FC2ブログ

Ep7【イヤよイヤよ隙のうち】&Ep8【毒をもって毒婦を制す】

いまさらながらの振り返り視聴。
時間短縮でサクサクみることができています。ありがたや~

サイレントヴォイスの7~8話のざっくりあらすじと、感想をまとめています。
〇●Ep7●〇
交通事故にあった少女を調べると、数年前に行方不明になっていた女子学生だと判明する。
その事件から、少女監禁の罪で木谷という美術教師を逮捕する。
監禁の証拠はあるものの、「愛情があり、親から虐待されていた少女を保護していただけだ」と証言する。
楯岡は取り調べを薦めながら、事件の裏側にある真実を炙り出して行く。

木谷は生みの親から虐待されており、駆け込んだ病院の担当医に保護された過去があった。
その担当医の女は、自分のこどもが喘息で亡くなったことを機に、木谷を誘拐し、自分の子供をして育て始めていたのだ。
ゆがんだ愛ながら、虐待から救ってくれた育ての親に感謝していた木谷。
自分がその担当医に救われたように、自分も虐待におびえる少女を救ってあげるつもりで誘拐監禁していたのだった。

≪感想≫
今回の犯人は眞島秀和さんでした~。怪しい感じがとっても素敵~主任~(OL)
私は変態なので、こういう創作物での監禁とか歪んだ愛が大好きなんですよ~。
愛とか恋、そして美貌なども、儚いものだと古代から言われてきたからか、そういうのを持続させることってとても難しいことなのではないかと思うのです。
固執するってなかなかない。飽き性な性分なので、三日坊主だし、移り気だし、いろんなことに興味があるから、
知識も浅くて広いんですけど、ほんとはエキスパートとかに憧れます。
ユーティリティープレーヤーだとよく言われて、嬉しくないわけはないのですがね。

歪んでいても、弛まぬ愛情や熱情をもっていられるエネルギーってすごいなと思うのです。
まあ、そんな愛情を一心に注がれても困るんですが。こちらはお返しできないので。

〇●Ep8●〇
火災で焼死体が発見され、検視の結果、殺人であると判明。
被害者の妻の晴美は一億円の保険金を受け取るが、以前の結婚でも夫の不審死で保険金を受け取っていた。
涙を流して死を悲しむ晴美は悲劇の妻か、魔性の毒婦か。
西野が楯岡の挑発に乗って取り調べを担当するが、楯岡と意見は真っ向から対立。

晴美の弟に事情聴取した楯岡は火災現場に行ったことを見抜くが、誰も殺していないという言葉に嘘がないことに気づく。
楯岡は晴美の言動から、彼女は結婚相手にマインドコントロールに近い誘導を行っていたのではないかと推理する。

身の上話で相手を丸め込み、生命保険に入るように口車に乗せ、自分の弟に金を貸すように唆す。
利用するだけ利用して、使えなくなったら殺すという保険金殺人を晴美たちは繰り返していたが、
今回の事件だけは違った。被害者の自殺だったのだ。しかし自殺では保険金は支払われない。
そのため、殺すために現場に向かった弟は、自殺していた姉の夫の遺体を殺人事件に見せかけるように偽装していた。

晴美は遺体を偽装するように指示していたが、一向に認めようとしない。
そんな晴美に対し、「このままでは弟さんだけが逮捕されてしまう。しかも殺人容疑で」と西野は泣き落としに近い取り調べをして、
頑なに証言を拒否していた彼女の口を割らせたのだった。

≪感想≫
今回はMEGUMIさんが犯人役でした。
保険金殺人か~よくある手口でしたね。

今回のポイントは「迷惑を掛けられると、なぜかそれを好意的に捉えてしまう」という心理でした。
最初シーンで解説がなければよくわからなかったのですが、「自我関与」というらしい。
馬鹿な子ほど可愛い、という心理だそう。
理不尽に迷惑を掛けられると、嫌だし、腹が立つが「自分は相手のことが好きだから、そのためにエネルギーを使ったのだ」と自分のエネルギー消耗を納得させようとする考えのことを言うようです。

「いいよ、いいよ、迷惑になっちゃうから。私が我慢すればいいだけだし」ということによって、
相手に見栄を張らせて自分の願望を通そうとする人間の心理についても今回は描かれていました。
たしかにそれはよく利用するかも……?
自分の願望を全面に押し出すのって、日本人はあまり美徳としないじゃないですか。
だからあえて、「いいえ、今回は遠慮しておきます」とか言うと、意見が通りやすいですよね。特に上司に対しては……


Ep7&Ep8もあっという間に終了~
眞島さんに終始ニヤニヤしてた~何あのゆったりしたトップス。可愛すぎるんだけど~v
男性はやっぱり大人でちょっぴりミステリアスなダンディーが素敵だわ。長身小顔、そしておでこは隠れる前髪必須。
おっラブ、観よう……主任に会いたい……♡

というわけで次でラストだ。寂しいな~続編とか、スペシャルでもあったら嬉しいのに~!
ここまで読んでいただきありがとうございました(^^♪



関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.