FC2ブログ

SUPERNATURAL S9E23【奇跡を信じる者たち】

シーズン9エピソード23【奇跡を信じる者たち】のあらすじ&最後までのネタバレです。

さて、シーズン9の最終話へとたどり着きました。シーズン9にどんな出来ごとがあったのか、間隔を空けて観てしまったためぼんやりとしているのですが、今回のラストのメインは天界のようですね。
ガドリエルは味方?ディーンはどうなるの?

===

ディーンの暴走を止めるため、いったん地下室に閉じ込めることにしたサムとキャス。
メタトロンを倒すために方法を考えなければと、ガドリエルに協力を求めることにしたが、少し目を離した隙にすきに彼は姿を眩ましていた。

メタトロンは自らを神と呼び、仲間となった天使に感謝の放送をする。
「私はしばらく留守にするが、天界は光り輝いている」
その声は、瀕死のガドリエルやキャスにも届いていた。ガドリエルを癒したキャスは協力を求めた。

ディーンは一人で閉じ込められていたが、咳き込むと突然吐血してしまう。自分に何が起こっているのか分からず、まじないでクラウリーを呼び出した。
「興奮状態が続き、我慢すると反吐が出る」
それを聞いて、クラウリーはそれは刻印のせいだと言った。
「刻印がお前を苦しめている。殺しをしなければ、その欲求に耐えられなくなり、いずれは死ぬだろう」
それを聞いたディーンは刻印を取るように迫るが、メタトロンを殺すまではできないと思いとどまり、クラウリーの協力を得て地下室を脱出。隠してあった元始の剣を持って姿を消した。

賢人の館に戻ってきたサム、キャス、ガドリエルはそれに気づく。
ディーンがカインの刻印を持っていることをしったガドリエルは、メタトロンを殺すのに十分武器になり得ると言った。サムは兄を兵器のようにいうなと言うが、ガドリエルとキャスは自分たちがフォローすると言う。
「メタトロンは、天使の石板と自分を紐づけて、神になろうとしている。それを引きちぎれば、彼の効力は消え、一端の天使になるだけだ」
天使の石板はメタトロンの書斎に有ると聞き、キャスとガドリエルは結託して天界へと向かった。

一方、ディーンとクラウリーはメタトロンの行方を探す。血の気の多いディーンを心配するクラウリーはすっかり人間のようになっていた。
そこへ、クラウリーの手下が情報を持って現れる。なんとメタトロンは人間のマーブという男のふりをして、街中で奇跡を起こし話題になっていた。
交通事故で瀕死の女性を助け、彼女に何かささやいている現場がネットで拡散されていたのだ。
助けられた女性の家へと向かったディーンとクラウリーだが、そこでサムが待っていた。
キャスとガドリエルは、メタトロンを倒すために天界へ向かったこと。メタトロンを倒すためには元始の剣とカインの刻印が必要なことを告げ、協力しようと提案するサムにディーンも頷いた。
その様子を見ていたクラウリーはいつまで喧嘩しているんだと言い出すが、兄弟が結託することを決めた以上、クラウリーは用なしとなり姿を消してしまう。

天界へと潜入したガドリエルとキャスだったが、メタトロンの手下によって牢獄へと入れられてしまう。すべてはメタトロンの筋書き通りだった。
自らの汚名をそそぎたかったとガドリエルは言った。
「天使は本来、人間のために存在すべきだった。それをおごり高ぶり、ないがしろにした」
ガドリエルは、キャスに壁の方へ逃げるように言い、自らの名を高らかに叫びながら自爆した。牢屋はめちゃくちゃに壊れ、キャスは脱出することに成功する。

メタトロンはホームレスのふりをして野営していると判明し、ディーンとサムはそこへ向かう。
しかしディーンは自らの手で決着をつけるため、サムを殴って気絶させ、一人でメタトロンの元へ。
元始の剣を手に襲い掛かるが、天使の石板の力を受けたメタトロンの抵抗はすさまじく、劣勢に。
そしてサムが現場に駆け付けると目の前で、ディーンはメタトロンに最後の一撃を食らったところだった。

瀕死のディーンに駆け寄るサム。メタトロンは天界に引き返し、キャスと対面した。
天使の石板を粉々にしたキャスを責めるメタトロン。彼はディーンが死んだことを告げた。メタトロンはキャスを手錠で繋ぎ、殺そうとする。
「ゴミ天使たちは今すぐ地上へ落としてやる。人間の恥辱と排せつ物にまみれた世界へな」
メタトロンの目的は自ら神となり、崇められることであり、天使を天界に戻すつもりなどなかった。

しかし、キャスの方が一枚上手だった。キャスはメタトロンの本当の姿を手下に伝えるために、わざと天界のラジオをオンにして放送。それを聞いていた天使はキャスの味方に寝返り、メタトロンを拘束。
メタトロンを殺すことはせず、牢屋へ閉じ込めたキャス。仲間の天使は、キャスの恩寵が残り少ないことを心配する。

ディーンを必死に助けようとするサム。しかしディーンにはもう気力が残っていなかった。
「なあサム。最後に言っておきたい。俺たちを誇りに思うよ」
そう言い残して、ディーンはサムの腕の中で息絶えた。

賢人の館へと戻ってきたサムは、ディーンの遺体をベッドに寝かせて、クラウリーを呼び出した。
クラウリーはサムの前ではなく、あえてディーンの前に姿を現し、動かないディーンに向かって語り掛ける。
「お前の弟は、俺を呼び出した。いつものお決まりのパターンさ。
信じてくれないかもしれないが、お前が刻印を引きついだ時、まさかお前が死ぬとまでは思っていなかった。一度だってそれは嘘とついていない。
しかしカインについて伝えてなかったことがある。カインは刻印の力で殺人をするくらいなら、自死を望んだ。だが、刻印を着けたものは解放されないって噂がある。
その噂は信じてなかったが、お前に呼び出された時、信じてみようと思った」
クラウリーはそう言って、元始の剣をディーンに握らせた。

「ディーン。お前がさまよっているのは死の際ではない。俺と同じ世界を見ろ。お前の好きなように生きてみろ」
そう強く声を掛けると、ディーンの目は大きく開いた。
その目は、悪魔と同じ目だった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ほわ~~~~
何と言いますか、やっぱりスパナチュ面白いですね……途中だるくなることもあるんですけど、この終わり方は思わずうなっちまう。
正直「もういいかな」って思う時もありつつ、またぐだぐだかよって思うんですけど、「え、どうなるん?」って進んでしまう。
次のシーズンもすぐに見たくなってしまうやん!!!

と言うわけでシーズンの総括。
今シーズンのMVPはガドリエルとクラウリーかな。

ガドリエルは、最初優しい天使かと思っていましたが(実際にいい奴)、メタトロンにそそのかされて暴走。サムの中から頑なに出て行こうとしなかったり、ケビンを殺したり……
物語を引っ掻き回していたけれど、最後のあたりはつらかったなあ。メタトロンにこき使われて、くやしさのにじむ表情が印象的。
最後の最後で、天使としての本分を思い出して自害したことで、彼は汚名を灌げたかな。

クラウリーのキャラクターもよかった。今までは彼がイヤミ役を一手に引き受けていたわけですけれど、今回はその役をメタトロンに引き継いだ形になり、人間味あふれる発言が多かったですね。
泣いたり笑ったり、ディーンを気遣ったり、いいエッセンスでした。カインの刻印という両刃の剣を与えたわけですが、ディーンのマブダチ感はありましたよね。
それが策略にのっとった行動なのかは分からないんですけど、最後、ディーンの亡骸に語り掛ける言葉の優しさ?は人間ぽかったけどなあ。

でも、結局のところ、目覚めたディーンは「悪魔」になったわけですよね。
最強の武器を持った、最強の男が、悪魔として再び世界に降り立ったわけですから……これはクラウリー、謀ったな……!と思わざるを得ないですね。
でも自分のことをも殺す武器を持つディーンを、クラウリーはどうするんだろうか。

シーズン9はなんと半年かけて視聴していました。シーズン8の倍もかかってます。
刑事・ミステリードラマに時間を多く使っていましたな。
天使が天界から落ちたことに始まりから、天使の石板の解読と、サムを救うために現れたエゼキエル(ガドリエル)という天使、そしてケビンの死。
チャーリーがオズの世界に行ったり、ゴーストフェイサーズの仲たがいを仲裁したり、新しい家族を手に入れたガースと再会したり。
なにより、カインの登場と、刻印の引継ぎ。アバドンの脅威のあっさりとした終焉……
ラスト二話だけで怒涛の勢い過ぎて、途中のエピソードはブログを振り返って思い出しましたw

シーズン10もシーズン9同様にゆったり視聴になるかと思いますが、続きが楽しみですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.