FC2ブログ

SUPERNATURAL S8E4【青春の果て】

シーズン8エピソード4【青春の果て】のあらすじ&最後までのネタバレです。

ブログの更新日時ではシーズン8をちょこちょこアップしているのですが、実際にブログを書いている時間軸では久しぶりにスパナチュ視聴に戻ってきました(およそ3週間ぶり?くらい)
シーズン8の冒頭部分のおさらいを自分のために。

・煉獄生活一年ののち帰ってきたディーン
・サムはその間普通の生活をしていた
・キャスは煉獄のまま(ディーンは彼をおいてきてしまった?)
・ベニーという男の協力でディーンは煉獄を脱出
・ケビンは悪魔の元からも逃げ出し、行方不明

という感じでしばらくぶりにシーズン8に復活です。

===

とある家へと狩りにやってきたディーンとサム。
そこには二人分の遺体が残っており、兄弟は「手遅れだったか」とうなだれる。
ふと傍らのパソコンを見ると、付箋が貼られており、映像を再生するようにと書かれていた。
椅子に座った二人は、さっそくPCの映像を見始める。
そこには、三人の男女の日々が残されていた。

マイケルとブライアン、ケイトの三人は共同生活をしながら趣味のビデオ撮影をしていた。
マイケルとケイトは恋仲となり、ブライアンは居心地の悪さを感じつつも、三人での日々を謳歌していた。

そんなある日、近所の住人が殺される。
その現場検証に居合わせたマイケル達はさっそくビデオを回し始める。
その映像の中にはFBIに扮したディーンとサムの姿も。
地元警察は獣に襲われたと発表するが、FBIの登場で「敵はエイリアンかもしれない」と色めき立つ三人。

ある日、夜な夜な学校の周りを撮影していたマイケルとブライアンは、そこでクラスメートの男が女性をナンパしている場面に遭遇。
面白がって撮影していると、バレてしまい追いかけまわされる羽目に。
二手に分かれたマイケルとブライアンだったが、マイケルは草むらの中に逃げ込んだところで、獣に襲われる。

その後、ブライアンに助け出されたマイケルは腕に傷を負っていた。
家に戻ってきた二人だったが、手当をしようとするとすでに傷は治っていた。
不審に思いながらも安堵する三人。しかしマイケルの身体には変化が起きていた。
力がみなぎり、人外のパワーを得ていたのだ。

マイケルの身体に何が起きたのかを調べようと、ブライアン達は調べ始める。
そしてサムとディーンの捜査状況を盗み見した結果、マイケルは古代の神に選ばれたのだと判明。
マイケルはそれを喜ぶが、ブライアンは浮かない顔。
マイケルはハンサムで、ケイトという美人の彼女を侍らせていたが、ブライアンはそんな彼がうらやましかった。

自分も同じパワーを得たいとマイケルに言うが、危険だと言って聞き入れてもらえない。
マイケルは自分の中で起きた変化があらぬ方向に行っているのを感じていた。
食欲が抑えられず、ブライアンたちが寝静まった深夜、買い出しに出かけると、自警団を結成したクラスメートたちに遭遇。
クラスメートたちは、マイケルが獣なのではないかと言い立てる。
危険を感じたマイケルはその場から逃げ出すが、どこまでもクラスメートたちは追いかけてきた。
そして、ケイトにすべてを話していいのかと脅しをかけられ、マイケルはついにクラスメートの一人を殺してしまう。

血だらけで帰ってきたマイケルをブライアンとケイトは心配する。
警察に通報しようとするブライアンをケイトは制止し、正当防衛を主張。そして警察の捜査がどこまで及んでいるのかを調べようとする。
三人で協力し、警察やFBI(兄弟)の捜査の様子を盗撮。
今回の犯人は「オオカミ男」ではないかと言うディーンとサムの言葉を信じたブライアンは、ますますその力にあこがれを持つ。

ブライアンは、マイケルが最初に襲われた時の映像を見て、真犯人に気づく。
それは大学教授の男だった。マイケルが襲われた映像の中に、彼の身に着けていたバッジが映っていた。
そしてブライアンは単身、彼に会いに行き、秘密をばらされたくなければ、自分にも力を与えるようにと脅す。

オオカミ男の力を得たブライアンはマイケルとケイトにそれを報告。
そして本当の犯人は大学教授だから、マイケルは警察には捕まらないと言うが……
ブライアンの粗暴にマイケルたちは恐怖を覚える。そして喧嘩になりブライアンはマイケルを殺してしまう。
ブライアンはケイトに「この力を持つべきだ」と言って噛みつき、彼女もまたオオカミ男となってしまう。
彼女は、すべてを清算するために、ブライアンを殺し、姿を消す覚悟を決める。

映像の最後で、ケイトは「これは不可抗力で、私は人を殺さない。動物の心臓を食べてしのぐから、どうか見逃してほしい」とメッセージを残していた。

すべてを見終えたディーンとサムはこれからどうするかと話し合うが、
二人はケイトを見逃すことを決めるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

あらすじにかけなかったけれど、狼男だった大学教授は、すでにディーンとサムによって狩られています。

ケイトのことを追わなかったのはなんでなんだろう?もう面倒だったのか、それとも感傷的になったのか?
それがまたサムにとってみれば面白くないんでしょうが……エイミーは躊躇なく殺したのに、なんでケイトは見逃すんだ!って。

さて今回は、たまにある「面白回」に相当すると思うのですが、よくわかりませんでした。
面白いなと感じたのは、ディーン達をFBI捜査官ではないとケイトが見抜いたシーン。
「FBI捜査官はあんな風に「やべえ、やべえ」なんて言わないでしょ」
ディーンの口癖が粗暴で、FBIらしくないと思われちゃったんですかね。

最終的にはブライアンの暴走ってことになりましたけど、マイケルとケイトも、ブライアンの前でいちゃこらするのはやめろよ!と思ったw
いや、いくら仲良しだからって、共同生活?している3人の家で、うち二人が付き合ってるとか、めんどくさすぎじゃん。
空気読めよマイケルとケイト。ブライアン
というか全員に同情の余地がなく、「はぁ?」となって終了してしまった。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.