FC2ブログ

SUPERNATURAL S2E12【再戦】

SPNシーズン2エピソード12【再戦】のあらすじ&最後までのネタバレです。
ディーンとサムはは再びあの敵と対峙することになるようです!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
幼きころに、この世のものではない者に母親を殺された
ディーンとサムのウィンチェスター兄弟
父の失踪、恋人の死などを乗り越え、たまに喧嘩しつつも
悪魔狩りをする兄弟のロードムービー的ドラマ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

物語のはじまりはウィスコンシン州ミルウォーキーから。
ディーンとサムはとある宝石強盗の事件について調査をしていた。
宝石店に勤めるヘレナという女性が閉店後に侵入して宝石を強奪、捕まえようとした警備員を殺したあとで、自殺してしまったという事件だったが・・
話を聞くとヘレナは勤勉で素行もよく、盗みをするような予兆は何もなかったらしい。従業員たちの信頼も厚く、彼女が犯人だとは考えられないと証言する者もいた。
さらに信じられないことに盗んだ宝石は彼女の手元にはなく、どこかに廃棄して自殺したというのだ。

監視カメラの映像は既に警察に回収されており、二人は見ることができなかった。
同様の事件が宝石店のすぐ近くにある銀行でも発生していた。勤勉な出納係が現金を盗み出し、自殺してしまったという。
二人はFBIのふりをして、その銀行で警備員をしていたロナルドという男を訪ねる。

彼はこっそりと監視カメラの映像をコピーしていた。その映像を確認していると、彼はある場面で映像を止めた。出納係がカメラに映った瞬間、その目が白く光っていたのだ。
ロナルドは、彼が人工的につくられたアンドロイドだったはずだと推測を言うが、二人は彼の主張があながち間違っていないことに気づく。その正体は、以前(S1E6【もう一人の自分】)にも対峙たことのある「シャイプシフター」に違いなかった。
さらにロナルドは独自に調査を進め、宝石店と銀行が一つの下水道で繋がっていることを突き止めており、そこをねぐらにしてそのアンドロイドは犯行を繰り返しているとサムたちに伝える。

サムは彼の言うことを信じたが、危険に巻き込むわけにはいかないと「そんなものは作り話だ」と取り合わない。
そして彼のコピーしていた監視カメラ映像を持ち帰り、モーテルへと戻ってくる。
ディーン「さすがに監視カメラの映像まで押収するのはかわいそうだったぞ」
サム「でも、彼はハンターじゃない。巻き込むのはかわいそうだ」
ディーン「まあそうだな。しかし、ロナルドの推理はよかった。確かに下水道で二つの事件現場は繋がっているし、もう一軒、銀行がある・・」

二人は翌日さっそく、もう一軒の銀行へと向かう。セキュリティ会社の人間を装い、監視カメラの映像をチェックしていると、一人の銀行員の目が光っていることに気づく。
その人物を捕らえに行こうと立ち上がるともう一人、招かれざる客がカメラに映った。そこに居たのは、ロナルドだった。
彼は行内で銃を発砲する。銀行強盗かと周囲は騒ぐが、彼にそんなつもりは毛頭なく、危険からみんなを遠ざけるために銀行へとやってきていた。
しかしそんな真意を誰も理解するはずはなかった。

ロナルドを止めようと、ディーンとサムは彼に立ち塞がるが一向に言うことを聞かない。
そしてディーンが自らロナルドの銃の前にたち交渉を始める。彼と協力しながら、シェイプシフターを退治しようと考えたのだ。
全員を金庫へと閉じ込めたロナルドは、ディーン一人を連れてアンドロイドを捕まえに向かうが・・奥の部屋でカメラで発見したシェイプシフターに乗り移られた男の抜け殻を発見する。
ロナルドに「シェイプシフター」の存在を伝えたディーンは、すでにほかの人間に姿を変えているから早く捜さなければ犠牲者が増えると警告する。

一方で、外では銀行強盗が発生したとして警察が大挙していた。特殊部隊のSWATまでが動員されて物々しい状態に。
銀行の電気は切られ、周囲は包囲される。監視カメラも動かなくなり、シェイプシフターを見分ける方法を失ってしまったディーンとロナルド。
他に方法がなくなり、サムも仲間に引き入れて三人でシェイプシフターを追い詰めることにする。

サムはロナルドと共に人質のそばで見張りをすることになるが、人質の老人が体調を崩し、外へ出たいと言い出す。
しかしシェイプシフターかを見分けることが出来ずに何も手出しができない。
ディーンは一人、行内を探索し、そこで人質の一人だった黒人の男の遺体を発見する。その男にシェイプシフターが乗り移っているとサムに言い、何とか老人の命は助かるが・・シェイプシフターは自分が見破られたと気づき、逃亡してしまう。

再び手がかりが無くなってしまったディーンたち。すると、人質の老人を外へ出そうと移動していたロナルドがSWATに狙撃されて死んでしまう。
残されたディーンとサムは二人でシェイプシフターの行方を探す。SWATは既に銀行へと突入してきていた。

ディーンとサムは二手に分かれてシェイプシフターを探す。するとサムがまたしても抜け殻を見つける。そしてサムは女性の遺体を見つけ、その女性に成りすませたシェイプシフターを捕まえるが、自分の遺体と対面した女性は失神してしまう。
迷わずナイフを突き刺そうとするディーン。しかしサムがそれを止める。
サム「ちょっと待って。自分の遺体を見て失神するなんて、シェイプシフターがそんなことするか?」
その一言で刺すのと止めたディーン。すると遺体が突然動きだしディーンに襲いかかる。シェイプシフターは遺体に化けていたのだ。

シェイプシフターとの長い格闘、そしてSWATからは逃げなければならないという究極の状態をも潜り抜けで無事シェイプシフターを退治した二人は、最後にはSWATを捕らえて服をはぎ取り、SWATに成りすまして現場から脱出する。
自らのやってのけた行動のすごさに、言葉を失う二人だった・・

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

なんかもう、ディーンとサムの身体能力の高さに驚きいりました・・なんだ化けモンじゃねえか(褒め言葉)
にしても、今回も相変わらず「シェイプシフター」の目的が謎・・誰かに特定の恨みがあるわけではなくて、人間を困らせることが目的なの?
それとも他人の人生をちょっとでも生きてみたいってこと?(多分違う)
にしても気持ち悪い、ぬるぬる・・・

今回ロナルドという協力者もあって無事に退治することができましたが、彼の末路は可哀想ですね。死んでしまうとは・・
しかも銀行強盗としても汚名もそのままだというね。うーん、ちょっと悲しいわ

そして、今回FBI(SWAT)の指揮をとっていたヘンリクセン?という黒人の男の人。なんだか曲者っぽい感じでした。
これからも出てきそうな予感ですね。

ともあれ、SWATさえもねじ伏せたとんでもない二人。
とうとう二人ともガチでお尋ね者になってしまいましたが、これからどうなるのか(どう生活していくかも含めて)楽しみです。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.