FC2ブログ

名探偵・明智小五郎【暗黒星】

ちょっと間をあけて、3つ目のエピソードが放映されたので、録画視聴。
懐かしい芸能人や、今ベテランの方の若かりし姿を観るのが楽しみの一つです。
===
とんでもなく雑なあらすじとネタバレ。

名探偵明智小五郎と妻が、帝都産業の伊志田の屋敷に招かれる。そこでホームムービーの観ていると、
突然、妻や娘たちの映像が静止し、顔に穴があき、表情が歪んでいく。
気味が悪いと戦慄する伊志田一家。

悪い予感が的中し、伊志田家に悲劇が起こり始める。
まず次女・直子が明智小五郎に電話で助けを求めた直後、自室で襲われ目のあたりを切られて倒れた。
幸い死に至らなかったが、犯人と思われる骸骨仮面の賊は駆けつけた明智に追われたものの、邸内で姿を消した。

折しも近くの広場では、奇術師・瀬下良一一座が天幕で興行をしていた。
奇術見物もほどほどに、伊志田家では、明智や浪越警部らの警戒している中で、浴室で君子夫人が、続いて自室で三女の鞠子が、同じように目を刺されて殺される。
残るは長女の綾子となるが……。

大きな屋敷にある塔の上で、綾子は外に向かってランプでモールス信号を送っていた。
それを見た明智は、綾子が犯人に合図を送っているのではないかと考える。
また伊志田の屋敷には縦横無尽に隠し通路が作られていることも判明。
直子も顔がぐちゃぐちゃにつぶされた状態で遺体が見つかり、伊志田家の悲劇が止まらない。

明智は屋敷の歴史に迫っていくが、そこである真実にたどり着く。

長女の綾子が姿を消し、 明智はついに屋敷の秘密について主人の伊志田に問いただす。
その屋敷は以前、伊志田が仕えていた富豪が建てた屋敷だったが、
その富豪はある日突然没落。そのあと伊志田が屋敷を買い取ったのだった。

しかしついには伊志田自身も姿を消し、主のいなくなった伊志田の書斎に「瀬下良一一座のショーを観にこい」という紙が残されていた。
明智と浪越警部たちがさっそく向かうと、そこでは瀬下が口上を述べていた。

「ある実業家の男が、自分の部下にはめられて、全財産を失った。そして自分の妻までも犯され、殺された。
だから私はその男を許さない、その殺人ショーをお見せしよう」
その言葉は紛れもない事実であり、瀬下は伊志田に復讐を誓っていた。
舞台に上げられた伊志田は、瀬下のサーカス団の団員花子によって殺されそうになるが、明智が止めに入る。

そして今回の事件の種明かしを始める。

サーカス団員の花子は、実は伊志田の二女の直子が変装した姿だった。
直子は実は瀬下とその妻の間に生まれた子供であり、瀬下は、伊志田に復讐するために同時期に生まれた伊志田の二女と自らの娘を、病院で入れ替えたというのだ。
そして瀬下は伊志田の娘を花子としてサーカスでこき使い、直子は伊志田の子として育てられていく。
従順な娘を演じながら、直子は虎視眈々と伊志田に復讐する日を待っていたのだった。

サーカス団員をしていた伊志田の娘・花子は直子として顔をぐちゃぐちゃして殺され、
行方不明となっていた綾子の遺体も見つかる。
二十数年にわたって、伊志田への恨みを果たすためだけに生きてきた瀬下親子。

明智たちによって復讐の道が断たれたことに絶望し、瀬下は自ら命を絶つ。
一人残った直子は、伊志田に向かって「恨みこそあれど、育ててくれたことに感謝している」と言いながら抱擁を求める。
しかしそれは演技だった。燭台を手にとった直子は、伊志田の目にそれを突き刺し、ついに復讐を完結させる。
そして自らもナイフを腹に突き刺して絶命するのだった。

≪感想≫
みんな死んじゃったわ。脅威の死亡率。ここまで死ぬのはなかなかないぞ。当事者全員死亡したんじゃない?
あらすじで描ききれない謎解きもあるんですけども、まあいっか。
いや、だめだな。

・綾子が送っていたモールス信号は、貫通相手の男への愛のメッセージだった。
・花子が直子として殺され、直子が花子として入れ替わっている、と明智が気づいたのは彼女が歌っていた「魔笛」のフレーズだった。
(楽譜の一部が違っていたから、気づいた)
FFFC↓GGGC↓の音か、FFFC↓GGGGの音かの違いというのが具体的な場所。
花子は前者、直子は後者。直子は母親から間違ったフレーズで教わっていたため、それをサーカスでも歌ってしまい、
明智はその変化に気づいて、直子であると見抜いたのだった。


稲森いずみさん若いわ~そしてもう今じゃテレビで見ない人も多数いて、「誰?」となりながら観ていた。
筒井真理子さんも変わらずお美しいですね。
そして、瀬下の妻役でまたまた山下容莉枝さんがご登場
!メインどころで出演されているイメージがない(今はね)のですが、このころはばんばん出ていらっしゃるのね。
しかも結構色恋関係の話で、まあ。

いろんな人が演じていらっしゃるようですが明智小五郎はやっぱりこの「陣内明智小五郎」が一番思い出深いですね。
もう1話あるはずですが、放送あるかな?
どうせなら、コンプリートしたいものです。江戸川乱歩は活字で読んだことがないのでチャレンジしたいのですが、
いかんせん、DVDばかり見ていて時間がないなあ……

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.