FC2ブログ

SUPERNATURAL S5E9【リアルゴーストバスターズ】

シーズン5エピソード9【リアルゴーストバスターズ】のあらすじ&最後までのネタバレです。

今回は預言者チャックの登場です。
面白エピソードになるのかと思いきや、最後のちょっとした展開に感動しました。

===
預言者チャックに呼び出されてやってきたディーンとサム。
とんでもないことが起きているかと思いきや、そこは小説「SUPERNATURAL」のファンミーティング会場だった。

ファンたちの企画で幽霊退治をまねたゲームを始めた参加者たち。
しかしそこに本物の幽霊が登場して、犠牲者が出てしまう。
ファンミーティングの会場は、本当に過去に事件の合ったホテルだった。
そこは依然孤児院で、そこの院長が子ども四人を虐殺していたのだった。その中には自分の息子も含まれていた。

支配人からそれを聞いた二人はさっそく孤児院長の墓を探そうとするが、手掛かりがない。
するとディーンとサムのファンである参加者二人が、ディーンたちよりも先に墓の地図を手に入れていた。
ゲームをして楽しむ二人とともに、本気で狩りに臨むディーンとサム。

ディーンとサムの人生をうらやましがるファン二人に、ディーンは突っかかる。
そして、あんな人生のどこがいいのか、とすごい剣幕で怒鳴る。

そして院長の墓を掘り返し、遺骨を燃やす。
院長の霊は消えて問題解決だと思われたが、なぜか新たな犠牲者が出てしまう。

原因が分からないディーンたち。とりあえず参加者を避難させようとするが、ホテルに閉じ込められてしまう。
霊の正体は孤児院の子どもだった。
孤児院長は自分の息子をいじめて殺した悪ガキ三人を殺し、自殺していたのだ。

そのことに気づいたが、院長の霊を成仏させてしまったため悪ガキ三人の霊はやりたい放題に人を襲い出す。
ディーンとサムも閉じ込められ、子ども三人の遺体を燃やすこともできない。
熱烈なファンの力を借りて窮地を打開しようと考えた二人。
ビビりながらも、自分たちも狩りの手伝いをしたいと言ってくれた二人に墓場まで行って骨を燃やすように頼む。

参加者を講堂に閉じ込めて、ディーンとサムは三人の霊と立ち向かう。
しかしその威力はすさまじく、ねじ伏せられてしまう。
墓地へ向かった二人は、遺体を掘り起こし、骨を燃やす。
すんでのところで命拾いしたディーンとサム。

一緒に戦ってくれた二人をねぎらうディーン。
最後に名前を聞くと、二人の名前はバンズとデミアンといった。
二人はSUPERNATURALという小説が現実であることを知らない。
ディーンやサムが味わっている悲運をフィクションだと信じて疑っていない。
ディーンはそんな自分たちの人生を「ひどい人生で、羨ましくもなんともない」と二人に言っていた。

しかし、ダミアンとバーンズはそれを否定する。
「俺たちは普段ステレオ装置を売ったり、コピー機を修理してる人生さ。シケた人生だよ。でもサムとディーンは世界救ってる。それに命より大事な兄弟がいる。憧れるよ
その言葉がちょっと嬉しいディーン。
ディーン「……そうかもな。君たちもいいコンビだ。友人がいるってのはいいことだ」
しかし、その言葉を聞いて「自分たちは恋人だ」と否定する二人だった。

一方サムは、熱烈なファンのベッキーから本について聞く。
(ここはいろいろあったのですが要点だけ割愛)
コルトは悪魔の手に渡ったとベラは言っていたが、正確にはリリスの手にわたっておらず、
クラウリーという悪魔が持っているというのだ。チャックの小説にはそこまで描かれていた。
それを聞いたサムはディーンとともにさっそくコルトを探し始める。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本当はラストにもう少し続くんですが、ふわっとしか見てないんでここであらすじは終了。

ちょこちょこディンサム(私はサムディンですが)のRPS臭がしますね~
バンズとダミアンのラストのカミングアウトで、より匂ってきました

二人の背負っている運命の過酷さにばかり目が行ってたけれど、バンズとダミアンの言葉にぐっと来ました。
過酷な運命を背負っている彼らと比較したときに、何の変哲もない自分の人生がとてもちっぽけに思えてしまう。
どちらがいいのか、ないものねだりってことですね。
彼らにとってはディーンとサムの人生が、エンターテインメント。
つまらない日常に彩りを添えてくれる存在。
私にとってもそうだね。サンキュー!ウィンチェスター兄弟!

そして最後の最後、コルトの話。
そう言えば兄弟はチャックの小説をきちんとは読んでなかったんだね(全巻見ていたはずだけど……?)
コルトについての言及もされていたらしい。しかもクラウリーって悪魔が持っていると。
とんでもない重大な情報じゃないか!
なにやら光明が差してきた??

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.