FC2ブログ

死役所Ep2【母】

第一話が面白かったので、第二話も視聴しました。
今回はリアル?シ村さんの野間口さんと、酒井若菜さんがゲストです。

ざっくりあらすじと、感想をまとめています。
死役所の職員が死刑囚であるということに気づいた三樹。
そんな職員たちに嫌悪感を募らせていくが、死役所のベンチでおくるみに包まれて泣いている赤ちゃんを発見する。

三樹があやすが、一向に泣き止まない赤ちゃん。
シ村は赤ちゃんを死産課へと連れて行く。そこでは職員のシン宮が自分で申請書を掛けない赤ん坊の代わりに書類を書いていた。
死に至った経緯を調べると、その赤ん坊は、母親の荻野泉水が8年間の不妊治療の末に授かった待望の赤ちゃんであることを知る。

荻野夫婦は子どもが欲しく、不妊治療を続けていた。
望んでもなかなか授からない命。自分の身体が悪いのだと責める泉水。そんな泉水を夫の貴宏は優しく支えていた。
時は経っていき、周囲からの心ない言葉に傷つきながらも前向きに治療を続け、
8年の歳月が経ち、ようやく命を授かった。

泉水は大切に育て、貴宏とともに「自分のことをなんと呼ばせようか」と考えていた。
そんな時、スーパーで買い物をしていた泉水を激痛が襲う。そしてそのまま生死の境をさまよい、死産してしまった。

その頃、死役所では赤ん坊が泣き続け、困り果てる。
三樹はその様子から、なんとか母親に一目でも会わせることはできないのかとシ村に訊くが、「条例では生き返らせることはできない、自分たちにできることは何もない」という。
途方に暮れる三樹は、赤ん坊が泣き止まないのは「きっと母親が危険な状態で、必死で母親が死なないように抵抗しているのではないか」と言い出す。
だから、赤ん坊のためにも、母親のためにも祈ろうと言う三樹に、職員たちは賛同し祈り始める。
何もできない代わりに、祈るくらいならできるから、と手を合わせる三樹たち。
しかしシ村だけはそんなことはしなかった。

祈りが通じたのか赤ん坊は泣き止み、なんとか泉水は生死の境から脱する。
しかしせっかく授かった子どもを失ってしまった喪失感が押し寄せ茫然自失状態。
そんな泉水の元へ、定期健診で仲良くなった女児がやってくる。赤ん坊が生まれてくる前に居なくなってしまったのだと説明する泉水に、
少女は「まだ近くに居るよ。お母さんに、ありがとう、って言ってる。お母さんのところに来てよかったって言っているよ」と泉水に伝える。
その言葉に心が救われる泉水と貴宏だった。

赤ん坊の成仏届を書き上げたシン宮とイシ間、そしてシ村は成仏の扉へと向かい、赤ん坊を成仏させる。
全てが終わったあとで三樹は、赤ん坊とその母親のために祈らなかったシ村を責める。
しかし、シ村はそんなことをしなくても母親は助かっていたと思うし、意味がないことだと三樹に言い放つ。
シ村に対しての嫌悪から「人殺し」と罵る三樹。いつも笑顔を絶やさないシ村が、一瞬で真顔に戻り三樹を睨みつけたのだった。

≪感想≫
二話もおもしろかった!
最後メリバになったらどうしようとか一人ではらはらしてたけど、杞憂に終わってよかった。

胸にパイプ刺さって死んでる人がうろうろしていたのはツボだった。突然に非現実が押し寄せてくるのが面白い。

死刑囚の職員さんたちの過去がまだ明らかにならないんですね。そこがミソなのでしょうか。
三樹に「人殺し」と言われたときのシ村の顔えげつなく怖かった。
若干三樹がやかましい感じがしますが、あの明るい雰囲気がないとドラマが成立しないんだろうな、と思って我慢。
野間口さんの優しい雰囲気が、殺伐とした不妊治療に苦しむ奥さんを包んでいてホッとしました。
野間口さんはシ村さんにピッタリと思うんですが、自然な温かい役も大変お似合いでした。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^♪
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.