FC2ブログ

ホワイトカラーS2E16【財宝の行方】

シーズン2エピソード16【財宝の行方】
ネタバレありのあらすじ&感想をまとめています。

前回、アドラーが追っている人物の名が判明し、その孫娘がアレックスであることを掴んだニールたち。
いよいよシーズン2最終話。アドラーとの直接対決の時がやってくる。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
天才詐欺師兼FBIコンサルタントのニール、
優秀なFBI捜査官ピーターのコンビが
知能犯たちを華麗に追い詰めていく!
脇の面々もきらりと光る、痛快サスペンス!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ニールとピーターがオフィスへと戻ると、そこでサラが待っていた。なんと海中にとんでもない物を見つけたという。
ピーターが捜査員たちを集める間、サラはニールに熱烈にキスをしたあの夜のことを聞く。関係をはっきりさせたいというのだが・・

捜査会議で、とうとうアドラーの尻尾を掴んだと報告するピーター。
そしてアドラーはNY沖で沈没した潜水艦を探しており、そこには財宝が眠っているのではないかと踏む。沈没船の探索と同時に、ジョーンズとダイアナにはアレックスのことを追うように指示する。

アレックスとの関係をニールに問いただすサラ。とっくに終わった関係だと告げたニールは、サラに翌日ランチでもどうかと誘い、サラと分かれる。
ニールの家にやって来たピーターは、モジーにアドラーの狙いが潜水艦だと告げる。するとモジーは大興奮して、財宝は何かと推理を始める。

一方ピーターがニールの部屋にはクライスラービルの絵画が置いてあることが気になった。
ピーター「これは?クライスラービルか」
ニール「ああ」
ピーター「彼女にプレゼントでもするのか?」
ニール「暇つぶしに書いているだけだよ。気分が落ち着くから」

モジーが作ったアンテナでは、ドイツの潜水艦が出す微弱な救難信号を捕らえるのは難しいらしく、時間がかかるという。
ピーター「そんな時間は残されていないんだが、、アレックスには連絡がつかないのか?」
ニール「何度も電話しているけど、繋がらないんだ」
そう言って席を立ち、再びアレックスの番号にかけてみるニール。すると出たのアドラーだった。
ニール「アドラー!?」
アドラー「うれしいね、俺の声を覚えてくれているとは」
ニール「アレックスはどこだ!?」
アドラー「彼女は放っておいてほしいらしいが・・」
ニール「狙いは潜水艦だろう」
アドラー「君ならそれに気づくと分かっていたよ。しかしこの件からは手を引いた方がいい。ケイトと同じようにアレックスも失いたくないだろう?」
ニール「俺は諦めない」
アドラー「俺もだ」

アレックスの足取りを追うため捜査員全員で調べるが、なかなか見つからない。ニールはモジーと共に知っていそうな人間を当たると、盗品バイヤーの男が失踪直前の彼女を知っていた。
その情報から、彼女がとある公園の中にある庭園を歩いている姿がカメラに残っていたことが判明し、ニールとピーターはそこへ向かう。
するとそこにはアドラーの手下たちがおり、二人とも拘束される。そして飲み物を手渡され、気絶してしまう。

二人が目覚めるとそこには、同じく囚われの身となったアレックスが居た。そしてそこへアドラー現れる。
ピーターたちがいたのは海辺の倉庫だった。そして目の前にはすでに水揚げした潜水艦が置かれていた。
アドラーの目的は、アレックスを使って、潜水艦のの中にある財宝を手に入れること。
アドラーはニールとピーターに、爆弾の仕掛けられた潜水艦をこじ開けるように指示する。
_20190615_121104.jpg

そのころ、約束どおりニールの部屋へとランチに来たサラ。しかしそこにはモジーしか居らず、時間厳守のニールが居ないことを心配してピーターに電話を掛けてみるが・・

ピーターとニールは協力して潜水艦の入り口を開けようとしていた。
_20190615_121120.jpg
爆弾が爆発しそうになりながらもアレックスのアドバイスで窮地を脱し、何とか内部へと侵入すると、そこにはナチスのマークの入った木箱が山のように積まれていた。
中身を確認すると、ナチスが略奪した金銀財宝や絵画が残されていた。思わず目を輝かせるアドラー。

ニールとピーターはここから脱出するために、潜水艦の中に残されていた発信機を取り外しポケットへと仕舞う。
そしてアドラーを潜水艦に残し、車へと移動して拘束されるが、発信機の電波を頼りにモジーたちが救出に駆け付ける。

しかしそこにはアドラーの姿が無かった。
アレックスたちと共にFBIに戻ってきたピーターはさっそくアドラーの行方を追う。
ピーター「アドラーはあの財宝を持ってすでに逃走しているかもしれない」
アレックス「それはないわ。今週末まで倉庫から持ち出すことが出来ないと言っていたから」
ピーター「じゃあまだ倉庫にいるかもしれないということか。倉庫の特徴から絞り込むことはできないだろうか」
アレックス「おそらく戦前の建物で、西側に鉄の扉がついていたわ。鐘の音がした・・ブイの音かもしれない」
アレックスの証言をもとに場所を絞ったピーターたちは手分けして捜索に乗り出す。

アレックスはニールに別れを告げる。ニールの気持ちが自分には向いていないことに気づいていたからだった。
そして祖父が残したオルゴールの謎が解け、財宝を手に入れることはできずとも見ることは出来たことに満足していた。

アレックスとの関係は終わっていることだとサラに告げるが、サラはもう遊びの関係は止めようとニールに話す。
ニールもサラに関係を無理強いをするのは気が進まなかった。
そこへピーターが、自宅でディナーをしないかとニールとサラを誘う。

ピーターとエリザベスの仲睦まじい姿を見て、サラは羨ましく思う。
エリザベスと二人ソファに腰かけて、サラはニールのことを信用しているかとエリザベスに聞く。エリザベスは、決然という。
エリザベス「ニールは、いろんな顔を持っているけど、いい人よ。最後は信用できる人」
そんなエリザベスたちの様子を見てニールは気が気ではない様子だったが、そんな動揺を読み取ったピーターは、ニールにアドバイスを送る。
ピーター「ニール。お前に似合う幸せが必ずあるもんだ、それを捜さないと」

翌日ピーターたちは倉庫街でアドラーの行方を捜していた。ニールは一人その輪から離れ、ある倉庫へとやってくる。
そここそアドラーが財宝を隠していた倉庫だった。ニールの背後にアドラーが迫る。
ニール「アドラー!もう逃げられないぞ」
アドラー「その倉庫の中には財宝を積んだトレーラーがあるんだ。FBIから逃れる手助けとしてくれたら、半分分けてやろう」
ニール「馬鹿にするな!俺は騙されない」
アドラー「お前だって俺を出し抜こうとしただろう?」
ニール「なぜだ、なぜケイトを殺したんだ。助けてほしければ理由をいえ」
アドラー「飛行機の爆破はケイトの案だよ。パラシュートで脱出してから爆破する予定だった。だがそこにピーター・バークが現れた。だから」
ニール「爆破を早めたのか?」
アドラー「ああ、あと30秒待っていたら、お前も死んでいたぞ?」
ニール「感謝しろっていうのか?」
アドラー「お前は俺の息子のようなものだ」
ニール「一緒にするな!」
アドラー「・・詐欺師が自分を偽るとはな。これ以上誰も傷つけたくないだろう?なあ、手を組もう」
アドラーがニールに詰め寄ると、急に倉庫が爆発する。
アドラーも想定外の爆発に驚く。財宝が燃えてしまうと焦るニール。しかし何度も爆発が起きて倉庫は火に呑まれる。
ピーターたちもその爆破に気づき急いで現場へ向かう。

爆破の仕掛人がニールではないかと疑うアドラーは怒り、銃をニールに向ける。
ニール「俺が美術品を燃やすわけないだろう」
しかしアドラーは聞く耳を持たない。そしてニールに向かって引き金を引くが・・
間一髪のところでピーターがアドラーを射殺。呆然とするニール。

その場を後にするニールだったが、一人現場に残ったピーターは、倉庫から降ってくる火の粉の中に見覚えのある絵画の燃え残りを発見する。
それは、ニールが自宅が描いていたクライスラービルの絵画だった。
爆破を仕掛けたのはニールではないかと疑うピーター。しかしニールには本当に覚えが無かった。
疑うピーターに怒りをあらわにするニール・・

家に帰ったニールは机の上にとある倉庫の鍵が置いてあることに気づく。
ニールは半信半疑になりながらも、その場所へ向かうと、アドラーが手中に収めていたはずの財宝が総て移動されていた。
宝の山に囲まれたニールは、思わず笑みをこぼす。
_20190615_121146.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

うああああ、せっかく仲良しになってたのに、なんでバッドエンド的な!??
またピーターはニールを信用できなくなっちゃうんじゃ?てか誰?いらんことした奴だれ?

というわけでシーズン2が終了しました。
あっさりアドラー死亡。シーズン1から黒幕としてずっと居たけれど、姿を現したのはほんの数回。私にはシャボン玉みたいに思えます、壊れて消えてしまいました~
しかしまあ、数回の登場ながらもその悪役の爪あとはなかなかのモンです。
自分は安全なところで眺めて、ピーターとニールに爆弾処理をさせながら財宝を探させるとは、なかなかのクズっぷり。御見それしました。
二人が決死の覚悟で作業しつつ、気を紛らわせようとちょっと談笑しようもんなら「喋ってないでさっさとやれ」ってマイクで指示するんだけど、
「じゃあ自分でやれば?」ってド正論でニールに言われて、何も言い返せないアドラーのくだりが面白かった。
すかさずピーターがそれをいじってたのが良かった。二人の掛け合い最高!

アレックスはこれが最後のような雰囲気でしたね。ニールのこと大好きだった(と思う)けど、ケイトの存在、ケイトへの未練、そしてサラの登場で自分の席がないことに気づいた感じ・・二番手女の鑑。

にしても、最後のアレはなに?ピーターとニールの(信頼)関係を引き裂こうとする輩は一体・・
ニールの悪の顔がラストカットで出て、シーズン3はまたピーターとの関係の再生から描かれるのでしょうねえ・・!もっと仲良しパパ&息子シーンがたくさんみたいんですけどね。

というわけで、アドラー役のアンドリュー・マッカーシーに捧ぐ・・

(またもマネキンでいじる私・・)

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.