FC2ブログ

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿Ep18【沈没船の財宝】

エピソード18【沈没船の財宝】のあらすじ&最後までのネタバレです。

沈没船と言うと、モーガンの元の家系は海運業だとか。
今回もそれに関連する話なのでしょうかね?

===

トレジャーハンターでありサルベージ船業を営んでいたリックが何者かに殺された。
検死の結果、古いモリで胸を一突きされたことが死因。
彼の身体の状況から、死ぬ少し前に潜水をしていたのではないかとモーガンは睨む。

モーガンは、ジョーやマイクとともにリックが営んでいた会社の倉庫へとやってきて、直近の潜水で発掘した沈没船のお宝を探し出す。
するとその船は、モーガンは不死身になる前に乗っていた「エンプレス号」であることが分かる。

エイブの元へ帰ってきたモーガンは、エンプレス号での出来事を語り始める。
モーガンの父親が営んでいた奴隷船に船医として乗船したモーガンは、アフリカからの奴隷を解放しようと作戦を練っていた。
しかし、志半ばでモーガンは船長の不興を買い射殺され、船はそののち嵐のうちに沈没したものだと思われた。
それを聞いたエイブは、不審がる。
モーガンが沈没したと思い込んでいた船は、本来、アメリカ南部へと向かうはずだった。
しかしリックが船を発見したのはアメリカ北部NYの沖だった。モーガンの知らない物語が船にはあるのではないかとエイブは言う。

その夜、リックを偲ぶ会が催されると言うバーに向かったモーガンとジョー。
そこでジョージという元相棒やデイビーという潜水士に事情を訊くが何も知らないと言う。
自分たちが事情を訊く様子を不安そうに眺める男の存在に気づいたモーガンは、彼らを泳がせることに。

モーガンはバーテンの女性と時間をつぶす。
彼女の目が虹彩異色症であること、そして彼女もまた潜水したことによる減圧症の兆候が出ていることに気づき、詳しく事情を訊こうとするも、はぐらかされてしまうのだった。

容疑者としてデイビー、マーゴ、チャッピーの三人が浮かびそれぞれに事情を訊くが、モーガンは今回の殺人事件よりも、沈没船の方が気になって仕方がない。
チャッピーから沈没船の在り処が書かれた地図があると聞いたモーガンは、何とかそれを手に入れたいと考える。
エイブは、リックの倉庫に忍び込もうと言って協力することに。

夜な夜な倉庫へと潜り込んだ二人だが、そこで箱の中に白骨化した遺体を発見する。
倉庫へと何者かが現れ二人は身をひそめるが、その男を追っていたジョーたちに見つかってしまい、大目玉を食らってしまう。

倉庫に忍び込んだのはチャッピーだった。彼はリックの分け前を貰おうと倉庫からお宝をくすねるつもりだったのだ。
警察で事情を詳しく聞くと、今回の沈没船探しで、潜水士が一人亡くなったのだと言う。
その事故を責めたチャッピーは、リックの不興を買って、仲間から外され、実業家のスポンサーの後押しを得たリックは装備をそろえて黄金を手に入れた。

ジョーはリックの後援者アイザックに会いに行くことにする。
モーガンもついて行くと言い、アイザックが今回の沈没船引き揚げに関するスピーチを行うという探検家倶楽部へと向かう。
アイザックが金欲しさにリックを殺したのではないかと考えていた二人だったが、アイザックは引き揚げた財宝すべてを寄付するとスピーチしてしまう。
動機が消えてしまい二人は唖然。

そこへモーガン宛てに電話が入る。なんと相手はアダムだった。そしてアダムは目の前に現れる。
彼もまた探検家倶楽部へと来ていたのだ。
二人きりになった室内で、アダムはモーガンにあるものを見せる。それはモーガンの命を一番最初に奪った火打ち銃だった。
それこそ、自分の不死身の運命を作り上げたものではないかとアダムは言う。

翌日、アイザックにデートに誘われてジョーは困惑するが、マイクに背中を押されて会いに行くことに。
一方でモーガンはルーカスから届け物だと言って箱を手渡される。中には沈没船の銃が入っていた。
モーガンはその送り主がアダムであるとすぐに気づいた。
その銃が沈没船から引き揚げたものだとルーカスが知っていた。
なぜそれを知っているのかとモーガンが尋ねると、ルーカスはモーガンが愛読している探検家雑誌をたまに盗み読みしていると言い、沈没船の話を始める。
彼の話を聞きながらふと雑誌をめくると、事故で亡くなった潜水士の記事が載っており、彼もまた虹彩異色症であることに気づく。

バーのバーテンをしていたマーゴは虹彩異色症だった。遺伝する病気であることから、彼女が亡くなった潜水士の兄弟で、今回の殺人事件の裏には復讐があるのではないかと考える。
急いで警察署へ向かってジョアンナ警部とマイクにそのことを説明する。
マーゴの携帯のGPSを追跡。信号がアイザックの家で止まっていることを確認したモーガンとマイク。
マーゴは資金援助していたアイザックを殺そうとしているといるのだと確信し、アイザックの家に突入すると、そこではマーゴとジョーが格闘の真っ最中だった。
そして見事に、マーゴを制圧。

事件解決後、アイザックとジョーは再デートの約束をして別れる。
帰り際、モーガンはアイザックを引き留めて、なぜ沈没船の引き揚げに資金援助をしたのか聞く。
モーガン「沈没船エンプレス号にこだわったのはリックではなく、あなたでは?沈没した場所を知っていたんでしょう」
アイザック「ええ、そうです。古い手書きの地図があったんです。学者のエジルという祖先が奴隷船に乗っていた」
モーガン「何があったか聞いていますか?」
アイザック「言い伝えですが、乗組員の一人が銃で撃たれたらしく、彼は海に捨てられる前に手から鍵を落とした。その鍵を使って牢を抜け出した奴隷たちは蜂起し、船を乗っ取ったらしい。でも船は沈没しかけてた。なんとか北部の港へたどり着いて、助かったらしい。誰かが、鍵を落としてくれたおかげでね」
それを聞いたモーガンは、安堵する。
自分が殺したとばかり思っていた奴隷たちは生き延び、命をはぐくんできたことを喜ぶのだった。

帰宅した彼に、アダムから電話がかかってくる。
彼は自分が最初に殺された時のことを話し始める。

紀元前のローマで、アダムは「プギオ」というローマの短剣で殺されていた。
アダムはその短剣をなんとしても見つけたいと言う。もしそれが見つかれば、同じものを使って命を絶てば、死ぬのではないか。
そしてモーガンは沈没船から引き揚げられた火打ち銃で絶命するのではないかと言うが……

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いや~面白い!
沈没船タイトルにはいっていた時点でなんとなく展開は読めていたつもりだったけれど、それを上回る面白さ……!!

ここにきてアイザックというキャラが登場。ジョーに好意を寄せているようですが、ジョーもまんざらではなさそう?
彼がこれから残り少ないエピソードでどのように絡んでくるのか楽しみでもあります。

モーガンがずっと「果たせなかった」と思っていた約束は、守れていたんですね。
アイザックの先祖が、命をつないでいたこと、モーガンは知れて嬉しかっただろうなあ。

さて、沈没船に残っていた銃が、本当にモーガンの不死身のループを止めることができるんですかね。
アダムはそれを信じているようでしたけど、試したことがないって作中話していました。
自分を死に追いやった「プギオ」を手にしていた時期もあったけれど、怖くて試す勇気がなかったと。
ということは、プギオを手に入れたとして、誰かに殺してもらうつもりなんでしょうかね?
それって……モーガンってこと?

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング

↓各話配信中↓


↓シーズンDVD↓

関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.