FC2ブログ

大江戸スチームパンクEp5【カモン!セクシー遊女ちゃん】

第伍話のあらすじ&最後までのネタバレです。

今回はシマヴァラン、新メンバーだそうです。

===

源内の診療所には、目を真っ赤に血走らせた不眠症の男たちがひしめいていた。
それを不審に思う源内たち。

一方、弥助が見回りをしていると染物屋の甚吉が妻に追いまわしているところに遭遇。
事情を訊くと、甚吉が浮気をしていると妻は主張するのだった。
甚吉曰く、夜中に外を散歩していると、吉原の紫太夫が現れて「ラブ」を教えてもらったらしい。
「ラブ」とは苦いもので、何やら水煙草のようなものを吸わされてから、ギンギンになって眠れないのだと言う。

その頃、佑太は蒸気力甲冑のことが瓦版で話題になり、浮世絵のモデルにもなるほどに。
しかし病弱な祖母に心配をかけたくないがために、まだ本人には言えないまま。

すると佑太のもとへ紫太夫が現れて、蒸気力甲冑を見せてほしいと唆す。
佑太にも「ラブ」を注入しようとした紫太夫だったが、そこへ佑太の祖母が現れて計画は中断。

佑太の元へ、お照がやってきて、シマヴァランからの矢文が届いたと伝える。
源内の医院へと向かった佑太が、紫太夫に会って、蒸気力甲冑を見せるように言われたと報告すると、
紫太夫は偽物で、シマヴァランの変装だろうと源内たちは見破る。

佑太は紫太夫から「深夜0時に甲冑を見せに、神社へ来てほしい」と頼まれていたので、
軽量化された甲冑をまとい、後方支援の弥助とともに神社へと向かう。
姿を現した偽物紫太夫を捕まえる弥助。すると化けの皮を剥がした太夫は、なんと沙羅だった。
沙羅の顔を見て「そっちの顔の方が美人じゃねえか」と褒める弥助に、沙羅は本気で照れる。

なんだかんだでいい雰囲気になった二人に、置いてけぼりの佑太。
沙羅は逃げ去り、江戸の平和は保たれるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ほんと、何でもいいドラマです。
もっと細々としたことはあるんですよ、ラストとか、中盤とか。
ネタはいろいろ散りばめられてるんですが

このドラマで一番面白いのはシマヴァランの総大将、天草四郎を演じてる袴田さんっす。
今回の名言は「ラブ イズ ビター」
愛は苦いらしいっす。苦いのか、苦くしたのかわかりませんがね。アパのアレでね。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.