FC2ブログ

ホワイトカラーS4E16【すべては箱の中に】

シーズン4エピソード16【すべては箱の中に】

いよいよシーズン4最終話です。
エレンの金庫の場所を見つけたニールたちでしたが、
ヒューズの代わりにやってきたアマンダがプラットの手先となってニールの動向をプラットに漏らしていた。
無事にジェームズ無実の証拠はつかめるのか?

ネタバレありのあらすじ&感想をまとめています。

===

ニールはジェームズと二人でエンパイアステートビルの見える川岸で水入らずの時間を過ごしていた。
金庫の場所は判明したが、プラットはまだ気づいていないからゆっくり作戦を練ろうと話す。

一方ピーターはアマンダからおかしな話を聞かされる。
エンパイアステートビルにある金庫をニールが探していること、そしてその中には「ジェームズに不利な証拠が入っている」ということ。
そうではなく「プラットに不利な証拠では?」とピーターが言うと、それならば令状を手配してFBIで調べようと提案するアマンダ。
急展開にピーターは訝しむ。

翌朝早くにヒューズから呼び出されたピーター。再会を喜ぶ。
ヒューズは早期退職を迫られたことに一矢報いたいと、長年勤めたコネを生かして、FBIやプラットの不正を暴こうと画策していた。
そしてアマンダとプラットの会話を盗聴していたのだ。

その内容を聞いたピーターは驚く。そんなピーターにヒューズは「FBIやプラットが金庫を手に入れる前に、ニール達をつかって自分たちで証拠を奪えばいい」と発破をかける。
躊躇うピーターに、「今は君が正義であり、君が法だ」とエールを送る。

ピーターはニールやジェームズ、そしてモジーに捜査状況を伝え、FBIより先に金庫を奪うようにと指示を出す。

ピーターはFBI捜査員を指示して時間稼ぎ、ニール達は作戦通り行動を始めるが、
なんと51階の空きテナントにプラットが入居してしまい、作戦は座礁。なんとかピーターの協力もあって、
別の作戦を立てられる見込みがあったが、なかなかうまくいかず、ピーターも困惑する。

ニールはピーターの家で最新の状況を聞き、ピーターの協力に感謝する。
ピーター「これは正義のためさ。ケイトのことも、金庫のことまで、何とかしてやりたいと思っているからな。それに今回は、お前の家族のことだから」
ニール「30年も離れていたんだ。家族とは言えないよ。そばに居るのが家族だから」

プラットのテナントに入るためにはカードキーが必要になる。
そのためモジーはカードキー用のコピースキャナーを用意し、ニールとジェームズはプラットに近づき、気づかれないようにスキャンを完了するが、
ジェームズは怒りに任せて議員のSPに暴行を働いてしまう。
すぐにFBI捜査員にそれが伝わり、ニールとジェームズは追われる身に。

今更作戦中止も出来ないと、ニールとジェームズ、モジー、そして協力者のサラはエンパイアステートビルに入っていく。
ピーターから状況を聞いたニールは、危険を冒してでも続けなければと作戦を続行。
しかしニールのGPSで居場所が分かってしまうため、ピーターはニールから足かせを外し、自分に着ける。

モジーとジェームズが金庫を取り出し、ニールとサラは展望デッキで待機する。
目的を達成するためには103階のVIPルームに行く必要があった。

VIPルームに行くためには、セレブか、もしくはエンパイアステートビルでプロポーズしなければならないと言う。
展望台で、ニールはサラに(作戦ながらも本気で)プロポーズする。
感動で涙するサラ。もうすぐイギリスへ栄転してしまう彼女とはこれで会うのが最後になると分かっていたニール。
自分は詐欺師だから、これくらいのプロポーズはお手の物だ、というが、その目にはうっすらと涙がたまっていた。

アマンダたち捜査員は着々と50階へと近づいていた。
ピーターはダイアナと協力して捜査をかく乱し、自らニールの協力者であることを明かして捜査を下りる。
金庫が見つかったとダイアナが報告、プラットも含めて一斉に人が50階に集まる。

無人になったプラットのテナントにモジーとジェームズが入り、無事に奪取。
モジーから金庫を受け取ったジェームズだったが、プラットの部下から脅されて捕まってしまう。

しかしモジーは金庫の中身をすり替えており、本物はニールの手に渡った。そして飛行船を使ってビルから情報を大空へ飛ばす。
作戦に協力してくれたサラに心から感謝するニール。
別れを惜しむようにキスをする二人。

その頃プラットは偽の証拠をつかまされていたジェームズとにらみ合っていた。
そして銃を向けるプラット。応戦するジェームズ。しかしジェームズは怒りに任せて発砲。プラットは即死。

ピーターは正当防衛を証言するから逮捕すると言うが、ジェームズは逃走してしまう。

ニールの部屋に届いた金庫の中身。
ジェームズも帰ってくる。
既に中身を見たニールは、ジェームズに声をかける。
ニール「中身を見たよ。あんたは、自分の予備の銃が殺人に使われたと言ったが、エレンの提出していた証拠には「勤務用の銃」」だと書いてあった」
ジェームズ「それは記憶違いで」
ニール「そんな間違うわけなだろう?自分の人生が変わった一日だぞ?細かいところまで覚えているに決まっている。あんたは悪に染まり、戻れない一線をこえたんだろう?これ以上調べて、何になる?」
ジェームズ「プラットの不正の証拠が出てくる」
ニール「なんで、ここに帰ってきたんだ」
ジェームズ「お前に別れを言うためだ」
そこへ電話がかかってくる。
相手はダイアナで、ピーターがプラット殺害の容疑で逮捕されてしまったという。

ニールはジェームズに出頭するようにと懇願するが、ジェームズは拒否する。
そして「この世の中にはバカを見るやつがいるんだ」と吐き捨てて去っていく。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

くそじじい、まじなんなん!!!!!
どんだけ勝手なんだよ!お前が〇んどけよ!!!今までなんだったんだよ!!
と怒りとイライラが隠せませんでした。はい。
すっごいもやもやするんだけどー( `ー´)ノ

ピーターとニールが本当の親子以上になって、ジェームズの入る隙間はないな~とか思っていたけど、
ガチで入らんくてよかったわ。愛情ってのは血縁じゃないんだなと思えます。

ところで結局エレンの証拠はプラットの不正じゃなく、ジェームズの不正の確証だったということになりましたが、
ほんとに今までなんだったんだ??プラットは死に損?まあ不正をしていたことに違いはないけど、
今までジェームズは本当に自分で殺してたのに、無実の罪で投獄されてた;;とか言ってたわけ?
サイコパス???(?_?)

そして逮捕されちゃったピーター。
ジェームズはピーターの銃でプラットを殺していたし、警告のために発砲していたピーターの手には硝煙反応が。
つまりジェームズが証言しない限りピーターの無実は証明できないのに、逃げやがったぞ!あの爺!
あれだけピーターの世話になっておきながら、ふざけんな!(# ゚Д゚)
このドラマでここまで胸糞になるとは思わなかったぜ、ふう(◞‸◟)

シーズン4も終わりました~。最後はあれだったけど、
サラとニールの関係がこれで終わってしまう事、愛してるのに、すきなのに一緒に居られないっていうね。
うううう( ;∀;)
もし別の世界があって出会えたらって言う二人、最初は折り合い悪かったけど、ひかれあって、素敵な二人だった!
別の世界では幸せになっていますように^^

ピーターとニールも、持ちつ持たれつ、それ以上にどんどん深く信頼の絆が結ばれていって、コンビであり親子だったなあ。
モジーやエリザベス、ダイアナやジョーンズという面々に支えられながら、そして巻き込み巻き込まれながら、
絆が深まっているのがすごく嬉しくなるね。
そしてヒューズさん。ちょい出演にも関わらず、ナイスアシスト&ナイスアドバイス。
背中を押してあげる優しさと、あとはなんとかしてやろう!という潔さ。ナイス上司!

それにしても、ラストはピーター逮捕のオチとは。これからどうなるんだ!

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.