FC2ブログ

死役所Ep9【加護の会】

第9話になりました。
今回はシ村が追いかけている加護の会について描かれているようです。
===

イシ間の成仏手続きの前に、一人の男が現れる。
両指で輪っかを作る独特のポーズは、加護の会の信者の印。
シ役所をさまよう男に、シ村は声を掛ける。彼の名前は修斗。

彼を見た時、シ村の脳裏に、幸せそうに微笑む妻、幸子の顔が浮かんでいた。

ある日修斗は祖母に誘われ、加護の会の講演会に参加する。
加護の会の代表、蓮田は「あるがままのあなたを愛する」という言葉を口にする。
その言葉は、高学歴の弟、恭平にコンプレックスを持つ修斗の心に広がり、
自分を受け入れてくれる信者たちの優しさに触れることで、悩み続けていた修斗を癒していった。
そして次第に加護の会に傾倒していく。
修斗は家族や就職も捨て、とうとう加護の会に入信するが……

修斗を迎えに恭平がやってきて、家に連れて戻るが、修斗にとって本当の家族は居心地の悪いものになっていた。
家を飛び出した修斗を、恭平が自転車に乗って追いかける。
そして道路に飛び出した修斗は、車にはねられて死んでしまうのだった。

話を聞きながら、シ村は妻の幸子のことを思い出していた。
修斗に「シ村幸子という人物を知らないか」と声を荒げたシ村。
修斗は、そんな名前の人物が「特別な加護」を受けていると聞いたことがある、と答えるのだった。

≪感想≫
加護の会の謎がまだ解けないままですね。

柄本時生さんのなんとも悲しい演技が毎度、苦しくなります。
大体闇を抱えた役をやっている気がするんですけども、どれも空しくなる。
凄い役者さんですな。
そして弟の恭平役に濱田達臣?君だっけな。久しぶりに見ました。めっちゃ大きくなってるやん。

加護の会の代表は吹越さんだし、やたら豪華。
今のところ加護の会は「ええかんじの組織」みたいな印象ですが(子もに折檻してたけど)

次回が最終回なのかな?
どんなラストになるのか、楽しみです。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.