FC2ブログ

刑事コロンボS4E5【ビデオテープの証言】

シーズン4エピソード5【ビデオテープの証言】のあらすじ&最後までのネタバレです。

コロンボの犯人役の人は、印象として「ギラギラ」しているイメージがあります。
傲慢だとか、高飛車だとか、自信過剰だとか、なんといいますが、圧を感じる俳優さんが多い気がするんですけれど、今回の犯人役の方は、たれ目だからなのか、顔色が何となく悪く見えるからなのか、
とにかく覇気がないように感じました。

===

電子機器企業の社長をしているハロルドはとその家族が住む邸宅には、彼の趣味で開発したハイテク機器がたくさん据え付けられていた。
ハロルドは会長である義母から業績悪化の責任を取るように言われ、さらに女性関係まで調べ上げられて、社長を辞するように宣告された。
それに立腹したハロルドは、強盗が侵入したかのように見せかけて義母を銃殺。さらにハイテク機械を使って自らの罪を隠蔽しようと考えた。

通報を受けて駆け付けたコロンボは全自動のカメラや、音に反応する自動開閉扉などのハイテク機器まみれに家に感銘を受ける。
ハロルドが外出から戻ってきて、事件現場の金庫のある部屋のカメラ映像を見せてもらうことにしたコロンボ。
体温や音を感知すると自動的にカメラが作動するらしく、窓辺の植木鉢が倒れたあたりから録画が始まっていた。
そして被害者が映り、銃声が響くが、そこに犯人の姿は映っていない。ハロルドは死角に入っていたのだろうと説明した。
コロンボはその映像を持って帰ることにする。

門の護衛に話を聞くと、ハロルドはその夜九時過ぎに外出をしていた記録が残っていた。
いつもなら出入りの記録を警備員自ら行っているが、その時は、ハロルドが急いでいたらしく、ハロルド自ら雑誌の切れ端に行き先を書いて手渡してきた。
いつもと違う行動をとるハロルドがコロンボは気になり始める。

翌朝、コロンボは現場検証の結果を確認するためにハロルド邸へと向かった。
強盗は何も盗まなかったものの、庭先から侵入し、同じ場所から逃げたと記載されていた。コロンボはその侵入経路を調べてみた。
土が乾かないように保護剤が撒かれていたが、もしそこから犯人が侵入したのなら、保護剤が靴の裏についていたはずで、それで室内の床も汚れたはずだとコロンボは考える。
さらに、同じ場所から退散したのなら、室内から逃げ出した時に飛び降りて、土のくぼみが深くなるはずではないかと推理したが、状況はそれに合致しない。

ハロルドが外出したあとで、コロンボは妻のエリザベスに話を聞いたコロンボ。
彼女は足が悪く、車いす生活をしていた。彼女に事件の合った昨晩の話を聞くと、駛馬に眠りに就いた後、一度物音を聞いた気がして目覚めたが、また眠ったという。
目が覚めた時、母に内線を掛けたがつながらず、書斎に居る夫に電話をすると、物音はしていないと言われたため勘違いだろうと思ったらしい。その時刻は九時少し前だった。

コロンボはそのあと、ハロルドが昨晩向かったという画廊を訪れた。全く理解できない芸術に高値がついていることに驚くコロンボ。
コロンボは自ら殺人事件の捜査でやって来たことを伝え、昨晩ハロルドが確かにここに来たかを確かめた。
受付嬢と画商はそろって彼の訪問を証言し。コロンボはそのまま退散する。

部下の巡査を伴って、コロンボはその日の夜にハロルド邸宅を再訪した。
妻のエリザベスが聞いたという物音を再現する実験のためだった。
ハロルドはちょうどエリザベスに役員会議の委任状にサインを指せようとしているところだった。
経営に参画したい旨を伝えるエリザベスに対し、ハロルドは「何も経営のことが分かっていない君は入らない方がいい」と退けた。
コロンボはエリザベスに協力してもらって、発砲音を再現して、事件当夜と同じかと確かめてもらった。
それを見ていたハロルドは憤慨。妻の勘違いで、記憶もあいまいだと声を荒げる。
「いやね、門の護衛の警備員によると、事件があったのは九時半ごろだというんです。ですが、奥様の聞いた音が銃声なら、事件が起きたのは九時過ぎ。あなたがまだこの家に居た時間になるんです」

エリザベスの寝室に向かったコロンボたちは、当夜のことを再現していく。
「あなたは、音を聞いた気がして身体を起こした。足元にはガウン。椅子にはピエロのぬいぐるみが見えたと言いましたね。
ですが、寝室の扉がもし締まっていたら、廊下の明かりが室内に入ってこないので、ピエロは見えないんです」
つまり、エリザベスがピエロのぬいぐるみを見たということは、廊下へ通じる寝室のドアがあいたことになる。とすれば、屋敷中に響く大きな音が鳴って、音に反応する寝室の扉が開いたことになり、エリザベスが聞いた物音は勘違いではないのだとコロンボは証明して見せた。
しかしハロルドは、「ハイテク機器にも、誤作動を起こす可能性はあるためそれは証明できない」と反論する。

コロンボはハロルドが犯人であることを証明するために、彼から預かった事件当夜のビデオテープを解析することにする。
義母が殺された瞬間が映された映像と、警備員が見ていたビデオカメラの映像を同時に流して、何か不審な点がないかと目を凝らすコロンボ。
コロンボの推理では、ハロルドが、犯行時間を誤魔化すために犯行を録画した映像を優先で守衛室のカメラに流して、アリバイを作ろうとしたのではないかと考えていた。

その夜、コロンボはその映像を持ってハロルドの家に向かった。
「この2本のテープを流して違いを確認しましょう」
コロンボは義母が倒れている映像のある部分を拡大していく。そこにはハロルドが当夜に行ったという画廊の招待状が映っていた。
「これが映っているということは、お義母さんが亡くなった時、まだあなたはこの屋敷に居たということになるんですよ」
それを聞いたハロルドは最後の抵抗をするが、コロンボは警官を呼んだ。それを制止し、ハロルドは自らの脚で連行されていく。

自分の夫が母を殺した事実を受け入れられないエリザベスは、嗚咽するのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コロンボの「?」①
いつもと違うハロルドの行動。そういうおかしな行動をとると、コロンボに目をつけられてしまうぞ~!

コロンボの「?」②
庭の土。庭から侵入したにもかかわらず室内に土が残っていないのは確かに不思議。靴を脱いで侵入したのでは?とハロルドが言って、コロンボも納得していたような反応をしていましたが、絶対聞き入れてなかったですよね。

コロンボの「?」③
銃声で開く扉。ピエロが見えた寝室?
これは面白いなあと思いました。犯人が絶対に気づけない落とし穴ですよね。それにしても寝室にピエロのぬいぐるみは怖いので置きたくないですね。

コロンボの「?」④
ビデオテープに隠された証拠。
不鮮明な映像に思えましたが、拡大できるものなんだなあ。

物音で寝室の扉があいたくだりで、「あれは誤作動という可能性もある」といったハロルドですが、まあ確かに機械に完全というものはないと思っているんですけれど、かなり苦しい言い訳に聞こえてしまいましたね。
監視カメラの映像を誤魔化すっていうのは、なんか「スピード」を思い出しました。何作目だったかな、バスに爆弾が仕掛けられている云々の話だった奴。
あれは犯人の目を誤魔化して脱出時間を稼ぐために、録画した映像を何度もループ再生していました。
乗客のうちの一人がカバンの一をずらしたがために、トリックがバレてしまいましたが(ギリで間に合ったけど)
今回のハロルドも、めっちゃいい感じのトリックを思いついた(死角から狙撃する&録画テープで犯行時間を誤魔化す、など)のだから、もう少し頑張ったら完全犯罪だったかもしれないですね。

エリザベスさんはとてもきれいな女性でした。車いす生活を余儀なくされているということもあって、ハロルドは超過保護な接し方をしていましたけど、あれは愛情じゃなかったんですね。
エリザベスが自分の経営に参画したいと申し出た時の態度が全然愛情を感じませんでした(そのわりにはめっちゃチュッチュしてる)。
自分の檻の中に閉じ込めておきたかったのか~それでもエリザベスは最後まで彼を信じていたし、だからこそ彼が連行されていった時に泣いちゃったんだろうなあ。
あまりラストシーンで号泣している人を見たことがなかったので(もしかして初めてかな?)、2Hサスペンスみたいだなと思いました。
エリザベスさん自体、そんな感情的な人のように描かれていなかった気がするので、ますます意外に思えました。

あと面白かったシーン。画廊に行ったコロンボが、画商さんに芸術作品の説明をしてもらうんですが、「芸術作品は考えるのではなく感じるものですよ」と言われていました。ブルースリーみたいでしたね。
しかもコロンボは「何にも感じない」と正直に言っちゃうところがいいですねw
そして、いろいろと作品を見ているうちに、換気口をも作品だと思ってしまって「これは何?」と聞いちゃうのが爆笑でしたw画商も「……え笑。換気口です」と答えて、ぐふふとなりました。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.