FC2ブログ

ニュー・ブラッド新米捜査官の事件ファイルS1E2【Case.2】

シーズン1エピソード2【Case.2】のあらすじ&最後までのネタバレです。

さて、シーズン2はないのでしょうけど、とりあえずシーズン1としているニューブラッドの第二話をかなり久しぶりに視聴したいと思います。
いつも計画的に視聴を進めていた私ですが、ちょっと遊んでいるうちに、U-NEXTの無料会員期間が残り3日となってしまい、
慌ててみています(ただいま9月下旬)

===

アラッシュがローラを追いかけていくも、駅で彼女は転落死をしてしまう。
ヘンリーはその現場を目撃してしまい、慌てて家に逃げ帰ってくるが気が動転したまま。

一方、ステファンが追いかけているUKレミコンと政界の癒着については委員会でメイヒュー議員が答弁に立たされていた。
他国メーカー、ルーン社の抗肥満薬よりも、高額の国内メーカーを採用するように口利きをしたのではないかと詰め寄られ、さらに臨床実験のデータについても追及されていた。

ステファンはリース医師の部屋に忍び込んで手に入れたUKレミコンのパーティーの招待状を上司に見せた。
上司は潜入するように言い、同僚からはUKレミコンと、ルーン社の市場争いについて知らされる。

一方のアラッシュは、上司にローラの死が事故ではなく殺しであると進言。一緒に写真に写った人物が次々と殺されていることを報告し、残る二人の人物の素性を調べていくことに。
さらに、ローラが死んだ液の防犯カメラの映像は、女性二人組によって電源が切られており、途中で見れなくなっていた。

アラッシュは上司とともに、関係者を再度洗いなおす。第一の被害者でひき逃げで殺されたミューレンの妻を警察に呼んだ。
彼女に、ミューレンたち5人が写る写真を見せたが、彼女はよく知らないと答えた。
「この人たちとのつながりは分かりません。インドで、短期で高額な報酬を得たと言っていましたが、詳しいことはわかりません」
手掛かりを求めてローラの葬儀に参列したアラッシュと上司のサンズ部長刑事。そこへ写真に写る男が現れた。
彼はルーン社の社員をしているブルースだった。
彼に事情を聞き、インドで治験に参加したこと、そこで陣頭指揮を執っていたのはリース医師だったこと、さらに、写真に写っていない第六の人物としてヘンリーという変人が居たことを証言。
自分の名刺を渡して去っていく。
しかしそれは、捜査をかく乱するための罠だった。

その夜、リースの名をかたってステファンはパーティーにもぐりこむが、飲料に含まれていた薬物に中てられて酩酊状態に。
帰り道にトラックの前へ飛び出したところを、アラッシュが助けてくれた。
結局自宅まで連れ帰ったアラッシュ。看護師をしている妹が翌朝診察をするとすっかり薬物は抜けているようだった。
アラッシュとステファンは互いの立場から捜査状況を漏らすわけにはいかず、深いやりとりもないままに別れることに。

ブルースは上司に指示された通りのことを警察に話したと報告した。
彼はインドで共に治験した人物が二人もローラ以外にも不審な死を遂げていることを警察から初めて知らされ、動揺する。
「私たちは、UKレミコンから市場を独占したいんだ。そのために今動いている」
ブルースはただならぬものを感じながらも、それ以上は追及できぬまま。

サンズとアラッシュはリースの会社訪問した。二人は、ルーン社がインドでの臨床実験が今回の事件を引き起こす何かのきっかけになっているのではないかと追及するが、彼はそれを否定。
治験者とも面識はないと言い、ヘンリーという人物の捜査が進んでいく。
その頃、ヘンリーの家を女性警官を装った人物が訪問。母親をだまし、彼の部屋に、ローラにつながる証拠を次々と残して立ち去っていく。
アラッシュは、ヘンリーの勤め先を割り出し、彼がローラが亡くなった駅の防犯カメラに映りこんでいることを発見。
さっそく彼が勤めていた洗車工場へと向かった。
そこで彼の素行を尋ね、精神的に問題があったことを知る。そして住所を訊き出し、自宅へと向かった。

ステファンは、上司にパーティー会場での状況を報告。自分がリースであると身分を偽って潜入していたことが、相手にも筒抜けになっていたこと。そして薬物を盛られたことを報告し、上司は驚いた。
誰かがステファンの動きを外部に漏らしているのではないかとステファンたちは疑う。
ステファンの同僚が、実はメイヒューと血縁関係にあったのだ。
治験をしていたグリーンファーン社はもう6年前に閉鎖されていたが、まだその子会社がある人物に送金を続けているらしい。
その人物が、ヘンリーだった。

ステファンはヘンリーの家を訪ねることにした。
するとそこには、アラッシュの姿が。彼はサンズとともにヘンリーの部屋を捜索し、犯罪の証拠につながるものを押収していたところだった。
そこへヘンリーが買い物から帰ってくる。、ステファンとアラッシュは追いかけるが……

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

相変わらずの飛び飛び具合が大変です。
いろいろと小ネタ?みたいなエピソードはあったんですけど、書ききれませんでした(断念)
場面転換が多いんですよ。観ていると分かるんですけど、書けません。私の文章力では。サラっとまとめると、疾走感が表現できないし。

さて感想を書いていきます。
ローラの殺害現場に居た女性二人のアサシンぽさがヤバイです。怖いです。一体何者なのか、よく分かりません。
そして身内にも怪しい人物が居ましたね。ステファンの女性同僚なんですが、これまた名前が分からないので、「同僚」としか書けませんw
怪しいんですけど、怪しいだけで悪者確定していないから、不良債権じゃないですけど、モヤモヤした点だけがどんどん重なっていて困るんですよね。
現状、とてももやっとしていて楽しめていない自分が居ますw

ですが、ようやくステファンとアラッシュが繋がりを持ちました~第二話でやっと。
今回のこの事件は次のエピソードで解決するのか、それともシーズン7話?を通して解決するのかさえ、いまのところ私は分かっていません(前情報なし!)
なので、ドキドキとモヤモヤを抱えてこれからも視聴していきます。

相変わらずアラッシュの上司は陰険なオッサンで、そういうキャラクターなんですけどね、イライラしますね。まあアラッシュ自体も可愛げのない部下なのでしょうけど。
そしてステファンの上司もポンコツな感じがします。部下が殺されかけてんのに、内部のネズミをまだ泳がせてるってwコナンの黒の組織だったら即刻殺されてるぞ。

ということで、ヘンリーに怪しさMAX容疑MAXになったところで第二話が終了しました。
あとはヘンリーの汚名?をどう濯ぐかということが見せ場となるんでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.