FC2ブログ

ひとりキャンプで食って寝るEp10【ラブユー!もう一人のひとり】

10話目に突入です。
今回は七子の回です。タイトルではさっぱりどんな内容かわかりませんが、とりあえず視聴開始。
===

キャプ道具を持ってきた冬子と順平のカップル。
一人キャンプを楽しみたい冬子とは違い、何事も人の意見と求めてしまう順平。
一人では何も行動できない彼に、うっとうしさと不満を感じていた冬子。
しかし彼女が不満に思っているのはそれだけではなかった。

その頃、七子は海岸で釣りを楽しみ、自分で釣ったメジナを調理していた。
そこへテントを被ったまま移動する順平を見かける。
しれっと無視をしつつ自分の時間を愉しむ七子だったが、夜になって冬子が七子の元へやってくる。

一緒に酒でも飲むかと誘うと冬子は喜び、順平に対する不平不満を口にする。
結婚をしたい冬子と、煮え切らない順平。そんな状況を察した七子は、冬子を自分のテントに招く。
そして一晩を共に過ごしたのだった。

翌朝、順平は冬子を探すが見つからない。
その頃冬子は朝の釣りを楽しむ七子のそばにいた。
七子はキスを釣り上げて、「キスにキス」というくだらないダジャレを言いそうになって二人てけたけたと笑う。
そしてキスを使ったパスタにしよう、朝食を作りはじめる。

冬子が自分のテントに戻ると、そこでは力尽きて冬子のテントでの転がる順平の姿が。
いとおしげに順平を起こした冬子は、七子のもとへ向かい三人で朝食を食べる。
キスを釣り上げた写真を順平に見せると、「キスにキスしてる」と二人があえて言わなかったダジャレを平然と言った順平に対し、
二人は冷めた視線を送るのだった。

≪感想≫
最後のあたりがよくわからなかったんですが、順平はダジャレを言ったらまずかったのか?
結局、順平と冬子のカップルは仲良しこよしになったってこと?

七子の言っていた「結局、あの人(で決まり)でしょ」の言葉の意味。
今の自分の私生活にグサッときた。
夢の何もねえ一言でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました……次回は最終回のようです。
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.