FC2ブログ

刑事コロンボS1E1【構想の死角】

シーズン1エピソード1【構想の死角】のあらすじ&最後までのネタバレです。

単発版、パイロット版と終えて、ついに旧シリーズがスタートです。
スタートした瞬間、一台の車に俯瞰のスポットが当たって、そこから徐々に引きの映像になるのですが、
なんでこんなスタート何だろうと以前見た時も思ったんですよ。不思議な撮り方だなあと思って。そしてなぜが惹きつけられるんです。
まさかスピルバーグの監督作品だとは思いませんでした。片鱗が見えていたんですね。すごいな~

===

ジムとケン・フランクリンはコンビで推理小説を書いている有名作家だった。
しかし実際に執筆しているのはジム一人で、ケンはマスコミ対応がメイン。
もっとシリアスな小説を書きたいと言うジムとコンビ解消の危機に陥ったケンは、彼をサンディエゴの湖畔の別荘へと連れ出し、自らが考えたトリックでジムを殺す。

夫からの電話と銃声を聞いた妻が急いでジムのオフィスへと向かうが、そこに遺体は無く、荒らされた形跡だけ。
警察からのしつこい聴取にしびれを切らした夫人をコロンボは自宅へと送っていくのだった。

そこでジムとケンの関係を聞いたコロンボ。
ジムは社会派の作品を執筆するためにケンとのコンビ解消をして捜索活動を始めていた。

そこへケンがジム夫人を訪ねて車でやってくる。彼は別荘地から車でここまでトンボ帰りしてきたと言う。
コロンボに事件の状況をまくしたてて尋ねるケン。
しかし警察は一向に手掛かりをつかんでいないと聞いてしびれを切らし、コロンボをジムのオフィスへと連れて行く。

そして引き出しの中から、彼が新作のために集めていた書類を手に取り、そのうちの一枚を取り出した。
そこにはジムが調べていたマフィアの一団の名前が。
新作の創作の中で、ジムが知ってはいけないことを知ってしまい、それを恐れた一味の誰かに殺されたのではないかと推理を疲労するケン。
コロンボはそれに関心する。

その後、ジムの遺体をケンは自宅前に放置。あたかも第一発見者のようにすぐさまケンはコロンボに連絡。警察が駆け付ける。
コロンボから事情を聞かれたケンは用意してあった答えを並べるが、コロンボはそれを聞いて捜査の参考にすると言って帰宅する。

ケンは女性と観劇したあと、別荘の近くの雑貨店の女店主ラサンカがケンを呼び止める。
何事かと話を聞くと、ジムが殺される直前、ケンと一緒に別荘へとやってきたのを目撃したのだと彼女はケンを強請り始めた。
焦ったケンは彼女にお金を払うと約束する。

ケンから借りていたジムとケンの推理小説を返却にやってきたコロンボ。
彼に捜査状況を報告に来たが、ケンはそのまま別荘に向かうと言って出かけてしまう。

その夜、ケンは女店主ラサンカの家を訪ね、シャンパンで酔わせたあと、ボトルで殴打し殺す。
そしてその遺体を彼女のボートで湖へと漕ぎ出して、ボート事故に見せかけて遺棄するのだった。

翌日、コロンボがケンを訪ねてくる。
女店主の事件の捜査ではなく、ケンに会いに来たのだと言うコロンボ。
ついでに彼女の店へと立ち寄ると、そこでシャンパンのコルクと、ジムとケンの本を発見する。
その本には、ケンのサインが残っていた。

それを見たコロンボは、ケンが犯人であると確信を持って、ジム夫人を訪ねるが、彼を信頼する妻は信じない。

その後コロンボはジムのオフィスへと向かう。
そこでは引っ越しの真っ最中で、コロンボはその作業を止めて、ケンが現れるのを待っていた。
そして自前の推理を疲労したコロンボは、最初の犯行はジムが考えた緻密なトリック、ラサンカ殺しはケンが考えたものではないかと言う。
そしてジムの袖机の引き出しから、トリックを書いたメモ書きをケンに見せたが、「それは私が考えたものだ」と言って自首するのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コロンボの?①
ジムが襲われ、行方不明になっているというのに、なぜサンディエゴの別荘から飛行機ではなく車で帰ってきたんだ?

コロンボの?②
ジムの遺体が自宅前で見つかったというのに、コロンボに電話をかけながら、届いた郵便物を開封しているんだ?

コロンボの?③
別荘では昼間は釣りやスイミングなどアクティブに過ごせるが、夜は家で読書するくらいしか楽しみがないとケンは答える。
それに対し、「昨日電話したのに、出ませんでしたよね?」と引っかかるコロンボ。

ジムのメモ書きのトリックは本当にケンが考えたものなんでしょうかね??

コロンボは、会って一発でケンが犯人だと確信を持ったと言っていましたね。
ケンも自信満々すぎ~

というわけで面白かった……今回も小さな小さな糸口を弄繰り回されて、ケンが自滅していきました。
弱気は最大の敵、と言った野球選手が居ましたが、それは勝負事の世界だけのようで、
強気は綻びの始まり、ですね。

ラサンカに脅されたケンが、彼女を殺すに至ったのは完全に構想外の話だったようですが、本当に殺さなきゃならなかったんでしょうかね?
あのまま放置していてもよかったのでは?監視カメラの映像が残っている時代でもなかっただろうに。
と、思うと、やっぱりケンはケンで緊張の糸が張り詰めていたんだろうなと。コロンボに対しては強気だったけれど。

最初が良かった分(よかった?)、コロンボの言葉を借りれば「後の殺人のお粗末さ」が目立ちました。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング

↓コンプリートBlu-rayBOX↓


↓コンプリートDVD BOX↓

関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.