FC2ブログ

SUPERNATURAL S8E23【最後の試練】

シーズン8エピソード23【最後の試練】のあらすじ&最後までのネタバレです。

とうとう!とうとうシーズン8のラストです。
試練に関しての長い道のりももう終わり。最後の試練「悪魔の浄化」を果たすことはできるのか。

===

クラウリーは兄弟に圧力をかけるため、ボビーの知人で協力者だったミルズ捜査官に近づいていた。
そして兄弟に「試練から手を引け」と脅迫。ディーンはそれを呑むのだった。
ケビンに残りの半分を掘り起こさせ、割れた石板を修復。クラウリーとの取引場所へと向かう。

一方、キャスはメタトロンと共に天界の扉を閉めるための2つ目の試練をこなしていた。
それは、ある男の恋人を見つけること。
そこへ、キャスの行方を追っていたナオミの一団が現れて、メタトロンを天界へと連行していく。
キャスは一人残されて、試練を全うするために画策する。

クラウリーとの取引現場へやってきた兄弟は、彼を拘束し、「お前こそ3つ目の試練だ」と言って彼を浄化する準備を始める。
古びた教会に彼を閉じ込め、残すはサムの懺悔と儀式のみ。
「懺悔するなら、そうだな……ルビーと寝たこと。ルシファーを解き放ったこと、煉獄に堕ちた俺を探さなかったこと……」
と冗談めかしてディーンは言うのだった。そして、試練を抱えるサムの背中をおした。

教会の外でまつディーンの前にキャスが現れて、助けを求めた。
メタトロンが連れ去られ、天界の扉を閉めるために試練をやっているもののうまくいかないのだと言う。
そんな頼みも断ろうとするが、懺悔を終えたサムはディーンにキャスへの協力を促す。

キャスは天使の石板をケビンに無理やり解読させようと暴走する。それを見て少し危機感を覚えるディーン。
キャスはディーンとともに2つ目の試練を果たすため、男の元へと向かった。
そして予想とは違うものの、女性とではなく男性との恋が結ばれる。
そのきっかけを作った女性がキューピッドだった。彼女を殺そうとするキャス。
ディーンはそれを宥めて話を聞いた。神が不在となり、天界は大騒動に。
ごたごたには嫌気がさしているという彼女は、自らの命を差し出すと言って、二つ目の試練は完了する。

一方、サムはクラウリーに自分の血を注入していた。あまり様子の変わらないクラウリー。
しかし内心焦っており、悪魔たちに緊急のSOSを発していた。それを聞きつけたのはなんとアバドン。
彼女はクラウリーを助けに来たわけではなく、地獄の王にクラウリーが君臨していることが許せなかった。
そのためまずは政権交代しろと迫る。サムをねじ伏せ、クラウリーをぼこぼこにしたアバドンだったが、一瞬の隙を突かれてサムに悪魔祓いされてしまう。
そしてクラウリーの様子も次第に変わっていった。愛や優しさについて語り始めるクラウリー。
どこで道を踏み外したのか、罪を償う方法は何かと語り始める。

ケビンが天使の石板を解読し始めたが、メタトロンが天界の扉を閉めるための試練だと言っていたものはどこにも書かれていなかった。
キャスとディーンにそれを伝えていると、目の前にナオミが現れて、メタトロンの策略を語り始める。
「彼は自分が天界から追放されたことを逆恨みして、天使たちの恩寵を奪い、自分が天界を支配しようとしている」
その言葉を聞いたディーンは驚くが、キャスは嘘だと取り合わない。
しかしナオミはなおも続ける。
「彼の頭の中には、ある言葉があった。地獄の扉を閉める儀式を行えば、その執行者は必ず、命を落とすと」
試練を完了させればサムが死ぬということを知ったディーンは急いでサムの元へ向かう。

キャスは天界へ向かう。そこにはメタトロンが待っていた。
そしてナオミの言葉がすべて真実であり、メタトロンは天界を支配するために嘘の試練をキャスに与えていた。
キャスを拘束し、恩寵を奪ったメタトロンは「人間になって幸せに暮らせ」と言ってキャスを追い出した。

ディーンもまたサムに試練を辞めるように懇願する。
「俺たちにはノウハウがある。だから地獄の扉を閉めなくても、大丈夫だ」
しかしサムはやり遂げたいと言う。
「このまま中途半端で終われないよ。兄貴が「足を引っ張ってるのが隣にいる」って言ったこと、あれは本音だった。
僕が懺悔室で何を言ったか分かる?僕の最大の罪。いつも、兄貴を悲しませてる。僕の代わりをいつも見つけてきてた。
天使?バンパイア?僕は、ずっと寂しかった。みじめだった」
「いつだってお前が最優先だ。お前のためなら、仲間のバンパイアも殺す。悪魔を解き放ったりもするさ。一度だってお前を犠牲になんてしていない」
その言葉に、サムは試練を辞めた。
キャスは恩寵を失い、地上に落ちた。
賢人の館では、ケビンの周りに機械が異常な音を立てる。

ディーンとサムは、大量の天使が落ちてくる夜空を見上げていた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

やっぱりそうだったのかよおおおおおおおおお!(いろんなことに対するツッコミ)

まず、やっぱりキャスは騙されていたんだな……もうキャスよ……君は何も信じるな。信仰を捨てよ(天使に対して言う言葉ではない)
メタトロンはとんだ食わせ者だったわけですね。いじめられてハブられたことをずっと憎んでたのか。何千年も。
恐ろしいな、その執念。
んでもって最後の最後でナオミが味方?(というかまともな部分を出してきた~)だったのも遅いよ!言葉足らず。
結局ラストはメタトロンに殺されてるし。メタトロンをさっさと成敗したほうが良かったんじゃないのか??

ナオミの言葉でようやく「試練を3つこなすと死ぬってことが分かってしまう。
ケビンはこの注釈の部分を解読できなかったんだろうか?というのが疑問に思いましたが、その注釈を石板に書いていなかったのかしら?神からの注釈を石板に書いたのでは?預言者メタトロンは。

まあそれはいったん置いておいて。
そんなことを聞いてしまったらディーンはもうバーサーカーモードに突入ですよね。
大好きな愛するサムが死ぬなんてありえない世界線を生きているディーンなので、地獄の扉を閉めるなんていう大義名分はどこへやら、試練なんてしなくていいと。サムちゃんを守るために騎士になるわけで。
全力引き留め、もう地獄なんてどうでもいいだろう……というトンデモ発言まで飛び出してサムちゃんを説得。

サムちゃんもサムちゃんで、「ねえ、自分の血を清めるためになっていったと思う?」……からの
「兄貴が別の相棒を連れてきて(キャスやベニーのことですね)、寂しかった。兄貴を悲しませてばかりだ」ってあんなグズグズの泣き顔で言うなよ~~~~
クッソ腐女子の性癖が疼くだろうが!!あなたが普通の生活を送ってたことにディーンがショックを受けてたことは度外視かよw
んで最後の最後で「僕のことを見捨ててたのがつらかった」ってマジどの口が言うかwと思ったけど、ディーンはブラコンクレイジーだから「そうだよな、俺が悪い」ってなっちゃう謎展開。
サムが浄化されていくわけじゃないのに、なんでサムが突然変異的にブラコン全開になってんだ?とは思いましたが、内に秘めてた兄へのラブがあふれ出たってこと??

ともあれシーズン8は大波乱の末に終了しました。
天界は閉ざされて、天使たちは地上へと落とされています。恩寵を奪われたのはキャスだけでしょうか?
シーズン9はまた厄介なことになりそうですが、とりあえず人間になったキャスが今度はどんなアクシデントを引き起こすのか楽しみです。
それにしても最後の最後でのブラコン祭りは、腐女子心をとても刺激したなあ(感想)

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.