FC2ブログ

SUPERNATURAL S8E18【ハンター養成所】

シーズン8エピソード18【ハンター養成所】のあらすじ&最後までのネタバレです。

シーズン8に懐かしい&久しぶりになる過去登場メンバーが多く出演している気がするのは、私の気のせいなのでしょうか。
今回は、以前サムが退治したレノーラという女二人組の怪物の時に出会ったハンター親子の娘ちゃん。
たしか、大学に行きたいって言ってなかった?

===

ある町でバンパイアが殺されたというニュースを知り、現場に駆け付けたディーンとサム。
警察で近くの監視カメラの映像を確認すると、そこにはあのクリシーの姿があった。

彼女の後を追ってモーテルにやってきた二人は、そこで彼女の仲間二人と出会い、
クリシーから三人で狩りをしているのだと訊かされる。
父親は狩りを辞めなかったのかとディーンが尋ねると「辞めたが、殺された」というのだ。

詳しい事情を聞くと、今回の狩りは仲間の親を殺した怪物の復讐であると言う。
しかし子どもが狩りをするのは危ないとディーンたちは警告。すると彼女たちはある人物の保護下に居るのだという。
彼の名はビクター。彼はクリシーたちと共同生活をしながら、普通の生活とハンター生活の両立をサポートしているのだという。
成績優秀で、ハンターとしての能力も高い三人を見て、サムはうらやましくもあり、「これからはこうあるべきではないか」と考えるように。
しかしディーンは納得がいかない。
そもそも狩りの情報が正しいものなのか、サムにビクターたちを監視させる。
そして三人の狩りの現場に居た青いバンが気になったディーンは調べ始める。

ビクターはクリシーの父親を殺した怪物を発見したと言い、彼が大切にしていたネックレスを証拠品として提示した。
クリシーたちはさっそく狩りに出発するが、ディーンは青いバンに乗っていた人物を追って、山奥のロッジへとやってくる。
そこには軟禁状態の女性がいた。彼女に事情を聞くと、怪物に噛まれたのだという。
そこへクリシーたちが現れ、彼女を殺そうとする。ディーンはクリシーを制止し、何かがおかしいと訴える。
「彼女は怪物に噛まれたばかりだ。父親を殺せるはずがない」

その頃、サムはビクターの屋敷に監禁されていた。
ビクターは情報屋のバンパイアと組んで怪物を仕立て、クリシーたちに狩らせていた。これも彼女たちの将来のためだというが……
そこへディーンとクリシーたちが戻ってくる。
監禁されたサムを見て動揺する子供たち。
ビクターは三人をハンターに育て上げるために、バンパイアを使って彼らの家族を殺害し、復讐に駆り立てさせていた。
クリシーたちはビクターに対し失望を怒りを覚えるが、彼を殺しはしなかった。
ビクターは自責の念から自殺。吸血鬼に噛まれた被害者の女性を介抱する三人。
ディーンがこれからどうするのかと尋ねると、クリシーたちは三人で生きていくという。積極的に狩りはしないが、近くに怪物が現れた時は狩るだろうという言葉に、ディーンは頷くのだった。

サムとディーンは、三人の未来を守るためにも、地獄の扉を早く締めなければと決意する。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

悪い大人が居たもんだ。
理念自体はとても崇高なもんだとは思うんですがね。
そもそもハンターと言う職業が必要なのかという話になってくるんですよ。まあ誰かがしなければ、悲劇が生まれてしまうのかもしれないんですけれども。
サムは養成所で普通の生活をしながら狩りのやり方をするのはとてもいいことだと思ったようですね。
自分も同じように育てられたかったんだろうなあ。温かい食事と、好奇心を満たしてくれる学習の時間と、そして狩りと。
でもディーンからしてみれば、「狩りは身を危険にさらしてまでしなくていいもの」みたいな感じがありますよね。
特に女性、子どもはしない方が絶対にいいって思ってるから、養成所なんてとんでもない!と感じたんだろう。
のびのびと幸せに暮らしてほしいと。まあそれが、相手からしたら「私は望んだんだ」と反発されかねないんだけど。

ビクターの家族は怪物に殺されているみたいなので、養成所を作って疑似家族みたいな体験をしていたんでしょうかね。
ん??いや、仲間のバンパイアにクリシーたちの家族を殺させているから、「疑似家族」なんていう優しいもんじゃねえな。
てかクリシーパパはディーンたちに言われた通り、娘のために狩りを辞めてたのに……って思い返すと、マジでビクターは胸糞ジジイじゃん。彼女たちの夢がかなう日が来ますように~

さて、かなり終盤になってきましたが、まだ試練の二つ目に到達していません。
サムの体調は芳しくなさそうですが、三つ目の試練まで体がもつのか心配になってきました。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.