FC2ブログ

SUPERNATURAL S7E15【呼び出された悪魔】

シーズン7エピソード15【呼び出された悪魔】のあらすじ&最後までのネタバレです。

今回の話は、「あ、そういうパターンも確かにあるよな」と見終わった後にこぼしたエピソードです。
===

話は四年前にさかのぼり、ディーンとサムはハブロックという女性とともに悪魔狩りをしていた。
リリスの居場所を探すためだった。
ジェフリーという男に取り憑いていた悪魔を退治するために、ディーンとサムは悪魔祓いを始める。
ジェフリーは心優しい青年で、正義感があった。
悪魔を祓うためならば、自分の身体は犠牲になってもいいと二人に告げる。

悪魔祓いを済ませ、ディーンは瀕死の状態のジェフリーを病院へと送り届けて別れるが……

あれから四年。ディックのことはいまだに進展がないまま。
サムはルシファーの幻想が見え続けて戦っていたが、ディーンには言っていなかった。

ディーンとサムは、外見の似た女性が次々と襲われている事件を追いかけていた。
その犯行の特徴から、四年前の悪魔が再び動き始めたのではないかと二人は考え、さっそく現場へと急行する。
そこには硫黄が残されており、やはり悪魔の仕業であると確信する。

四年ぶりにハブロックに会いに行き、今回の事件について聞いてみる。
すると彼女はジェフリーに会いに行ったか?と言われる。

ジェフリーは精神病院に通院していた。
彼に会いに行った二人は、ジェフリーに取りついていた悪魔が四年ぶりにこの世に戻ってきたのではないかと告げる。
するとジェフリーは驚きながらも、「次はマジョリーという女性だ。僕に悪魔が取り憑いていた時に悪魔が何度も名前を暗唱していたから覚えている」と言う。
サムはジェフリーが次の被害者だと名前を挙げたマジョリーの行動を監視するため、彼女の勤める図書館へとやってくる。
ルシファーはそんなサムを執拗に追い回し、幻覚を見せて追いつめていく。

一方ディーンはジェフリーに四年前からの出来事を時系列で聞いていた。
彼は正義溢れる行動で悪魔を祓ったものの、真実は誰にも言えないままだった。
しかしある日、勇気をもって悪魔のことを周囲に告げると、気がふれている人間と思われて入院させられてしまった。

何か憶えていることはないかと問いかけるディーンに、「四年前にアジトに隠れていた記憶がある」とジェフリーは言い、
ディーンはジェフリーの記憶をたどりながら、くそのアジトへと向かう。
するとそこで、男が椅子に拘束されていた。急いで駆け寄るディーン。
しかしそんなディーンにジェフリーは背後から鎮静剤を注射する……

図書館でマジョリーを監視していたサムだったが、特に動きは無し。
検死報告書を見ていたサムに向かってルシファーはあることを告げる。
ルシファー「なあ、今回の検死報告書には大事なことが書かれている」
サム「……」
ルシファー「被害者には大量の鎮静剤が注射されているんだ。通常、一度地獄に堕ちた悪魔は、再び人を殺すために現世に戻ってきたりしないもんだ」
その言葉から、今回の犯人は悪魔ではないと理解したサムは急いでディーンに連絡を取るが、繋がらない。

焦ったサムはジェフリーの家に向かう。
そしてそこには悪魔を呼び出すための道具と呪文がそろっていた。
その呪文に見覚えがあったサムは、ハブロックの元へ向かい、ジェフリーのことを尋ねる。
すると彼女は「子どもを人質に取られて仕方がなかった」と言い、ジェフリーに脅されて、サムとディーンをジェフリーに引き合わせたのだと白状する。

ジェフリーは四年前、自分の意思で悪魔を呼び出していた。
ディーンたちが追い払ってしまったが、ジェフリーは再び悪魔を召喚するために、ハブロックを脅迫。
召喚の儀式に必要な道具である「悪魔祓いをした者の血」を採取するためにディーンを監禁しているはずだとハブロックは伝える。
サムとハブロックは急いでディーンの居場所を探すために儀式を始めるのだった。

その頃ジェフリーはディーンの血を使い、儀式を行っていた。
儀式によって悪魔は降臨するが、ジェフリーにではなく、ハブロックの息子に取り憑いてしまう。
ジェフリーはそれに不服を唱えるが、悪魔はそんなジェフリーを張り倒し、ディーンを殺そうとする。

そこへサムが駆け付けて悪魔を殺そうとする。
魔法陣の中に悪魔をはめたサムとハブロック、そしてディーンは、悪魔祓いの呪文を唱え、悪魔は再び地獄へと戻っていくのだった。
ジェフリーはディーンによって射殺され、ようやく事件は解決。

モーテルに戻ってきた二人。
ディーンは一睡もできなかったことから即ベッドに沈み込み、眠りについてしまう。
一人残されたサムは、ルシファーの幻想に悩まされるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

冒頭でも書きましたが、「悪魔を召喚するタイプ」の人間もいると言う視点を度外視していました。
「自分の願望を叶えるため」に悪魔と契約する人間は多くいましたが、召喚して自分の中に取り込みたいというタイプは、
シーズン7まで観てきて、いたかな?とふと思ったんですね。(居たのかもしれませんが……)

悪魔の大いなるパワーで増強した自分は無敵だ~~と思っていたのでしょう。
ジェフリーも悪そうなやつではなかったんですが。残念ですな

それにしても、ルシファーおじさんはサムに構ってほしくて超絶ウザ絡みをしています。
でも今回に関しては、ディーンを助ける(?意図はなかったと思いますが)ヒントを与えてくれました。
そうして少しずつサムの心の隙間に入り込んで、脳みそを食い散らかすつもりなんでしょうけど、
ディーンも余裕がないし、サムは苦しみをあんまり訴えないし、なんだか悪い傾向にありますね。
このままではルシファーの思うつぼ。再び兄弟は険悪になり、サムは一人で抱え込んでぶっ壊れそうな予感です。

リバイアサンのことも遅々として進まず、悶々とします。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング

各話配信中です↓↓
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.