FC2ブログ

SUPERNATURAL S6E13【許されぬ過去】

毎日更新するぞ~!とか言っていた割に、投稿予約を忘れてた。
本日から、更新再開(^^)/

シーズン6エピソード13【許されぬ過去】のあらすじ&最後までのネタバレです。

シーズン6も中盤戦になりました。
サムの魂が死の騎士によって取り戻されたものの、ディーンは過保護全開に。
サムは元気そうですが……ディーンの知らない一年の間に何があったのか、少し明らかになるようです。


===

話は一年前にさかのぼる。
魂が抜け殻だった頃、サミュエルと二人である怪物を退治しにブリストルの街へとやってきていたサム。
そして怪物退治を済ませて逃げていると、警察に追いかけられてしまう。
街ではFBIだと名乗っていたサムとサミュエルを見て、警察官は話を聞こうとするが、
サムは狩りの後の高ぶった感情のまま彼を殴りつけて逃走する。

時は流れ、一年後。
サムに魂が戻ってから、二人で狩りを再開していたディーンとサム。
【マザー】についての情報は今のところなし。
そこへサムの携帯に座標が送られてくる。
場所を調べるとブリストルという街だった。そこで女性が三人も失踪していると掴んだ二人は調査に乗り出す。

街に到着して店で食事をとっていると、とある女性に話しかけられる。
彼女に「また魔物退治が始まったのか」と言われ、サムには全くの記憶がなかったが、
向こうはやけに親し気に話をするのでサムは調子を合わせるが……
以前この街に来たことがあるのでは、と記憶がとぎれとぎれにフラッシュバックしていく。
それを察したディーンは一人で調べ始める。

一方サムはディーンの目を盗み街へ出かけるが、そこで一年前に自分が暴行した警察官に遭遇。
拘置所に放り込まれてしまう。サムは全く記憶がないが、その間に自分が好き放題やらかしていたことに自責の念を感じる。
そこへ、保安官の女性ブレンナが現れる。
彼女の夫ロイは、一年前にサムとサミュエルが悪魔退治に協力してもらった人物でもあった。

彼女は自分の夫がサムによって殺されたのではないか、と疑っていた。
サムは彼女に自分の記憶が欠落していることを正直に話し、疑う彼女を説得して外に出してもらう。

失踪した女性に共通点がないかを調べ始めたディーン。
するとそのすべてにサムが関わっていた。
さらに捜査対象としての関わりだけでなく、肉体関係もあったようだとディーンは掴んでしまう。

サムはディーンの言いつけを破り、一人でブレンナの家にやってくる。
彼の夫の事件についてもう一度捜査するためだった。彼女の家に保管されていた書類を借りるサム。
証拠の中に綿毛のようなものを見つけ、サムの記憶が再び蘇り始める。

一年前、サムとサミュエルが探していたのは「アラクネ」という魔物だった。
三十前後の男性が次々と失踪する事件が発生していたブリストルで、二人はアラクネ退治をしていたのだった。

証拠品を手にディーンと落ち合ったサム。
そこでよみがえりつつある記憶を打ち明けるが、ディーンにはそれが心配で仕方がない。
死の騎士が作ってくれた壁を壊すような真似をするなと言って、街を出て行こうとするがサムは従わない。
サム「僕はこの街で過ちを犯したんだ。だから償いたい」
ディーン「わざわざ記憶をほじくり返して自殺行為するな!」
サム「でも、どうしてもやらなきゃいけないんだ。そのためには兄貴の協力が必要だ……」
ディーンはサムの頼みをしぶしぶ引き受ける。

一年前の事件も含めてもう一度洗い直し始め、サムは写真や証拠を見ながら、記憶が戻ってくる。
一年前、サムはブレンダの夫ロイを囮にしてアラクネを捕まえようとしていた。
そしてアラクネのアジトへ向かい、瀕死のロイたち被害者を置き去りにしてアラクネだけを退治し、逃げていたのだった。

忌々しい記憶がよみがえりサムは戦慄する。
そして今回の女性被害者の特徴からブレンナが怪しいのではないかと二人は考え、彼女の家に向かうが……。
そこでアラクネによって犯されたロイが現れて、二人をとらえる。そこにはブレンナもいた。

蜘蛛の巣のような綿毛で二人を拘束したロイは、一年前の真実を告げる。
サムがサミュエルと共にアラクネのアジトへ向かった時、すでにロイはアラクネによって犯され、仲間にされていたのだった。
囮にされたこと、そして最後に自分を見捨てて逃げたサムへの復讐心に燃え、一年後にサムをおびき出したのだと言う。
魂のない間の出来事とは言え、自責の念に唇をかむサム。

ディーンは落ちていたガラス片でアラクネの巣を破り突進するが、ロイに掴みかかるが敢え無くひねりつぶされる。
危険を感じたブレンナはナイフでサムの巣を切り、サムはそのナイフでロイの首を切り落とす。

ブレンナを家まで送ったサム。夫を二度失ってしまった彼女は何も言わず、心を閉ざしてしまう。
モーテルへと帰ってきたサムは、ブリストルの街に戻ってきたことを後悔していた。
ディーンは慰めるが、サムのしかめっ面は収まらない。
すると突然倒れ込んだサムは、もがき苦しみ始める。
ディーンが駆け寄るが、サムは脳裏で自分の身体が焼けつくされるような痛みを感じていたのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

やはり、ディーンの知らない空白の一年間でサムは大暴れしていたようです。
魂のない間、意思を持ち、心なく暴走してるってやばいですよね。犯罪者でいう心神喪失ってやつでしょ。
どんな凶悪犯でも、罪に問われないっていうクレイジー状態です。

失った一年間の記憶が全部戻ったら、サムは自責の念に押しつぶされてしまうのではないかと心配になります。
最後のシーンでは明らかに地獄の記憶が防波堤を超えて押し寄せてきているような描写がされていましたが、
サム、死んじゃうの??

で、別件ですが、記憶のない一年を取り戻すように、ゴシップやらニュースをチェックしていたサム。
冒頭のほんわかシーンで、「メルギブソンがやばい」ってちらっと話をしてました。
タイムリーに視聴していないから、メルギブソンなんかやったんやろか?と思って調べました。
Wikipediaにいろいろ書かれていたのでびっくり。
カトリック信者だとか、パッションでアレコレ問題になったとかは知っていましたが、結構ご乱心だったようで……
久しぶりにメルギブソンのことを思い出しました。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.