FC2ブログ

SUPERNATURAL S6E5【リビング・バード】

シーズン6エピソード5【リビングバード】のあらすじ&最後までのネタバレです。

サムの様子がおかしいことに違和感を覚えつつ、共に狩りを続けるディーン。
今回はその疑念がますます深まるようです。

===

バーでイチャイチャする男女。
その片割れの男はなんと吸血鬼だった。

ディーンとサムは吸血鬼の被害者を調べていくことにする。
一番直近で被害に遭ったクリステンの家に向かった二人は、彼女の部屋が吸血鬼のグッズで溢れていることに気づく。
彼女のSNSを見ると、バンパイアを装った男たちとメールをやり取りしていた。

サミュエルたちもバンパイアを調べていたが、女性たちが行方不明になっているにもかかわらず、
なぜか献血車が襲われるという奇妙な事件が発生していることを知る。
サムとディーンは、クリステンが吸血鬼趣味(と思われる)男と待ち合わせしていたバーで待ち伏せ。

ディーンは女性を連れて店を出た男を追跡し、詰問する。
しかしその男はただの吸血鬼趣味の男に過ぎなかった。
話を終えて路地裏を歩いていると、大柄な男に声を掛けられる。
ディーンが軽くあしらうと、男は怪力でディーンの身体を吹っ飛ばした。
そして自らの腕をナイフで切って、その血をディーンに飲ませる。その男こそ、吸血鬼だった。

その一部始終を見ていたサムは、薄ら笑いを浮かべていた。
そしてディーンが血を呑んだのを見てから、男を引き剥がしにナイフを手に取るが……。
ディーンを襲った男は逃げてしまう。

モーテルに戻ってきたディーンは吸血鬼の血の影響で神経過敏に。
怪物になってしまった自分をサミュエルに殺してもらうように、サムに頼む。
しかしサムはほかに方法があるから大丈夫だと言って、やけに落ち着いていた。

ディーンはサムの目を盗んでモーテルを抜け出し、リサに会いに行く。
彼女を前にして吸血したい気持ちが湧き出るが、彼女に「自分はもう死ぬ」と告げて、何とかモーテルに戻ってくる。

モーテルに戻ると、サミュエルが待っていた。
ディーンはサミュエルに自分を殺すように頼むが、サミュエルは解毒する方法があると言う。
三人は手分けしてさっそく材料調達を始める。
ディーンは、自分を吸血鬼にした男を探しに夜の街へ出ていく。

サミュエルはサムにある疑問をぶつける。
バンパイアの解毒方法はすでに数か月前に伝授していたはずなのに、
なぜかそれをディーンに伝えていないサムを怪しんだのだ。
そして「バンパイアのアルファ(起源)」を捕まえるために、わざとディーンを囮に使ったのではないかと疑う。
サムは、そんなわけないだろうと否定するが、サミュエルはどこか信じられないままだった。

ディーンは吸血鬼のアジトへと乗り込む。
吸血鬼の血を飲んだディーンは彼らにとって仲間であり、歓迎を受ける。
自分に血を飲ませた男を捜していると、ある事実に気が付く。
そこで暮らす吸血鬼たちは女性の血ではなく、輸血用の血を飲んで生活していたのだ。

アジトではたくさんの女性をあつめて、吸血鬼にしていた。
ディーンの役目は女性を誘惑してアジトに連れてくることだったが、もちろんディーンはそんなことはしない。
自分を吸血鬼にした男に死人の血を打ち込んで、解毒用に採取しようと試みるが目論見がばれて追われる身となってしまう。

サムとサミュエルも援護にかけつけるが、そこではすでに首を切り落としたディーンが待っていた。

吸血鬼の血を採取して、解毒用の薬を作ったサミュエル。
ディーンはそれを飲み、解毒に成功するが、その途中で自分が吸血鬼に襲われた時のことを思い返していた。
自分が血を飲まされているとき、サムは笑っていたことをディーンははっきりと思い出したのだ。

全てが終わり、街を後にする二人。
ディーンは自分に言い聞かすようにサムに言葉を投げる。
ディーン「なあ、俺はお前を信じていいんだよな?」
サム「当たり前だよ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

サムちゃん、ますますサイコパスってますね。
アルファを捕まえるためなら手段を択ばなくなっています。
そもそもアルファを捕まえることに固執しているのか、それとも純粋に狩りをやりたいのかわかりませんが、
とにかく残虐性が高まっているような気がしますね。悪魔の血を飲んでいるときよりも。

スパナチュだったか、ホワイトカラーだったか忘れたけども、特典映像で「バンパイアダイアリーズ?」が入ってて、
観てないんですけど(男女恋愛ものは苦手)、ああいうのは流行りましたよね。
バンパイアがイケメンってのがミソなんでしょうけど、バンパイアの孤独と独占欲とが恋愛要素にマッチするのでしょうかね。
ディーンにだったら吸血されても受け入れそうだわ(顔がいい)

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.