FC2ブログ

ホワイトカラーS5E3【最後の張り込み】

シーズン5エピソード3【最後の張り込み】
書いていたあらすじが全部消えてショックを隠し切れない。

ネタバレありのあらすじ&感想をまとめています。

===

ニールとデイビッドは少しずつ打ち解けあう。

ヘイガンが釈放されたとピーターから言われ、自分はまだFBIの監視下にあることを気に病んでいないかとピーターから心配されるニール。
また捕まえればいい、とニールは返すが、自分が釈放へと導いたことになんとも言えない気分になる。

ヘイガンから呼び出されたニール。
再びあるものを盗んでほしいと頼まれて断るが、金貨を盗んだ時の映像を材料に脅されてしまう。

ターゲットはとある本の13章。
それを確かめに美術館へ行ったニールはそこで学芸員のレベッカと親しくなる。

モジーと協力して盗む手立てを考えたニールは、同じ美術館で強盗騒ぎを起こしてその隙に盗もうとする。
宿敵のゼブに犯行計画を吹聴したモジー、ゼブに美術品を盗ませる。

事前に美術館へ向かったニールはレベッカに話しかけて、IDをくすねる。

犯行の情報をデイビッドに流したニールは、彼と共に美術館の張り込みをする。
自分もゼブの犯行に乗じて盗みを働くため、デイビットと離れて行動するが、そこへピーターが合流する。
ピーターが居ては邪魔だと、張り込みに立ち会わないように追い払うニール。
ピーターは仕方なくその場を離れる。

そしてニールは本を盗み、ゼブも美術品を盗むが、ゼブを取り逃がしてしまう。
ピーターは自分が張り込みの邪魔をしたからだと自責の念を感じ、ニールの捜査を手伝う。

そしてゼブを逮捕。
ゼブが盗んだ美術品を返しに行くと、レベッカはIDを盗まれたことを咎められクビを宣告されていた。
「もっと本の研究をしたかった」と悔しさをにじませる彼女に、申し訳なさと感じるニール。

その後、ニールはヘイガンに13章を渡す前に、モジーと共にコピーを取る。
13章には何かしらの暗号が隠されているに違いないと考えた二人は、
そしてこれからも続くであろうヘイガンの脅しを断ち切るためにヘイガンよりも先に、お宝の謎を解こうと考える。

ヘイガンに13章を渡しているニールの姿を遠巻きに見ていたのはデイビッドだった。
ニールはそれに気づくこともない。
そのままFBIに出勤すると、事務所は騒然としていた。

デイビッドが、ゆかりのない道端で射殺されていたのだった……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

えーーーデイビッド死亡ですか。早い
ちょっといい奴かな~とか思っていたから残念!

それにしても誰が殺したんだ?ヘイガン?裏にとんでもない大きな黒幕がいるとか??

そしてピーターよ。
ニール張り込み追い払われてちょっとかわいそうでした。でもデイビッドが居なくなったということは、
悲しいながらもコンビ復活ということでしょうか。
これからの展が楽しみ。それにしてもヘイガンの顔がやかましい。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.