FC2ブログ

ホワイトカラーS5E9【過ちの正し方】

シーズン5エピソード9【過ちの正し方】

レベッカとええ感じの雰囲気になりつつあるニール。
でしたが、モスコーニコデックスの13章の謎を解いていることがヘイガンにバレてしまい、
ニールはヘイガンに脅迫されてしまう。

ネタバレありのあらすじ&感想をまとめています。

===

一夜を明かしたニールとレベッカ。ニールは自分の正体を明かし、モスコーニコデックスを頼まれて盗んだのだと白状する。
彼女はそれでも協力的だったが……

ヘイガンに脅され、モジーとニールはモスコーニコデックスに描かれた教会のステンドグラスを盗み出す計画を立てる。

一方ピーターとジョーンズは、以前ニールが(ヘイガンに頼まれて)引き起こしたウェールズ産金貨強奪事件で奪われた金貨のありかをつかむ。
ヘイガンの手に渡っていた金貨は、その後、質店に流されていたのだった。
ピーターはその金貨を手掛かりに、必ず犯人を捕まえると宣言するが、ニールは渋い表情のまま。

捜査会議が開かれ、ニールは金貨を買い取った故買屋を探すことにする。
しかし内心焦っていた。もし故買屋がピーターたちに先に見つかってしまえば、自分が盗んだことが明るみになってしまうからだ。

ニールが金貨を盗んだのはピーターを無罪にするためだった。
検事を買収するために盗んだ金貨を、ヘイガンに渡し。ヘイガンが検事に渡して買収していた。
検事は金貨を故買屋に打って現金を得たはずだと考え、ニールはピーターを訴追していた検事に会いに行く。
すると彼は、ヘイガンから紹介された故買屋の名前を聞く。

一方のピーターはモジーに情報を聞きに行く。
最初は答えようとしないモジーだったが、ピーターの軽い脅しに口を割ってしまう。

故買屋は花屋を営むデッカーという人物だった。
ピーターとニールはそれぞれでデッカーの元へ向かうが、鉢合わせしてしまう。
何とかピーターよりも先にデッカーと話がしたかったニールは彼を出し抜こうとするがうまくいかない。
しかしモジーの助けもあって、デッカーを逃がすことに成功する。

その夜、レベッカが部屋にやってきて、ステンドグラスを盗むのを手伝いたいと申し出る。
ニールとモジーは仕方なく彼女を仲間に加えて、翌日計画を実行に移すが、
ピーターはニールのGPS装置から尾行をして教会に駆けつける。
ぎりぎり盗んでいるさなかにピーターに見つかることはなかったが、完全に怪しまれてしまう。

部屋にステンドグラスを持ちかえったニール。
そこへピーターがやってきて、金貨の真相を問い詰める。ニールはついに真実を話し始める。
ピーターを無罪にするために検事を買収したと打ち明けると、ピーターはニールをためらいながらも手錠をはめようとする。
しかしニールは言う。
ニール「自分はいいけど、あんたの人生はどうなるんだ。エリザベスは」

ピーターは悩み、一旦ニールをそのまま残し、エリザベスに覚悟を話す。
この不正を見逃すわけにはいかない。自分に嘘はつけないのだとピーターは言う。
エリザベスはもう一度きちんと考えるべきだとアドバイスを送る。

デッカーを逮捕したピーターは、ニールに買収された検事に会い、辞職を迫る。

ニールとモジーはステンドグラスの中に特殊なガラスが含まれていることに気づき、
それがまた何かを解くカギになっているのだと気づく。
そこへレベッカも現れて、13章のページにかざしてみるが、何も浮かばない。
おそらく原本に翳さなければ見えないのだろうとレベッカが言うと、モジーがヘイガンの存在を口に出してしまう。

ニールはレベッカにヘイガンの存在については話していなかったため、レベッカが困惑。
とうとうすべてのことを白状してしまう。

翌日、ピーターはニールをオフィスへよび、検事と話をしたことを告げる。
汚職に加担した検事を退職に追い詰め、金貨のありかを聞き出したピーター。
金貨の事件と汚職検事の追放という2つの事件を解決したものの、自分は偽りの正義によって自由の身になったことに苦しむ。
そして自分を救ってくれたニールに対して、「犯罪者と警察官として付き合い方を改めるべきだ」と告げるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

なにやら急展開に~まーたピーターとニールが仲たがいです。
ニールのピーターへの気持ちは本物だけど、手段が手段だっただけに、喜べないし、憎めないなんて……
何もかもが悪い方向に行っちゃう。
そもそもニールのくそ親父ジェームズがどこへ消えたんだって話で、マジでムカついて来たわ。あいつ何なん

んでもってレベッカもよくわからん存在やし、ヘイガンはつぎあたりに出てくるんか、モスコーニコデックスも気になるしで、
もやもや全開です。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.