FC2ブログ

サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻S2E4【完全無欠のアイドル】

シーズン2エピソード4【完全無欠のアイドル】のあらすじ&最後までのネタバレです。

今回の被害者は地下アイドル「さくらんぼアーミー」の一人。
こういう「ありそうでなさそうな名前」を付ける人ってすごいなと、いつも思います。

===

地下アイドル「さくらんぼアーミー」のメンバーの一人、久美子が殺される。
疑われたのは同じグループ内でセンター争いをしていたマイマイこと舞。

調べを進めていくうちに、久美子がファンと交際し、知名度をあげるために自分の殺害予告を自作自演していることが判明。
その事実を舞に突きつけると、殺害否定の際にマイクロジェスチャーが出る。
ようやく糸口をつかんだかに思われたが、その後の取り調べでは再びマイクロジェスチャーが消えてしまう。
出たり出なかったりするマイクロジェスチャーに困惑する絵麻。

彼女の中で起きている変化に気づいた絵麻は、再び舞を事情聴取に呼び出す。
三歳から芸能活動をしている舞は、自分の中に本人とアイドルとしてのマイマイという二つの人格を作り出していた。
夜10時境に人格を切り替えていることに気づいた絵麻は、夜11時に舞を呼び出し、舞本人に事情聴取をすることに。

アイドルとしてのポジティブな面を背負っていたマイマイ。
一方でマイマイをアイドルとして成長させるために、負の面を一手に背負っていたのが舞だった。
マイマイをアイドルとしてより活躍させるために邪魔だった久美子を、舞は殺した。
彼女を守るために必死だった。久美子はマイマイの宝物である「さくらんぼアーミー」を壊す裏切り者だったため、殺されて当然だと舞は言うが、マイマイの人生を奪ったのは舞本人だと告げる。
マイマイに舞が犯した罪の一部始終を話していた絵麻。
マイマイは「舞と私は一心同体。彼女の罪は私も償う」と絵麻に伝えていた。
その映像を見せられた舞は、泣き崩れるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

かなりざっくりまとめてしまいました。
くーにゃん、こと久美子は、まあ、恨まれても仕方がないのかなと。
綺麗な心だけではファンはつかめないのかしらね。アイドルになりたいとか、(何かしらの集団においても)センターになりたいとか、
一度も思ったことがないのでよくわかりませんが……

全然ドラマとは関係ない次元に話が飛びますが、最近は帰属意識というのが低いなと思います。
集団の中で「個」を埋没?させることに危機感を抱いているというか、社会生活において「個」を出すことが大切!という風潮が強すぎて。
勿論「個」は大切なんですけど、社会的なルールを逸脱してまで「個」をアピールする奴の気が知れない。

今回の話もそうですが、「ばれないなら、センターになるためになんだってするよ!」というくーにゃが悪いわけですが(殺されるのはNG)
本人は悪いと思ってない(ここが人間的にNGな部分)のがね。
ばれなきゃ何やってもいいって考えが、自分を律している人が感じる不公平感を増幅させて、歪んだ正義感が暴走させるんだよな……と思いました。何の話やねん

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング







関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.