FC2ブログ

SUPERNATURAL S1E21【駆け引き】

SPNシーズン1エピソード21【駆け引き】のあらすじ&最後までのネタバレです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
幼きころに、この世のものではない者に母親を殺された
ディーンとサムのウィンチェスター兄弟
父の失踪、恋人の死などを乗り越え、たまに喧嘩しつつも
悪魔狩りをする兄弟のロードムービー的ドラマ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

物語のスタートはミネソタ州ブルーアース。教会の牧師ジムが一人の女性の懺悔を聴いていた。
その女性は、あのメグだったのです。様子がおかしいことに気づいた牧師は奥の部屋へと逃げ込みますが、メグは執拗に追いかける。ジョンたちの居場所を探すためでした。
しかし一向に口を割らないジム。ついに首を切り裂いて彼を殺す。

一方コロラド州マニングにいた3人。ジョンが今まで調べてきた悪魔についてを聞かされるディーンとサム。
ジョン「今まで探し続けてきたが手がかりが全くなかった・・一年前までは。ついに見つけたんだ」
ディーン「だから行方不明に?」
ジョン「ああ、悪魔が活動を再開したんだ。乳児がちょうど生後半年の夜に、家が焼かれる」
サム「僕の時も?」
ジョン「ああ。目的も分からん・・いつもあと一歩のところで取り逃がす」
ディーン「じゃあどうやって捕まえるんだ?」
ジョン「兆候を見つけたんだ。その家が焼かれる何日も前に、牛が死んだり、雷雨があったり・・その兆候が、アイオワ州のサルベーションで起きてるんだ」

一路アイオワへと向かう3人だったが、ジョンが突然脇道に逸れて停車する。
ディーン「どうした?」
ジョン「ケレブから電話があった」
ディーン「彼は無事か?」
ジョン「ああ。だが、ジム・マーフィーが死んだ」
ジムはジョンの昔馴染みで、兄弟とも深いかかわりのあった牧師だった。
ジョン「のどを切られて、失血死だ」
心痛なジョンにディーンは声を掛ける。親友を喪った悲しみを悪魔への憎しみに変えて、ジョンは悪魔討伐を決意する。

生後六か月になる赤ん坊を手分けして探す3人。
サムが病院から出ると、頭に強い痛みを感じる。そして、断片的に見える赤ん坊とその母親の姿。汽車の汽笛の音が聴こえ、予知で見えた家を探すサム。すると予知で見たままの家が目の前にあった。
ちょうどそこへ帰ってくる母子に、サムは話しかける。その母親は、予知夢で見た女性だった。
この家に間違いないと確信を持ったサム。母親はモニカ、子どもはロージーというらしい。ちょうど今夜で生後半年を迎えると聞いたサムだったが、状況を上手く説明することもできず、そのまま分かれてしまう。

モーテルの部屋で合流した3人。サムは予知夢を見たことをジョンに告げる。
ジョンはサムにそんな能力が宿ったことを報告しなかったディーンを責めるが、その言い方にディーンは苛立つ。
ディーン「ローレンスで危ない目に遭ったときも電話した。それに、俺が死にかけた時にもサムが電話しただろう?でも親父は捕まらなかった。宝くじを当てるより親父を見つける方が難しいんだ」
その語気に、ジョンは謝る。
ジョン「その言い方は感心しないが、俺が悪かった。すまん」
問題は、今夜あの家族に悲劇が訪れようとしていること。何としても悪魔を退治しなければと意気込む3人。
そこへサムに着信が入る。

サム「だれだ?」
メグ「よく考えて、思い出して?」
サム「・・メグ。窓から落ちたのに、どうして」
メグ「そうよ、お陰様で心がぼろぼろ」
サム「心だけ?」
メグ「お父さんに電話を代わってちょうだい。子どもの出る幕じゃないの」
サムはジョンに電話を代わる。
メグ「こんにちは、お父さん。今日はリンカーンに来ているのよ。あなたの親友と一緒」
ジョン「ケレブか!?」
メグ「この人を殺されたくなければ、コルト銃を持ってきてちょうだい」
その要求を拒むジョン。すると受話器の向こうでケレブの断末魔が聴こえる。
メグ「わかった?あなたは今宣戦布告をしたの。従わなければ、あなたが愛した人やあなたを助けた人を一人残らず殺していくわ。わかったなら、銃を持ってきなさい」
リンカーンの倉庫に、深夜12時までに来るように伝えたメグは電話を切る。

サム「じゃあメグも悪魔なのか?」
ジョン「あるいは操られているか。しかしそれは重要ではない」
リンカーンに向かうというジョンを止めるサム。今日に悪魔退治に、コルトの銃が必要だからだ。
ジョン「本物は持って行かない。バンパイアと俺たち以外、本物のコルトを見たことがある奴はいない」
ディーン「じゃあ、似たような銃を渡すっていうのか?すぐにバレちまう」
ジョン「ああ。でも、時間稼ぎができればいいんだ」
サム「・・一人で行くんだね。俺たちに悪魔退治を押し付けて。それは、俺たちを守るため?」
ジョン「ああそうだ。もう誰一人犠牲にしたくないんだよ。分かってくれ。悪魔との闘いを終わりにして・・サムを大学に戻してやりたいし、ディーンにはまともな暮らしをさせてやりたいんだ
_20190428_194616.jpg

そしてジョンとの別れの時。ディーンは骨董店でコルトに似た銃を買い、ジョンに手渡す。
ディーン「親父、約束してくれ。やばくなったら、逃げるんだ。俺たちのために生き延びてくれ」
その言葉の重みを噛み締めるジョン。
_20190428_194706.jpg
ジョン「お前たちのそばには居てやれないが、俺が始めた戦いをお前たちで終わらせてくれ。その銃には残り4発だ。無駄撃ちするなよ」
再会を誓い、別れた3人。

サムとディーンは、モニカの家で悪魔が現れるのを待つ。
待ちながら、サムは日頃の感謝を伝える。
サム「ディーン。いつも色々と守ってくれてありがとう。誰も頼れない時でも、兄貴だけは・・当てにできた。もしもの時のために、それだけは伝えておきたくて」
縁起でもないことを言い出すサムをディーンは一喝する。
ディーン「万が一なんていうな。お前も、あの家の家族も誰一人殺さない!死ぬのは悪魔だけだ

その夜、約束の場所へとやって来たジョン。偽物の銃を手に、メグのところへと向かいます。
メグと対峙するジョン。すると奥からもう一人男が現れる。誰だと問いかけてもメグは答えない。コルトを渡すように迫るメグに、偽の銃を渡すジョン。
メグが受け取り、男にそれを手渡すと、なんと男はメグに向けて発砲する。しかしメグは死なない。
男「これは偽物だ!」
逃げ出すジョンを追いかける二人だったが、あらかじめ仕込んでおいた聖水をばらまき、追手を振り切るジョン。

その頃、モニカの家を監視していた二人も周囲の異変に気づく。ラジオにノイズが入り、風が吹きすさぶ。
家に突入すると、夫が二人の前に立ちはだかるが、ディーンは夫を気絶させ家の外に避難させる。サムは赤ん坊と母親の元へ。母親は今まさに天井に磔にされようとしていた。
部屋に足を踏み入れると、黄色い目をした影がサムの方を向く。一発の銃弾を放ったが、悪魔は煙のように消えてしまう。サムはモニカを、そしてディーンは赤ん坊を抱えて部屋を飛び出すと、家は瞬く間に炎に包まれてしまう。
命からがら脱出したディーンたち。燃え上がる家を見上げると、そこには先ほどの黒い影が。
サム「まだ中にいる!」
銃を手に家の中へ向かおうとするサムを、必死で止めるディーン。自分の命を犠牲にしようとするサムを、ディーンは許さなかった。

ジョンはメグ達から逃げ切ったつもりだったが、行く手を塞ぐように二人が現れる。そしてついに囚われの身となってしまう。
モーテルの部屋でジョンに電話を掛けるディーンだったが、繋がらず不安に駆られる。
サム「なんで僕を止めたんだ・・」
ディーン「悪魔をヤる前にお前が死んでるよ。いいか、悪魔と心中しようなんて思うな」
サム「なんでだよ!俺たちは全部をかなぐり捨ててあの悪魔を追いかけてきたのに
ディーン「俺は家族を失いたくないんだよ・・3人きりの家族なんだ
_20190428_194644.jpg
ディーンに復讐を阻まれた怒りと、ディーンの家族への想いどっちもで頭がいっぱいのサム。
_20190428_194727.jpg

ジョンに再び電話を掛けると・・その電話に出たのはメグだった。
ディーン「・・・親父は?」
メグ「彼には二度と、会えないわ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、悪魔にとうとう出会いました!でもコルトを放ったのに、なぜ効かなかったんでしょうか?当たり所が悪かったのかな?謎です。
そしてメグがめちゃくちゃ悪いですね~怖いです。そしてメグの仲間である男も一体何者なのか。偽物の銃を預かった瞬間にメグに発砲するのがクレイジーですね。たしかに本物がどうかを調べるには十分ですが・・

ジョンを追い詰めるために親友を殺していき、精神的に追い詰めていくメグたち悪魔・・それでもコルトを消して渡さない辺りに、ジョンの強い「復讐」の気持ちを感じます。
サムもまた同じですが、ディーンだけは違うんですよね。最終目的は復讐ではないんです。
元の生活に戻れないことは自分でもよく分かっているけれど、また三人で暮らしたいんです。そこが何より重要で、生き延びてほしいんですよね。
家族として当たり前の感情を持っている、そしてジョンとサム二人の最大の理解者でもあるというのに、そんなディーンをサムもジョンも・・度外視してしまう。
それが分かっていても、ディーンは引き留めるんですよね。自分のためじゃなくて、家族のために。(ディーンがかわいそう)

一応、特典映像のスパナチュ探偵事務所《ファイル10》の感想(まじで誰が興味あるんか)
成宮くんが事務所で書類を読んでいると、さっとんと河本氏が事務所へやってくる。
_20190428_194817.jpg
吸血鬼の事件、そして天井からの出火の事件、いずれも警察では対処しきれないからと河本氏が井上氏に捜査を依頼する。
河本氏から受け取った書類をコピーするように成宮君に頼むが、怪訝そうな視線を向ける成宮君。
言われた通りコピーをして井上氏にそれを渡しますが・・・井上氏はそれを見て「なんじゃこりゃー!」と叫ぶ!・・というところで終わる今回の特典映像。一体なにがあったんでしょうか。
・・いや、私が「なんじゃこりゃあ」です。はい。

さて、ジョンが悪魔たちに捕まってしまいました。残るコルトの弾は3発。
ジョンを救出することができるのでしょうか。次回、ついにシーズン1最終回楽しみです。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.