FC2ブログ

ひとりキャンプで食って寝るEp【富士山でチーズドック】

洋ドラの感想ブログだけど、今期の邦ドラマで気になっているものはいくつかある。

安定のミステリー
・BBC版リメイクのシャーロック
 正直BBCが至高すぎて、怖くてまだ観られていないけど、録画はしてる。
 相棒とかその他警察ドラマはほぼ流し見している(要するにリタイアした)が、このドラマは棄権せずにいつかイッキ観したい。
帰ってきた時効警察
 これは人から薦められて録画のみしている。麻生久美子さん好き

飯テロ2連発
・孤独のグルメS8
 ここまで続くとは思わなかった。
・深夜食堂4
 とにかくご飯が食べたくなる。

そして、この飯テロドラマ2連発だけでなく、第三の矢が用意されていることに気づいた。
それが「ひとりキャンプで食って寝る」である。
三浦貴大と夏帆の二人が隔週で主演する「ひとりキャンプ」ドラマ。もやはタイトルそのまま。
第1回は三浦貴大さん主演「富士山でチーズドック」

=====あらすじ=====

富士山の見えるキャンプ場へやってきて、テントを張り、ハンモックに揺られながら、ナッツとビールでリラックス。
さわやかな陽気と雄大な自然に包まれてウトウトしていると、いつの間にか体温が下がり、焚火が恋しくなる。

火をつけようとライターを用意するも、まさかのガス切れ。
レセプションセンターに行くも無人。近隣のキャンパーも見当たらず途方に暮れる。
山の中へと入ると、そこではもうもうと煙が上がっていた。

「人の居ないところに煙は立たない」

と向かうと、そこには火にかけられた鍋が。主人公が炎を眺めていると、漫画を読んでいた焚火の主の男性が木の上から落ちてくる。
会釈をすると、鍋を開けて男性は一切れのササミを手渡す。その鍋は簡易の燻製鍋だった。

「なにかスモークしたいもん、あるか」

そう聞かれて、ナッツを手渡した主人公はお皿の上に広げる。数種類のスモークチップをブレンドした男は、鍋のふたを閉め、再び漫画を読みふける。

「46巻の、部長と両さんのヨーロッパ旅行、面白いぞ~」

手持ち無沙汰だった主人公にそう言って、漫画を読むように促し、しばしのスモーク待ち。
漫画を読み終わるころ、スモークも完成。スモークナッツはしっとりと汗をかき、二人は無言でそれをつまんだ。

「そういえば、僕、ライターを貸してほしくて」
「たばこは吸わないから持ってない」
「バーナーは」
「持ってない」

じゃあ、どうやって火を起こしたのかと不思議そうにする主人公。男性は火打ち石を手渡す。

「ライターの方が簡単でしょう?」
「ライターと火打石じゃ、味が全然違うんだよ」

そう言われ、火打石を拝借した主人公。悪戦苦闘しながらも、火が起きたときには少しの感動を覚える。

突然の雨に降られながらも、焚火を囲い、網を張って待ちに待った食事の時間。
「とびきりうまいものでもない、しかしそこそこ期待を裏切らない」
そんなポリシーで缶詰を愛好している主人公。
「まるであなたみたいね……」と、元カノの声がふいによみがえる。
アウトドア好きで二人でキャンプしていた彼女も、部屋を出て行ってもう半年。音沙汰もなし。
そんなちょっとセンチな気分になる主人公。

まず一品目。
鉄の小鍋にバターとコーンを落とし、炒める。仕上げにブラックペッパーを挽いて『コーンバター』とビールで祝杯。
二品目。
ウインナーと、燻製おじさんからもらったスモークチーズをフライパンで熱し、パンは網の上で軽くあぶって温める。
切れ込みを入れたパンにウインナーとトロトロに溶けたチーズ、そして七味を振りかけて『チーズドック』
絶対おいしいやろ!!!

テントで一夜を明かし、富士山の壮大なる様を見ながら、朝は挽きたてのコーヒーを飲む主人公。

=====おわり=====

淡々と、面白かった。
メッセージ性があるわけでもない、人の人生をのぞき見しているような。
孤独のグルメとかと同じで、ただひたすらに美味しそうなものを画面を通じて食べている感覚。
空腹時に見ると、とんでもない暴食をしそうだから、満腹時に見ることとする。

三浦貴大さんは「Mrダイヤモンド シライシ」として私の中で君臨してますが、結構好きなお顔です。
ちょっとふてくされているような表情が好きで、今回も火打石に苦戦するときの「イラッ」とした顔がよかった。

まったくアウトドアではない私ですが、一人は好きだから、憧れはある「キャンプ」
でも虫過ごそうだし、なにより免許がない。初期投資が大変そうという三重苦でなかなか一歩踏み出せない~

次回の主演は夏帆ちゃん。
結構アグレッシブなキャンプをするみたい。第2話も楽しみだ。

ここまで読んでいただきありがとうござました(^^♪
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.