FC2ブログ

ニュー・ブラッド新米捜査官の事件ファイルEp7【Case.7】

エピソード7【Case.7】のあらすじ&最後までのネタバレです。

さて最終回になりました。
リサという女性が運営する「アワ・チャイルド」という慈善団体の不正会計。
それを調べていたマイケルが強盗に襲われ、何者かに医療事故にみせかけて殺された。
リサは支援国の高官であるクマラと不倫関係に。
怪しげな人物が彼らを追っていて……

===

エイジェイ警備で働いていたウィリアムとその友人から事情を聞くアラッシュとサンズ部長刑事。
彼らは犯行を否認するが、金に困っていたことで、警備装置を解除する手伝いをしてしまったと白状する。
しかしそれを聞いてもサンズは彼らの犯行だと確信していた。
一方アラッシュは、マイケルの家の防犯カメラの映像から怪しげな二人組を発見する。

レイラは自分がマイケルを殺してしまったのではないかとおびえていた。しかし彼女には気になる言動があった。
それはマイケルの見舞いに来たリサの発言。
塩化カリウムを投与するレイラを見て、マイケルは血圧が高いのかと聞いて来たらしい。
「あれは、医学の知識がないと出てこない質問よ」
アラッシュとステファンはリサについて調べはじめる。一方のリサは、レイラにマイケルの死の責任を取らせるために、新聞記者に情報を流していた。

ステファンはレイラを助けるために、リサやその周辺の人物を洗い出すことに。同僚のアリソンに協力してもらって、マイケルのことを調べると、彼はマリクの元部下であることが判明し、事件につながりがあるのではないかと考えた。
ステファンはマイケルの恋人アレックスに会いに行き、事情を尋ねた。つい先日マイケルがマリクに会いに行ったことは知っているが、内容までは分からないらしい。

ステファンの上司マーカスは、上官のエレノアが残業しているのを見つけ話を聞いた。
マリクを追い詰めたいが、追い詰めるだけの証拠が見つからないまま、時間だけが過ぎていく。

ステファンはアラッシュとともにマリクのオフィスを訪ね、マイケルが何の用事で会いに来たのかと尋ねたが彼は答えを濁した。
ステファンの顔に見覚えがあったマリクは、彼の身辺を洗うよう部下に指示を出す。

ステファンとアラッシュはその後、リサに会いに行き、マイケルのことを尋ねるが、怪しい証言は得られない。
その帰り道、リサのオフィスの近くにとまっている車に乗っていた男二人組を見て、アラッシュはあることに気づく。
「あれは、マイケルの家の監視カメラに映っていた男だ」
その男たちの車に、リサが乗り込み、高級ホテルへと向かった。
ステファンとアラッシュが追いかけると、そこではクマラと密会するリサの姿があった。

二人は捜査とは言わず、ホテルマンをうまく口車に乗せてクマラの部屋に入りステファンが彼のPCに侵入しようとするが、PASSが解けない。
部屋の不穏な動きに気づいたクマラは部下たちを部屋に急行させ、それに気づいた二人は急いで逃亡する。
ホテルのバックヤードで逃走劇を繰り広げ、駐車場で銃を乱射されつつも何とか逃げ延びる二人。
最後に彼らを救ったのは、謎の男が乗る一台の車だった。彼らはリサを捜査していた謎の男。彼はテロ対策部のメンバーだったが、アラッシュとステファンは正体を明かしたものの、自らの身分を明かさなかった。

クマラからの通報で警察内は大騒ぎに。しかしアラッシュは上司からの連絡を無視した。
そこへマリクが現れ、家へと招かれる。彼の要求はシンプルだった。
「マイケルの死の鍵を握っているかもしれない、彼から預かったフラッシュメモリーを渡す代わりにSFOに押収されたDVDを返してほしい」
その日の夜、ステファンはオフィスへ向かい、マリクから指示されたDVDを確認していた。その映像はただのリゾートでの写真だけ。
そこへ上司のエレノアが現れ何をしているのかと聞かれる。ステファンはすべてを話し、このDVDに何が隠されているのかを考える。
するとパッケージが二重底になっていて、その中には「ロルカ」のパスポートが入っていた。
彼が探していたのはそのパスポートで、マリク自身がロルカだったのだ。
エレノアとステファンは大喜び。
「彼は実体のない詐欺師を演じていたのね」
ようやく逮捕の足掛かりが掴め、ステファンは何食わぬ顔でマリクに会いに行き、DVDを返却。
代わりにフラッシュメモリーを預かり、退散する。マリクはパスポートがないことに気づいたが、時すでに遅しで、SFOと警察が彼を逮捕しに押し寄せていた。

アリソンの協力でフラッシュメモリーの中身を確認すると、リサは寄付金を架空の会社に横流ししsて不正に利益を得ていたことが判明する。
一方、テロ対策室の男たちは、マイケルの死の捜査の中でクマラに近づいたステファンとアラッシュを捜査妨害する輩とにらんでいた。そのためクマラの一味に襲われても助けずに見殺しにすべきだと考えた。

リサはクマラと一緒になるため、ポールと暮らした家を出ていくことを決意する。
「クマラはアフリカを変える男よ。義援金に頼らず、自らの力で国を変えようとしている。私もついていく」
そういう彼女にポールはマイケルの死の真相を語り始める。
「君が、マイケルを殺したも同然だ」
クマラの一味がマイケルを襲い、そしてリサが医療事故に見せかけて殺したのだとポールは断罪。しかしリサは聞く耳を持たないまま、家を出て行こうとする。
そこへクマラの迎えが来ていた。リサの目の前で、ポールはクマラの手下に刺される。

アラッシュとステファンが彼の家の近くまで来ていた。出ていく車を目撃し、ポールの状況を確認したあと、クマラ達を追いかけるアラッシュ。
港近くで銃撃されて横転した車に閉じこめられた二人。シートベルトがなかなか外れず脱出できない状況で、クマラの部下が漏れたガソリンにライターで火を点けた。
焦る二人。なんとかギリギリで脱出し、逃げる彼らの後ろで車は大爆発した。
警察への通報で、クマラ達は逮捕されて事件は一件落着。
クマラがクーデターを起こそうとしていることを察知したMI5が彼を監視し、テロ対策室も連動していたことが後で判明する。

ステファンとアラッシュはギリギリのところで命拾いしたものの、新居申し込みの面接の約束があることを思い出し、ぼろぼろの服装のまま、面接会場まで走った。
血だらけ汗だらけ、ガソリンの臭いのする二人に驚く面接官たち。さすがに今回は落選しただろうと考えた二人だったが、なぜが入居者面接に合格する。
不思議がる二人だったが、その話には裏があった。そのマンションのオーナーは、マリクだったのだ。
詐欺で逮捕されたものの、一時釈放されたマリクは、監視するのにちょうどいいと、彼らを自分の部屋に住まわせる決断をしたのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

は~終わっちゃいました。予想が大外れで、二人は新居を見つけましたねw(そこかよ)

感想は何を書こうかな。
クマラの理論は分からないでもないですけどね。義援金に頼らない体制づくりっていうのは。
クーデターを起こすために、邪魔な奴らを殺していたと言うことでしょうか?
リサが6つのダミー会社を作って不正経理をしていたことがわかりましたが、そのお金はどうなっていたんだろうかね?リサの懐に戻っていたの?
それもクマラに流れていた?からマイケルを口封じのために殺したんでしょうか。
前回サラっと流してしまったけど、マイケルとアレックスは同性カップルなんですよね。しかも結婚しているっぽかったなあ。アレックス役の男性はかっこよかったです。

いや~それにしてもマリクのおっさん、もっと策士なのかと思っていたんですけど、DVDを返してほしいっていう単刀直入な要求は笑いましたね。
そりゃあ「なんでDVD返してほしいんや?」と思って調べられるだろうよww
結局巨額の詐欺をしていたけれど保釈金を払って自由の身になったということかしら?ステファンとアラッシュを監視する、みたいな意味深な言葉を残していましたけれど、どうなるのやら。

このエピソードでこのドラマは終わりですが、まだ続きがありそうな感じでしたね。
最後の最後、アラッシュとステファンそれぞれの上司が登場しました。
アラッシュの上司、サンズ部長刑事とヘイウッド警部はパブでアラッシュの処遇について話をしていました。
なんだかんだで試用期間中にいくつも事件を解決し、サンズ部長刑事もぶつぶつと文句を言う割には、その頭脳を認めていましたからね。いよいよ刑事になれそうです。
さらにステファンの上司、エレノアとマーカスも、ステファンのことを気にしつつも見守っていこう!みたいな空気になっていました。
不思議なラストシーンでしたね。取って付けたような挿入でしたが、まあこれはこれでよかったんでしょう。
二人の若者の未来は明るい!みたいな感じですかね。続編はあるのかな?

このドラマ全体の感想になりますが、このドラマのミソはタイトルなのかなと思います。
「New Blood」ってのが原題でした。邦題では「新米捜査官の~」という副題がつきます。
最初の事件の時に頻繁に触れられていましたが、ステファンもアラッシュも、生粋のイギリス人ではないんですよね。
ステファンはポーランド系、アラッシュはどこだっけ?サウジアラビア?だったけ?アラブ系で、そのことで悩むような描写がありました。居場所のなさと言いますが、居心地の悪さを感じているようなこともあったように思います。特にアラッシュの方は。
たぶんそれって今のイギリスの潮流?を反映しているんじゃないかなと思うのですが、どうなのでしょう。
だから、このドラマのタイトルが「New Blood」だったんじゃないのかなあ?と思っています。そういう部分を描こうとしていたのではないかと思うのですが、イマイチ最後の方はその要素もなくなっていました。

日本語の副題も「新米捜査官の事件ファイル」ってのが、何か2Hサスペンスみたいで、イメージに合わなかったのもあるかなあ。
NewBloodというタイトルが「新米捜査官」に引っ張られて、なんかかすんでいたように思います。
事件の流れやスタイリッシュな映像、そして謎解きも面白かったし、ドラマとしては凄く面白かったし「違う組織の若い二人」がタッグを組んで事件を解決するという設定もよかった。
二人は、友達とまでもいかないし、腐れ縁でもないし、ライバルってほどもない。ちょっと中途半端な関係性のまま終わってしまったのが、残念だなあと思ってしまうラストでした。

これでシーズン2があったら、もっとこの作品に深みが出るんじゃないかと思うのですが、今のところ予定はなさそうです。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.