FC2ブログ

ホワイトカラーS2E2【闇への潜入】

シーズン2エピソード2【闇への潜入】
ネタバレありのあらすじ&感想をまとめています。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
天才詐欺師兼FBIコンサルタントのニール、
優秀なFBI捜査官ピーターのコンビが
知能犯たちを華麗に追い詰めていく!
脇の面々もきらりと光る、痛快サスペンス!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

冒頭は、ファウラーから盗み取った情報の中で唯一解析できた、「ある場所での取引」をピーターとダイアナが張り込むシーンから。

ピーターとダイアナは、ファウラーが約束していた場所へと向かい様子を窺う。しかし約束を20分過ぎてもまだ目立った動きはなかった。
ダイアナ「帰りますか?」
ピーター「いや、君に銃を向けてまでファウラーはこの約束を隠したかったんだ。もう少し様子を見よう」
そこへ顔を本で隠した男が現れる。FBIだと名乗り、声を掛けるピーター。すると走って逃げ出す男。ダイアナと共に追いかけますがカメラに顔が映らぬように隠しながら、逃げ切ってしまう。

翌日、ニールがピーターのオフィスを訪ねる。げっそりした表情のピーターを気遣うニール。
ピーター「エリザベスがいないとぐっすり眠れないんだ」
ニール「じゃあ、奥さんの会社が今以上に成長したら、主婦にでもなれば?そうすれば楽になるかも」
ピーター「連ドラ観ながら家事をしろってか?」
そんなことを言いながら、ピーターはオフィスでテレビを観ていました。
ニール「この人だれ?」
ピーター「汚職疑惑のある政治家だよ」
ニール「・・・上院のゲイリー・ジェニングスだろう?俺もこの人に投票したよ」
ピーター「議員の秘書が今来てる。選挙資金の出どころに疑いを持っているらしい」
ニール「・・ショックだよ」
ピーター「以前にも調べていたんだが何も出てこなかった。今回の彼の証言で(汚職)事件の糸口を掴めるかもしれない。ニール、(彼の)選挙手伝うか?」
ニール「面白そう」
二人はジェニングスに近づくための作戦を練ることにします。

秘書のディランの証言を訊く二人。
ジェニングスが怪しい会合を繰り返すようになったことで不審を持ったと言う。そのころから献金の額が激増し、二冊の帳簿を使い始め、秘書には見せない極秘の帳簿が存在するらしい。
その帳簿を見られるのは選挙対策チームのわずかな人間だけ。おそらくその帳簿に闇献金の証拠が隠されているに違いないと踏んだ二人。
ニールはジェニングスの近臣に入り込むため、「ムチとアメ作戦」なるものを提案します。
ジェニングスは以前、不正融資疑惑で不起訴になっていた。ピーターがその件を蒸し返して捜査しているように見せかけてジェニングスの不安をあおる。そこへニールが近づき、アドバイザーとしてジェニングスに雇われる・・という作戦。

さっそくジェニングスの元を訪ねて、揺さぶりをかけたピーター。ジェニングスは思惑通りピーターの動きを警戒して対策チームを招集する。
それから暫くして、ジェニングスがピーターをクビにするよう、FBIに圧力をかけたが聞き入れられずに苛立っていることを知ったニールは、ピーターのデスクにおいてあった新聞を広げ、ジェニングスに取り入るために使えそうな記事はないかと探す。
ピーター「秘書のディランの情報によると、今ジェニングスはFBI対策のためのフィクサーを募集しているらしい。お前のことをディランが推薦したが、他にも候補がいるらしいから、お前の腕の見せ所だ」
ニール「ああ、そのためには俺の新しい偽名と経歴がいるね」
ピーター「そろそろ出来上がる頃だ」

別室で準備をしていたダイアナたち。ニールは「ベンジャミン・クーパー」としてジェニングスに近づくことになった。高校のアルバムまで用意されている周到っぷりに驚くニール。(なんとジョーンズはハーバード大学卒業らしい)

さっそく面接会場へと向かったニール。そこにはジェニングスと選挙対策チームのレジーが待っていた。
ありきたりな質問には一切答えず、突然何の脈絡もないことを言い出すニールに戸惑うジェニングス。
ニール「いいですか?疑惑を否定するのではなく、別の話題に転換するんですよ」
その発想を気に入ったジェニングスはニールを採用する。

採用の連絡があったニール。ピーターに報告すると彼もまた喜んだ。
ニール「ところで、奥さん居ないんだったら、今夜飲みに行く?」
ピーター「・・いや・・やめておくよ。別の事件捜査の協力があってね」
なんだか歯切れの悪いピーター。ニールは気にする素振りはありませんでしたが、ピーターは内心後ろめたさを感じる。

その夜、ピーターの家を訪ねてきたのはダイアナでした。ファウラーとの約束の場所に現れた男が写るカメラ画像を持ってきたのです。
しかしその姿は巧妙にカメラに映らぬように隠されていた。分かるのは右目のあたりだけ。
ダイアナ「今、顔認証システムが適応できるか調査中ですが、この件はニールに報告しなくていいんですか?」
ピーター「ああ、爆破犯と分かるまではぬか喜びさせたくない・・なんだかコソコソするのはいい気分じゃないな。悪いことをしているわけではないのに」
(ニールへの後ろめたさでちょっと元気のないピーター。前よりもその感情は強く出ているように見えるのは、ニールを友人だと自覚しているからでしょうかね)
ピーター「きっと(逃亡した)相手も俺たちの捜査のことは気づいているはずだ、気を付けないと」
そう言って窓のブラインドを下げるピーター。その様子を外から撮影している怪しい人物がいるがピーター気づかない・・・

翌日、ニールはベンジャミンとしてジェニングスの選挙事務所へと出勤する。そこにはまだディランしか居らず、さっそく室内を捜索することに。
もうすぐ議員が来ると反対するディランに援護を任せ、部屋へと侵入したニール。すると引出しから、ある店のマッチと、そこに手書きで書かれたメモを発見する。マッチにデザインされている柄を写真に撮ってピーターに送り、議員に見つかるすんでのところで部屋から脱出したニール。白々しく議員にライターを貸してくれと言いますが、ジェニングスは非喫煙者だと言う。そんな彼がマッチを持っていることを怪しむニール。さっそくピーターに電話します。

ニール「(送った写真は)見てくれた?」
ピーター「ああ、あのマークはいろんなところで使われているな。喫茶店、パン屋、エスコートサービス」
ニール「・・政治家と娼婦。お似合いだね。そう言えば、そのマッチの裏に『シナモン212』って単語が書かれていた」
ピーター「わかった。調べてみよう」

その日の夜、ニールはジェニングスのオフィスで会議に参加していた。他のスタッフを退席させたジェニングスとレジーが、ニールにある写真を見せる。それは、ピーターとダイアナが二人で家に居る写真だった。ピーターの写真を撮っていたのは、ジェニングスたちだったのです。
それを知ったニールはダイアナが高級娼婦であると嘘を吐き、ダイアナを抱き込んでピーターを脅そうという偽の作戦を吹き込む。

翌日ニールはFBIへ行き、ピーターにその写真を見せていた。
<ピーター「ダイアナを娼婦だと言ったのか?」
ニール「・・昨日は(俺の飲みの誘いを断って)別の事件の捜査協力をしていたんじゃないの?」
ピーター「・・あれは無くなった。ダイアナはただ家に立ち寄っただけだ。嘘はついていないぞ」
ニール「・・だといいけど。俺は嘘を吐いたことはないよ」
ピーター「うそつけ、お前は詐欺師だろ」
ニール「あんたには、嘘はつかない。誤解をさせたことはあるけど・・嘘はない
_20190414_224115.jpg
その言葉に、何も言えなくなるピーター。

ニール「ダイアナを娼婦だって言ったら、ジェニングスが食いついた。ダイアナをこちら側に引き込めばいいと言ったら、バローって男と引き合わせたいと言ってきている」
ピーター「じゃあそのバローという男がエスコートサービスに関わっているという事か。そしてそれがジェニングスの闇の資金源になっている」
ニール「ああ。だからダイアナにも偽名をあげて」

ニールが部屋に戻るとモジーが待っていた。
モジー「で、写真を見せたらピーターはなんて?」
ニール「誤解だってさ」
モジー「便利な言葉だね。でもまあ彼らがケイト殺しの犯人を追ってくれているとしたら、いいことじゃないか」
ニール「俺に内緒で、だよ」
モジー「ピーターたちはお前を危険に晒したくないんだよ」
ニール「そんな気遣いはいらない」
ニールはピーターから本当のことを話してもらえないことが腑に落ちない様子。

ラナという偽名を与えられたダイアナ。高級エスコートサービスへと潜入し、そこでバローという男と接触していた。このバローという男は恐喝や暴行で逮捕歴3回の悪党でした。
ピーターとの関係を探るため味方に引き込みたいバローは、高給をちらつかせてダイアナを勧誘します。乗り気を演じるダイアナ。バローは、ダイアナが信頼できる相手かを見極めるために実地試験を要求します。ダイアナはそれを快諾しますが・・
ダイアナ「実地試験があるなんて聞いていないわよ。どうすれば?このまま男と部屋へ?」
無線で訴えるダイアナ。彼女にそんなことはさせられない・・・と頭を抱えるピーターたちだったが、ニールがダイアナの元へ駆けつける。
しかしこの試験を通るには現金で1万ドルを稼がなけらばならない・・そんなお金はすぐに用意できないFBI。
それを知っていたニールはある提案をします。
ニール「俺たちの共通の友人に頼んでみたら?」
ピーター「・・そう言うと思ったよ」

ピーターは急いでニールの部屋を訪ねる。そこには共通の友人、モジーがいた。
モジーの協力でとある倉庫にやって来たピーター。訳の分からないものを次々と用意させられ、深く追及できないままお金が用意されるのを待つ。
一方そのころニールはダイアナとホテルの部屋でお金が用意できるのを待っていた。すると彼女はホテルの秘密を教えてくれるという。
ニール「ホテルの秘密ならぜんぶ知っているつもりだけど?」
ダイアナ「ホテルの絵って固定されているでしょ?」
ニール「ああ、でも取り外すのは簡単だよ」
ダイアナ「そうじゃなくて、下の方に傷がある絵は、ちょっと細工をすると、裏に別の絵が隠されているのよ」
そう言って絵を取り外すダイアナ。すると奥から宿泊客が描いたであろう別の絵が出てきて、驚くニール。
ニール「なんでそんなこと知っているの?」
ダイアナ「私、外交官の娘なの。だからずっとホテル暮らしだったわ」
ニール「外交官の娘?」
ダイアナ「そんなに驚くこと?」
ニール「だって、外交官の娘は銃を分解したりできないよ」
ダイアナ「ボディーガードに習ったのよ。名前はチャーリー。父親代わりだったわ・・でも私の身代わりになって死んだの」
ニール「君の目の前で?」
ダイアナ「そうよ・・」
ニール「・・昔、ケイトとこういう高級な部屋に泊まった。その時の部屋から見える景色が、忘れられないよ。今でも、俺が飛行機に乗っていたらって思う」
ダイアナ「・・自分を責めないで。チャーリーはきっと私に忘れてほしがっていると思うの。ニール、ケイトもきっとそうよ」
ダイアナの言葉に、思いを巡らせるニール。
暗い雰囲気になった部屋を変えようと、ダイアナは二人で別の絵の裏に自分たちで絵を描こうと提案する。
ピーターがかつて髭を生やしていたことまで話してしまうほど打ち解けあう二人。
そこへ訪問者が一人・・・バローかと警戒する二人でしたが、それはお金を届けに来たモジーでした。そして無事バローへと金を渡したダイアナは正式に雇われることに。

ニールは順調にジェニングスのフィクサーとしての信頼を獲得していく。事務所でジェニングスのインタビューのニュースが流れているのを支持者たちとみていると、レジーから呼び止められます。
レジー「FBIの捜査官を消さなけらばならない」
ニール「どうして?完璧に世論の目を逸らせている。誰も疑惑のことなんて気にしていませんよ」
レジー「いいや、ピーター・バークという男はしつこい。だからラナという娼婦からもっと情報を訊き出して、バークを消さなければ」
ニール「消すってどうやって?」
レジー「まずは、あの女に情報を吐かせるよ。バローを使って。何をしてでも

ちょうどそのころダイアナはピーターたちの後方援護のもと、ラナとしてバローに接触をしようとしているところでした。ピーターの携帯にダイアナの危険を知らせるメールを打ったニール。それを見たピーターはダイアナの身が危ない事に気づき、急いで彼女の元へ向かいますが・・・
部屋に突入したピーターたち。そこでは、すでにダイアナがバローを制圧したあとでした。
ダイアナ「心配でした?」
ピーター「・・いいや、この男の方が心配でな」
ダイアナ「これで逮捕できますね」

そのころジェニングスは選挙事務所で何やら雑誌の撮影中。その様子を見つめるニールの元へ、ピーターも駆け付けます。
ニール「証拠は固まった?」
ピーター「いや、バローが寝返って証言したよ。レジーはジョーンズが逮捕したし、裏帳簿も発見した。あとは本人だけだ」
こうしてジェニングスも逮捕され、事件は一件落着。

オフィスへ戻ると、ダイアナからニールは書類を渡される。内容が気になるピーターでしたが、そこには髭を蓄えたマリオ風のピーターが。
ニール「これはひどい」
ピーター「すべて燃やしたはずだ!」
楽しそうなニールを眺めるピーター。
ダイアナ「私を娼婦にした仕返しですよ」
その言葉に笑うピーター。
_20190414_224144.jpg
ダイアナはもう一つの書類をピーターに見せます。ファウラーとの待ち合わせ場所に来た男の写真を画像検索ソフトで解析したものの、該当者はなし・・という結果だった。
一体誰なのか・・首を捻るピーター。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回もスリリングな展開でしたね。あとダイアナかっこいいわ。。。行動力と度胸。知性もあって最高・・
そしてピーターの髭、完全にマリオでしたね。顔立ちからして似合わない感じもしましたが、まさか口元だけの髭だとは。せめてあごひげもあればよかったのか(そういう問題ではないのかも)
最後のシーンで、ピーターのヒゲ面写真を皆に見せに行くシーン。何気にマリオ走りしているニールが可愛い。

そんなニールを微笑ましく見ていながらも、裏で捜査していることへの後ろめたさが炙り出されるピーター。
「あんたには嘘をついたことはない」と言い切られた時のピーターの胸の内を察すると、あああああとなってしまう。本当はきちんと説明をしたいけれど、それ以上に特に収穫が無い自分&それを知らせることでニールを危険に晒したくない気持ちで葛藤しているピーター。
かくいうニールはピーターに内緒であれこれやっているんだけどね(それがちょっとね・・・こう、ニール可哀想!と一辺倒になれない自分がいる)。ピーターの純粋な葛藤を、ニールにも分かってほしいな・・・(/_;)(誰目線)

取引場所に現れた男は一体誰なのか、まだまだ明らかにはなっていないことが多いです。気になる~!
次はまた新キャラの登場のようなので、楽しみです。
ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.