FC2ブログ

SUPERNATURAL S7E6【指名手配犯ディーン&サム】

シーズン7エピソード6【指名手配犯ディーン&サム】のあらすじ&最後までのネタバレです。

ディーンはサムにエイミーのことを告げられぬまま、兄弟仲はギクシャクしていく。
一方でダンのおかげでリバイアサンの手下を生け捕りに成功した二人は、ボビーの家に向かうが……

===

リバイアサンの仲間たちはディーンとサムのDNAから情報を読み取って、姿形を変えて二人に成りすまし、
強盗や窃盗、殺人などを繰り返していた。そのおかげで二人は指名手配犯となってしまう。

ボビーは自宅でリバイアサンの手下を拷問するも、何も口を割らないどころか、何をしても効果がないことに焦っていた。
ディーンとサムは自分たちが指名手配されていることを知り、ボビーの古い知人フランクを頼って、IDの作り直しをしてもらうことに。

そこで新しいIDを手に入れた二人は、さらに彼から、自分たちの偽物たちがどこで事件を起こしているかを教えてもらう。
時系列でみていくと、過去に自分たちが狩りをしてきた街を順番に回っていることにサムが気づくのだった。
しかもご丁寧に、二人の愛車のインパラと同車種の車を用意する周到さ。

一方ボビーの元へ、女性保安官のジョディ・ミルズが訪ねてくる。
ボビーの家が全焼し、行方知れずになった彼をわざわざ探してきたのだ。
そして彼女は身の回りの世話を手伝いたいと言って、家に上がり込む。

ディーンとサムは、警察の目を欺くためにインパラをいったん捨て、ぼろ車に乗り換え手下たちを捜しに行く。
過去に自分たちが狩りをした街にやってきた二人だったが、そこで待機していた警察に捕まってしまう。
そしてそのまま留置場へ連れていかれてしまうってのだった。

ボビーは手下を聴取していたが、有効な特効薬は見つからないまま途方に暮れていた。
その時、上階の床から液体が滴り落ちてくる。
それがリバイアサンの手下に掛かると皮膚が溶け始め、リバイアサンは痛みでわめき始める。

ようやく効力のある武器を見つけたボビーは上階で掃除するジョディに駆け寄り、キスをする。
彼女は床を掃除するために、洗剤の入った水で雑巾がけをしていたのだった。

警察に捕まったディーンたち。
サムは聴取のために別室に呼ばれ、残されたディーンは、看守を説得してボビーと連絡を取る。
ボビーはディーンに「リバイアサンには洗剤に含まれるホウ砂が有効だ」と伝えるが……
気味の悪い話をしている二人に対し看守はおびえる。
彼は仲間の警察官の元へ向かうが、そこには警察官に化けていたリバイアサンの姿があった。
訳が分からなくなった看守は、本物のディーンの訴えを受け入れて檻から出す。

その頃サムは、ディーンの格好に化けた手下から衝撃的な事実を聞かされる。
それはディーンがエイミーを殺していたという内容だった。ショックを隠せないサムの表情を見て喜ぶ手下。
そしてサムを食べようと手を伸ばすが、そこへディーンが洗剤を持って現れる。
看守の協力もあり、何とかその場を切り抜けることができた二人だったが、サムはディーンに嫌悪の表情を向ける。

看守は二人が死亡したことにして、報告を上げてくれた。

その頃、ウィンチェスター兄弟を殺せなかったことを手下がある人物に報告する。
その人物とは資産家のディック。リバイアサンは彼の体を乗っ取っていた。
ディックはおかしな事件を起こすと計画が遂行できなくなりかねないからと、はしばらくの間、行動を起こすのを避けるように命じるのだった。

そんなディックの前にクラウリーが現れ、一緒に手を組まないかと持ち掛ける。
クラウリーは悪魔とリバイアサンが手を組めばいいことばかりであると提案するが、ディックはお前のようなゴミとは手を組まないと突き放す。
クラウリーは怒りを呑み込み、その場から消える……

サムはディーンにエイミーのことで怒りをぶつける。
これ以上一緒には居られないと、荷物を持ってディーンの前から姿を消すサムに、ディーンはごめん、と一言、声を掛けるほかなかった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

まず、リバイアサンがクレイジー。頭がいいわ。
二人に化けるために、モーテルの浴室の髪の毛からDNAを採取したとのこと。
しかも化けると、記憶まで引き継げるというから驚きの驚きです!とんでもない怪物だぞ~~~

そしてディーンとサムに成りすまして悪行三昧。おびき出すためにそこまでするか!こわ!
超絶ピンチだった二人ですが、それでも救ってくれる人がいるんですね。
この看守の人はエピソードの最後に、リバイアサンによって殺されちゃうのですが……

んでもって、エイミーのこと聞いちゃったサムよ。
そりゃあ隠していて、嘘を吐いたディーンが憎く思える気持ちもわかりますが……
ほんと、この兄弟、いつも喧嘩してるなあ、また険悪ターンが回ってきたよ。
次回、またソロ活動になるのか~はあ_(:3 」∠)_

そういえば特典映像で、主演の二人が音声解説していました。
終始おしゃべりして仲良しそうなジャレッドとジェンセン。
主人公であるディーンとサムだけでなく、リバイアサンが成りすましているディーンとサムを演じるのも難しかったと言っていましたね。
たしかに、リバイアサンが成りすましているディーンとサムは、いつものディーンとサムとは違って見えたし。
役者さんはすごいですね。

音声解説の一部(かわいかった場面)をメモ書き。
サムを救出するため、ディーンがリバイアサンの首を切り落とそうと斧を右に振ったのは、サムに血を浴びせないためだそう。
いつもとは違う方向だったようです。
ちなみに幼少期の野球では右打ち左打ちどっちもできたそうです。
最後に喧嘩別れするシーンで「喧嘩はつらいよ~!!」というサムのこぼしちゃってるサムも可愛かった。

結構深刻な話でオーディオコメンタリーを録音するんだなとちょっと驚きました。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.