FC2ブログ

最強のふたり~京都府警特別捜査班~EP3&4

あらすじ&最後までのネタバレです。

再放送視聴3話目~4話目。



===

第三話

花火師が殺害された。
花火師の娘、恵利香の元交際相手である美之部に疑いが向けられるが、アリバイがあった。
被害者が望月という養子を取ろうとしていたらしいことがわかり、事情を聞くが胡散臭い。
調べを進めていくと、被害者は社内にスパイがいるのではないかと疑っていたことがわかる。
社員の栗田と美之部が裏でつながっていたことが被害者にバレ、栗田は凶行に走ったのだった。

望月と被害者の関係も明らかになる。
被害者は娘の恵利香が肝臓を患っていて、生体肝移植のドナーを探していることを知った。
何とか娘を助けたい一心で、被害者は望月と養子縁組をして、娘の肝臓のドナーになってくれるように頼んでいたのだ。
その代わりとして被害者は望月の病弱な息子の治療の援助を申し出ていた。
それは違法行為であると分かっていながら。
恵利香は父の本心に気づき、治療に励むことを誓うのだった。

===

第四話

総合病院の看護師が殺された。
隣人の証言で、旅行添乗員の水原と言う男が出入りしていたことが判明。
東雲は、作り置きされていたカレーにニンジンが入っていないことを気にする。
そんな中、水原の妻が被害者の身辺を調べていた。
水原がニンジン嫌いだったことを妻に確認した夏木。しかし、調べを進めていくと、最近になってそれを克服したのだと常連の店の店主が証言した。
被害者の家で作り置きされたカレーは被害者が作ったのではなく、妻が作ったものではないかと考えた夏木は、妻にそれを問いただした。
事情聴取すると、夫が不倫相手を殺したのだと勘違いして、現場の偽装工作をしたのだと妻は証言。
東雲の調べで事件の裏にはもう一つ二年前のある出来事が隠されていることを知る。

看護師殺しは全く別の真犯人が居た。真犯人は隣人の女。夫婦と不倫相手が修羅場になるように仕向けていたのだ。
水原夫婦は互いが互いに加害者だと勘違いして偽装工作をしていたのだ。
しかし、水原と被害者は、隣人が思っているような関係ではなかった。
二年前、実母の体調が悪化し、介護疲れを起こしていた水原はバーでトラブルに巻き込まれた。
かばってくれたバーテンダーを突き飛ばしてしまい、脳出血で死亡に追い込んでしまったことを悔やんでいた水原は、バーテンダーの姉である被害者に月に一度謝罪に訪問していたのだ。
弟が好きだったカレーを、月命日に食べに行く暮らしを続けていた水原。妻に心配をかけまいと言い出せずにいた。
ニンジン嫌いを克服したわけではなく、ただ必死にカレーを食べていただけだと言う水原。
全ての誤解が解け、妻にニンジン抜きのカレーを作ってほしいとねだるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

どんでん返し展開は慣れてきました。
非情に雑なあらすじですが、文章力がないのと、カメラワーク(場面転換)のWの問題で、言葉では表現しづらいのです。
ご容赦ください。
さて、花火師の美之部役に本宮泰風さん、水原夫妻に石橋保さん、有森也実さん・……そして高橋かおりさん、そして渡辺梓さんというま~2サスの常連が拝見できて大満足です。
2サスだったら豪華メンバー勢ぞろいよね。だれが犯人か混戦状態のメンバーよ。

東雲さんはまだまだ邪険にされていますが、サクッとみられる面白いドラマですね。
名探偵もののように、「あ、それが伏線か」と思える緻密な伏線配置もよい。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.