FC2ブログ

「007」シリーズ【吹替】#09~#11

毎週火曜日にBS-TBSで放映中の「007」シリーズのネタバレあらすじまとめています。
ロジャー・ムーア版が続いています(^^)/
ようやく録画消化できた……
===
#09「黄金銃を持つ男」

黄金銃を持つ男と言われる、殺し屋スカラマンガに、ボンドの暗殺指令が下る。
それを察知したMI6は、ボンドの安全のために一時彼を解任するが、ボンドはスカラマンガと対決するために、彼の潜むマカオへ。

彼の愛人アンドレアが黄金の銃弾を受け取って香港へと移動したため、ボンドも彼女を追いかける。
そして彼女からホテルのナイトクラブで銃弾を渡すと訊き出すが、発砲事件に巻き込まれて連行される。
連れていかれた先は英国軍の隠れ家だった。

そこで、ボンドが別の作戦で探していた太陽光エネルギー変換装置「ソレックス・アジテーター」をスカラマンガが所有していることが判明。
アンドレアはそれを持ち出してボンドに渡そうと試みるが、スカラマンガに殺されてしまう。
スカラマンガに気付かれないように装置を手に入れたボンドは、仲間のグッドナイトに預けるも、彼女は独断でスカラマンガを追跡。
そしてスカラマンガに拉致されてしまう。

彼女が連れ去られたのは、中国領海にある孤島。
グッドナイトを救出するべく、ボンドは独断行動という形で単身現地へ向かい、そこでスカラマンガに超電導エネルギー施設に案内される。
そして最先端の太陽光エネルギーシステムで駆逐し荒稼ぎするという計画を披露し、ボンドに対して、一対一の決闘を申し込む。
その後スカラマンガに勝利したボンドはグッドナイトとのひと時を楽しむのだった。

◎キャスト
ジェームズ・ボンド…ロジャー・ムーア(顔が薄く感じるのは、毛深くないから?)
グッドナイト…ブリット・エクランド(可愛い、チャーミングなキャラクター)
スカラマンガ…クリストファー・リー(ドラキュラ伯爵!血色が悪い!)
アンドレア…モード・アダムス(こちらもきれいな女性)
1974年/イギリス ガイ・ハミルトン

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

正々堂々対決しようじゃないか!と言っているわりに、スカラマンガは怪し気な部屋(トリックがいっぱい仕込まれてる)に対象者を引き込むんですよね。
それは筋が通っていないのでは?もちろん、仕掛けを操作しているのは、スカラマンガの手下なんですけど、それでも卑怯なのでは?と
香港やら中国やらの邸宅が出てきましたが、その中に相撲のオブジェ(しかも石膏像だとか銅像ではなく、カラーの置物)がありまして、
もうアジア文化がごちゃごちゃでしたね。それはそれで笑えましたが。

===
#10「私を愛したスパイ」

核ミサイルを搭載した英潜水艦「レンジャー」とソ連潜水艦「ポチョムキン」が突如消息を絶つ。
調査を命ぜられたボンドはエジプト・カイロへ飛び、そこで同じ目的でソ連が派遣した美しい女スパイ、トリプルXことアニヤ・アマソワKGB少佐と出会う。
二人は現地の情報源に接触するが、謎の巨大男(暗殺者)から襲撃を受ける。

英ソの利害が一致したことからボンドとアニヤは共同で任務に当たる。
二人は徐々にひかれあうが、この任務の前にスイスで任務にあたっていた際にボンドは殺し屋に狙われていた。
男たちを返り討ちにしたものの、そのソ連から送り込まれた殺し屋は、アマソワの恋人だった。

「この任務が終わったら、あなたを殺す」
そう言われたボンドは彼女と共にアメリカ海軍の潜水艦に乗り込み、怪しいとにらんだストロンバーグ海運の大型タンカー「リパラス」に接近。
するとおかしな信号を受け、危険を察知した潜水艦の海面に上昇するが、全機能が失われてしまう。
リパラス号は船首を大きく開き、そのまま潜水艦を飲み込んだ。
リパラス号の内部には行方不明だった英ソの潜水艦が係留され、乗組員たちは船内の牢に監禁されていた。

ストロンバーグは強奪したミサイル潜水艦を使って米ソを核攻撃し、世界を壊滅させ、海の世界を作ろうとしていたのだ。
さらにアマソワは捕まり、ストロンバーグに連れ去られる。
ボンドたちは搭載されていた核ミサイルを解体。起爆剤をとり出して、籠城するストロンバーグの手下を攻撃。
監禁されていた乗組員たちが蜂起して制圧。しかしストロンバーグは逃亡を図っていた。

核攻撃は無事に阻止されるが、なんとしてもアマソワを助けるため、捨て身の作戦を決行。
恋人を殺された憎しみから、ボンドへ銃を向けるアマソワだったが、ついに彼を許すのだった。

◎キャスト
ジェームズ・ボンド…ロジャー・ムーア(マティーニはシェイク派)
アマソワ…バーバラ・バック(ロシアっぽくはないお顔、おっぱい横に流れてるけど大きくて綺麗)
ストロンバーグ…クルト・ユルゲンス(一見悪そうには見えないじいさん)
1977年/イギリス ルイス・ギルバート

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

なんか以前も潜水艦をパクっと呑み込むような手口があったよなあ……
あと、今回も登場しました、お仕置き!サメぱっくん装置。最後にサムに食われて死ぬ系は、定番のようです。

アマソワちゃん可愛かった。ノーブラかしら。胸元すごく開いてて綺麗。
途中のシーンで、アマノワの彼氏を殺したボンドが、アマノワに対して結構冷たいことを言っていたように思います。
(憶えてないけど)
ボンドの言動はアマノワのことをそれとな~くいい感じで誘っているように思えたんですけど、案外冷めた人なんだなと感じましたね。
ふわっと見ていたから、勘違いかもしれないけど。

===
#11「ムーンレイカー」

アメリカからイギリスへ空輸中のスペースシャトル「ムーンレイカー」がハイジャックされ、姿を消してしまう。
くボンドはシャトルを製造したヒューゴ・ドラックスを訪ねるためにカリフォルニアへ向かった。
彼の書斎で見つけた設計図に、ベネチアのガラス工房で製造している製品の情報が含まれていたため、現地へ向かったボンド。
ガラス工房の建物の中に謎の研究所を発見、なんと、そこでは即効性の殺人ガスが研究開発されていた。
Qはそのガスの成分がアマゾンにしか存在しない植物のものであると突き止める。

ボンドはアマゾンへ向かい、宇宙研究員になりすましていたCIA捜査官ホリー・グッドヘッドとともに、ドラックスの探った。
彼の目的は、人類をガスで抹殺し、あらかじめドラックスが極秘に建造した宇宙ステーションに退避した選ばれた優性男女だけで新たな世界を築くというものだった。
ドラックスがムーンレイカーを奪ったのは、、移住計画用のシャトルが壊れたためだった。

ボンドとグッドヘッド博士の活躍で、電波妨害装置が破壊されたことで、米空軍のシャトルが救援に駆けつける。
ドラックスの手下となっていたジョーズが味方に寝返り、形勢は逆転。
レーザーガンで宇宙戦闘を展開する中、ボンドはドラックスとの決戦に挑む。
銃で狙うボラックスだったが、ボンドはあっさりと彼を宇宙空間へと放り投げる。
そして帰りのシャトルに乗り込むが、ドッキング装置が外れない。
ジョーズのヘルプもあって、無事に宇宙空間へと旅立ったボンドとグッドヘッドは、逃亡する敵のシャトルをレーザー照射で撃ち落とし、地球へと帰還するまでの時間、濃密なひと時を過ごすのだった。

◎キャスト
ジェームズ・ボンド…ロジャー・ムーア(なんか、こう……まだ個人的には素敵♡ってならない)
グッドヘッド…ロイス・チャイルズ(豊かな髪の毛。びしっと決めてる最初のシーンの方が好み)
ドラックス…マイケル・ロンズデール(ひげもじゃ。優性遺伝子残したいと言うが、自分は優性だと思ってなさそう)
コリン…コリンヌ・クレリー(ちんまりした女子)
ジョーズ…リチャード・キール(2話連続登場の銀歯)
1979年/イギリス ルイス・ギルバート

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ジョーズは前回にも出てきていた大男でした。歯が鋼鉄みたいな人。
敵かと思っていたけれど、最後の最後でええ奴でした。こういう展開はわかりやすく好きですね。
宇宙が舞台になっていて、なんともチープっちゃあチープだし、味があると言えば味があるし、という映像でした。

最後、宇宙ステーションが無重力化?するような演出があったんですけど、よくみると「めっちゃ頑張って無重力感を出している人」と「お前、適当にやってんな?っていう人」が居て面白かったですw

ベネチアのシーンも面白かったですね。ゴンドラで移動するボンドに刺客が襲い掛かるわけですが、すれ違うゴンドラの上に載っている棺桶から刺客が飛び出してくる演出よwwドラキュラ伯爵かよww無駄に手が込んどるやないか

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.