかったことをディーンは責める。それに対して、カスティエルは「これは運命だ」と言い出す。
運命は変えられず、終着点は同じだと言う。

ディーンがこの長い夢の中で、自分の両親に起きた真実を知らされることになった。
メアリーは悪魔と取引し、ジョンを取り戻した。そして10年後、その命を奪われた。
黄色い目の悪魔アザゼルは、メアリーの命を求めていたのではなく、サムが目当てだったということも。

ふと傍らを見ると、ベッドにサムが居ない。
カスティエルはサムの居場所をディーンに伝える。
そし「サムは今、危険な道を進んでいる……」と意味深な言葉を呟く。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

メアリーとジョンの過去が明らかになりました。
ジョンがハンターになるのは必然だったのか、と思わされました。そしてメアリーは家族を悪魔に殺された孤独の身。

カスティエルは何を阻止しろと言ったのでしょう?とか思いましたけど、この流れはサムですね。
カスティエルによっていろいろなことを一方的に知らされていくディーンがとてもかわいそうに思えてきました。
自分のルーツって気になるのはわかります。自分がどうやって誕生したかとか(某国営放送のファミリーヒストリーとかも、他人の家系ながらめっちゃ観てしまうし)、自分の未来はどうだとか、
でもそれって見えないから生きやすいってのもあると思うんですよね。
そんなこと知りたくなかった~的なことって山ほどあるし。

でもディーンはそれを自分の意志と関係なく見さされて、カスティエルの何かしらの計画の駒として動かなきゃならない未来もなんだかとても窮屈そう。
だから応援する!(単純な視聴者)

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.