FC2ブログ

連続殺人鬼カエル男Ep2【潰ス】

間が空いてしまいましたが第2話です。ネタバレ含んでいます!

録画容量がパンパンで困ってしまいます。
早く年末年始に録った海外ドラマを消化しなきゃ、と思いつつも、短いドラマを優先してしまう私。

さらに悲しきことが。
ぼやッとしているうちに、第3話の録画を失念してしまい、このブログもスルーしなきゃいけなくなってしまいました。
こかの動画サイトで探せばいいんでしょうけど、そこまでのやる気はない、そんなモチベーションです。


===

捜査に進展のないまま、第二の殺人事件が起きてしまう。
今度は廃車工場の車のトランクから潰れた死体が見つかったのだ。

犯行の手口は前回と同じで、稚拙な文字で書かれた紙も発見される。

ネットの報道番組で精神科医の御前崎が「これからも犯行は繰り返されるだろう」と発言したことから、
一気に世間の関心が広がっていく。
その映像を見た古手川は、御前崎の無責任な発言に憤りを覚えるが、先輩刑事の渡瀬は「無責任ではない」と制止する。

御前崎は刑務所で矯正官をしていた人物で、犯罪者の心理にも詳しいのだと言う。
三年前のある事件をきっかけに表舞台から姿を消したのだが……

その事件とは、松戸で母子が殺された事件。犯人の少年は心神喪失ということで無罪放免となったものだった。
その被害者が御前崎教授の娘だったのだ。
古手川は当時を思いだし、怒りに震える。

渡瀬と古手川は御前崎を尋ねた。そこで古手川は犯人像について訊ねるが、逆に質問しかえされてしまう。
「精神異常と通常状態は、さまざまな価値観の中で何をもって言い切れるのか難しい」と述べるのだった。
自分の娘を殺された被害者でありながら、冷静に精神異常者を分析する御前崎の姿を見て、古手川は御前崎に敬意を抱く。

署へ帰ってくると、事件を報道したマスコミが犯人を「カエル男」と呼んだことから、問い合わせの電話などがかかってきて大忙しに。
さらに世間から注目を集める連続殺人鬼として人々に恐怖を与えていく。

そんな中、古手川は過去に残忍な事件を起こした危険前歴者の一人・当真勝雄を調べるため、
彼のカウンセラーをしている音楽療法士の有働さゆりの元を訪れる。
すると彼女の家にちょうど勝雄が来ているとのことで、さゆりは自宅へと招く。

地下の治療室で、ピアノの傍らにしゃがみこむ勝雄。古手川は彼へと恐る恐る視線を向けるのだった。

≪感想≫
渡瀬が「なぜ出世にこだわるのか」と古手川に尋ねるシーン。
組織に居る以上、出世しないと正義が貫けないからと答える古手川ちゃん。あるあるネタですね。
それを言うと、渡瀬さんから「お前の正義ってなんだ?」と聞き返されて、言葉に詰まっちゃうのもあるある~

掌の傷を見詰めて「俺の正義……」って呟くシーンがあったので、古手川クンの過去に何かしらヘビーなのがあるんだろう。

何より、心神喪失で無罪放免になる犯人への怒りで、手がプルプル震えてるシーンがありましたが、
よく頑張ってます~~~かっこいい~~~
熱い感じとか、苛立った感じとか、いじけたり、いろんな表情が見られて嬉しい( *´艸`)

さゆり役の野波麻帆さんがとっても可愛い。可憐……怪しい感じも最高です。
ダークサイドの人なんだろうなと感じさせるものをまとっています。好き♡

んでもって勝雄役のまえだまえだのお兄ちゃん。一瞬の登場ながら、激やばの存在感です。

相変わらず全体的に映像が暗いので、重ったるいですが、リタイアせずに見られそうです。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^♪


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.