FC2ブログ

SUPERNATURAL S8E10【天使の記憶】

シーズン8エピソード10【天使の記憶】のあらすじ&最後までのネタバレです。

キャスは煉獄から脱出したあと、ナオミという謎の天使に操られて情緒不安定に。
ディーンとサムはベニー&アメリアのことで険悪。
そう言えばケヴィンってどうなったんだっけ?
え、クラウリーは何やってる?

が少し紐解けるエピソードです。

===

悪魔の石板のオークション会場へと偵察に来ていた天使サマンドリエルは、クラウリーに捕らえられていた。
そして手下によって拷問されていたが、天界の秘密を頑なに守っていた。
しかし拷問の一手で脳にくぎが指されたとき、とうとう天使語を唱え始める(サマンドリエルの意思とは関係なく)。

それは外界に影響を及ぼし、庭木が一気に燃え上がる事件が起きた。
キャスはナオミの指示で、その事件の調査と、そしてサマンドリエルの救出を命じられる。
さらにナオミはディーンやサムを利用するように指示を出すのだった。

キャスはディーンの目の前に現れ、サマンドリエルの救出を手伝うように依頼する。
ディーンは「サムは今いないから、二人でなんとかしよう」と言って手伝うことにする。
一方のサムは、アメリアにモーテルで会っていた。
彼女はサムへの愛情を忘れられずにいた。そして身体を合わせてしまう。
互いに思いを断ち切れない二人。サムとアメリアは、再び同じ場所で会う約束をし、気持ちを見つめなおそうとそれぞれの場所へ戻る。

一方、ディーンとキャスはサマンドリエルが捕われている場所を探し当てた。
しかし多数の悪魔を倒すには二人では不足だった。そこでケビンの力を借りることにする。
悪魔を一掃できる爆弾の作り方を教えてほしいと言うディーンに、ケビンは方法を教える。

材料の調達に向かったキャスは、サムも連れて戻ってくる。
ディーンとサムは互いに気まずい思いをするが、今は兄弟げんかをしている場合ではないとキャスに一喝されてしまう。
夜になり、サムとディーン、そしてキャスは、クラウリーのアジトへと侵入。
そして悪魔爆弾を使い、天使除けの呪文を消しながら核心部へと迫る。

そこではサマンドリエルが拷問に耐えかねて「天使の石板が存在する」ことを口に出してしまっていた。
キャスは兄弟の協力を得て彼を救出するが、時すでに遅し。
天使の石板があるという秘密を漏らしてしまったサマンドリエルの殺害をナオミは命令する。
キャスは抵抗するが、意識下の彼女の言葉にあらがうことが出来ず、ディーンとサムの目の前でサマンドリエルを殺してしまう。
兄弟はキャスの異常な行動に驚く。
「彼は悪魔側に寝返った。抵抗されたから殺した」
とナオミに言われた通りの言葉を返すが……

モーテルに戻ってきた二人は、部屋に天使除けの呪文を書いてから話し始める。
明らかに様子がおかしいキャスのことを心配していた。
そして、「互いに考えなければならないことがあるだろう」とディーンは言う。
この難局を乗り切るためには、兄弟がいがみ合っていてはいけないと二人とも分かっていた。
ディーンはベニーと縁を切ることを決め、サムもまたアメリアとの約束の場所へ行かないことを決めるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

サマンドリエルちゃん~~~( ;∀;)
可愛くて好きだったのに~~死んじゃった。ますますクラウリーが嫌いになりそう。
てか、クラウリーは天使語を理解できてるんじゃん。ってことは、石板も頑張れば読めるようになるんじゃないの?って思った。

アメリアとサムも、恋の炎が燃え上がるのかと思いましたが、やっぱり(?)サムは狩りに戻ってしまいました。
サムは最終的にディーンを選んでしまうんですよね。ディーンが生きている限り。(と私は思っている)

夫が死んだと思ってサムと恋に落ちたアメリア。
まさか夫が生きているとは思わず、生還してきても、サムに気持ちが傾いたままだったんだなあ。
(え、まじで??夫のことはもう愛せないの?って思ったのは、私の恋愛経験年齢がお子ちゃまだから??)
しかも、あらすじには書いてないけど、夫のドンさんとっても紳士でできた人だった。
「(サムを選ぶか、自分を選ぶか、いずれにしても)妻の気持ちを尊重したい」ってさああああああ。
もう!私、怒りなんだか嫉妬なんだかで、アメリアに「はあ???」ってなってしまった。
そりゃあ恋心なんて、理性や常識ではどうしようもないんだろうけど

そしてそして、キャスの洗脳もやばくなってきましたねえ。キャスも抗えなくなっちゃってる……
ナオミは「天界」を守ることに奔走しているようですが、なぜキャスを利用するのでしょうかね。
もう、自分でやれよ……

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.