FC2ブログ

SUPERNATURAL S9E5【犬になったディーン】

シーズン9エピソード5【犬になったディーン】のあらすじ&最後までのネタバレです。

ディーンは犬っぽいですけど、性格はネコっぽいんですよね。

===

一日8時間睡眠で元気いっぱいのサムは何か狩りをしなければと焦っていた。
しかし一刻も早く全回復してほしいディーンはもっと休めと言う。もちろんそんなディーンの言葉を聞くはずもなく、サムはめぼしい事件を捜していた。
マックスという剥製師匠の男が全身粉砕されて死亡する事件が発生。
さっそくFBIに変装して現場へと向かった二人は、そこで発見者に話を聞いた。
彼は週に二度、動物の内臓を回収しに来る業者だった。しかし週明け月曜日にもかかわらず全く残っていなかったと言う。

ディーンとサムは次に、彼の剥製店の入り口に書かれていた落書きを手掛かりに、ある動物愛護団体へとたどり着いた。
団体創設者のオリビアたちに話を聞きに来た二人。彼女たちはベジタリアン向けのバーガーショップを開いていた。
室内でもサングラスを掛けているという異常な姿に、ディーンは怪しいと感じるが、事情を尋ねると、昨晩マックスの店に抗議(落書き)に行ったら、マックスの叫び声が聞こえ、怖くなって逃げだしたところを誰かに襲撃されたのだと言う。
その時に催涙スプレーを掛けられ、室内でサングラスをすると言うバカのような所業をしているのだと彼女たちは証言した。

モーテルに戻ったサムたちが調べると、催涙スプレーによるものだと言う目の腫れが、ヘビの毒ではないかと思われた。
マックスの死に方は全身粉砕、オリビアたちは蛇の毒で負傷。今回の事件は動物が関わっているのではないかと二人は考える。

その夜、動物保護局の職員が襲われる事件が発生し、ディーン達は現場へ向かった。
するとそこに剥製師のペットだった犬が保護されていることに気が付く。
もしやこの犬が犯人ではないかと一瞬過るが、保安官が被る帽子を見て鳴くその姿を見て「犬が目撃者なのでは」と考え始める。

ケビンに方法を尋ねた兄弟は、犬の毛を使って意思疎通が図れる呪文を手に入れる。
そしてディーンがそれを試すと、マックスの飼い犬と会話できるようになった。
マックスを殺した男がカウボーイハットをかぶっていたことが判明、保健所で猫を襲ったのも同じ人物らしく、彼からは、肉と食洗器の洗剤、そしてタイガーバームの臭いがしたと教えてくれた。
犬と意識が同化していくことで、行動までも犬っぽくなっていくディーン。

保健所へ聞き込みに行こうとすると、車にフンをするハトを発見。なんとハトの言語まで聞き取ることができたディーンは困惑する。
「動物の言葉は共通言語だからな」
そうマックスの飼い犬に言われ、ますます驚くディーン。
保健所へやってきたディーンたちは、二件目の事件の現場にいた動物たちに話を聞いていく。
その中で、事件のすべてを見たと言う犬に「サムに腹を撫でてもらう」という条件付きで話を聞くことができた。
その証言から、男が街のカフェに勤務していることが分かった二人は、夜、そのレストランに忍び込む。

二手に分かれて捜索すると、サムが男に襲われた。致死性の傷を負わされるも、エゼキエルの機転で傷をいやす。
それをみた男は驚き、「この男をたべれば死なない体を手に入れられる」と考えてサムを失神させた。
サムを助けにきたディーンも捕まってしまう。ディーンは彼の臭いを嗅いだ瞬間、彼ががんに侵されていると感じる。
すると男もそれを認めた。いかなる治療も歯が立たず、最後の手段として動物の臓器をたべて自分の体を最強のものにしようと考えていたのだ。
狼の心臓をたべた男は、ディーンに襲い掛かる。しかしディーンはレストランの外に出て、口笛を鳴らした。
「犬は狼より強いかもしれないが、集団ではどっちが強いかな」
ディーンの呼びかけに大量の犬が男に襲い掛かり、男は息絶えた。

サムは何とか一命をとりとめたが、男に言われた言葉が忘れられない。
「傷を負った後、僕を見ていったんだ『何者だ』って」
その言葉の意味が分からないと言うサムにディーンは、頭の可笑しくなったやつの話など気にするなとごまかすのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

エゼキエル、有能すぎません??
でももはや、サムの意思を越えて、エゼキエルが出入りできている状況って、サム生きてるって言っていいのか??

とまあ、感想を書いていたんですけどね、全部消えちゃったんですごくショックなんです。
気を取り直して、少し短めの感想を。

動物界が共通言語だというのは本当かはわかりませんが、動物たちの思考が分かったら、人間とその他の動物がもっといい関係になれるのになあと思います。
そう言えば、私がまだ実家に居た頃は犬と猫と一緒に飼っていました。
仲がいいとは言えない関係だったように見えましたけど、なんか二匹できゃっきゃしてる時があったんですよね。
私たちのことをどう思っていたんだろう?
昔、バウリンガルっていうおもちゃがありましたけど、あの信ぴょう性ってどれくらいだったんだ??

しかしまあ、サムも自分の意識の外で何かあるなと気づき始めてますから、兄弟げんかのカウントダウンも始まったな……
早くすったもんだしてほしいぜ……

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.