fc2ブログ

ダークハート猟奇殺人捜査班S1E1【見えない犯人】※前後編

シーズン1エピソード1【見えない犯人】のあらすじ&最後までのネタバレです。

今日から新しいドラマです。ずっと気になっていたこのドラマ。
録画したくせに全然見ないままに時間が経ってしまいました。
あまりグロは得意ではないですが、面白いならどんとこい!というわけで前後編、あらすじはまとめて書きます。


===

<前編>
若くして警部補に抜擢されたウィルは、ワーカホリックな刑事だった。
事件解決に心血を注ぐ彼には、16歳の時、何者かに両親を惨殺されるという過去があった。
さらにその事件は未解決のままということも、彼に暗い影を落としていた。
そんな彼は、猟奇殺人の捜査班を率いることになる。

団地の一室で、男が惨殺された。
名前はレイ・コリンズ。二年前に逮捕歴があった。
虐待による逮捕だったが、証拠不十分で釈放。しかし周囲にそれが知られており嫌がらせなどを受けていた。
死因は、局部切断などによるショックでの心停止と見られた。
捜査員の中には彼の死を「仕方がない」とする者も居たが、ウィルは一喝し、捜査を指揮する。

コリンズの妻デビーに話を聞きに行く。
元夫の死に対し「安心した」と答えた。彼女にはアリバイがなく、警察は彼女に詳しい事情を聞くことにする。

コリンズ自身も幼いころにアルコール依存症の父から虐待を受けており、それが原因でアルコール恐怖症になっていた。
そんな彼が、死ぬ前に大量の酒を飲まされていたことから、彼の「アルコール恐怖症」を知っていた人物が犯人ではないかとウィルは考える。

デビーの聴取が行われた。
娘たち二人は家を空けがちで、父親からされた虐待もありグレてしまったらしい。
デビー自身もアルコール依存のような状態で、家族に向き合えていないと吐露した。
コリンズのことを憎む気持ちはたしかにあったが、殺すことはできなかったと言い、「傷(スカー)が癒えない」が今はこの気持ちを乗り越えて生きていきたいと語った。

ウィルは部下たちと捜査を始めるが、まもなく傷害事件が発生。
残虐な手口は殺人と類似しており、被害者には「小児性愛者」という共通点があった。
二人目の被害者はガイ・ドーリッシュ。
彼もまた逮捕されたが、証拠不十分で不起訴となっていた。
被害に遭ったのはサリーという少女。彼女に会いに行くと、彼女の母親はどこかへ出て行ってしまったと言う。
ドーリッシュからどんなことをされたのか、ウィルは彼女に訊いた。
そして彼のした仕打ちに対し「どんなこと(復讐)を考えようと、それを責めるつもりはない」とウィルがサリーに言葉を掛けた。

部下の調べで、ジョンという男も半年ほど前に襲われていることは分かる。
その事件を担当した刑事に話を聞くと、ジョンが逮捕された児童虐待事件を担当していたのがジェソップというウィルの元上司だと判明。
ちなみにジョンの暴行事件ではニコという男が逮捕されて、現在服役中だった。

サリーの母親に会いに行ったウィル。彼女はドビーと同じ「消えない傷」という言葉を発していた。
そのことが気になったウィルは、虐待の被害者たちが繋がっているのではないかと考える。

ウィルは部下と共にニコに会いに行く。
ウィルは彼の調書を読んだが、彼の体格では、大柄なジョンを襲うことはできないのではないかと考えていた。
誰かのために自白したのではと思うが、その人物が分からない。

ウィルは元恋人のシルヴィに電話した。
間もなく、両親の事故の日(命日?時効になった日?)がやってくる。姉は両親の死から立ち直ろうともがいており、そんな大切な日を忘れていた。
それが気に食わなかったウィルは姉を詰った。シルヴィにそんな自分への苛立ちや失望を吐露するのだった。


<後編>

ウィルは元上司ジェソップに会いに行き、ジョンを不起訴にしたこと、そしてニコの自白について意見を聞いた。
ニコが実行犯には思えないと率直に意見を言うが、ジェソップは「娘を穢された家族の怒りだ」と言ってウィルを黙らせた。

ニコの妻に会うために家へと向かったウィルは、彼女がまだ帰宅していないことを知り、家に侵入。
パソコンのデータを抜き取って警察署へと戻った。
部下のジョシーにUSBに入れたデータを探ってもらうと、その中にデビーとのつながりを見つけた。

ウィルは検察に話を聞きに行った。それぞれの事件がなぜ証拠不十分で不起訴になったのか理由を尋ねると、証拠不十分ではなかったという意外な返事があった。
「両親が証言を拒否したから、起訴できなかった」
その言葉に、ウィルは被害者両親が結託して真犯人を自ら罰しようとしていたのではないか、と考える。

ウィルはニコの妻グレタに会い、デビーとの関りを尋ねた。
彼女たちは「虐待被害者の会」というサークルで出会っていたが、主宰者は不明で、そこまで親しくないと供述。
デビーもまた同じように答え、ウィルは彼女たちが口裏を合わせているのだろうと判断し、崩しにかかるが、彼女たちはそれ以上の証言をしなかった。

「被害者の会」を調べるが、主宰者は明らかな偽名。
ただ彼らが使っていたビルの管理人がたまたま古い書類を残しており、ウィルと部下のデイヴは中身を確認した。
すると落書きが混ざっており、その紙が警察関係者しか出せない書類の裏紙だと判明。
関係者に内通者が居るのではないかとウィルは推理する。

その時、ニコが自殺を図ったと連絡が入り、ジェソップに会いに行ったことがニコに伝わって、彼が自殺未遂を起こしたのではないかとウィルは考えた。
しかしニコは何も語ろうとはしなかった。
警察へと戻ってきたウィルは、書類を調べたデイヴからマークという男が起こした事件について知らされる。
マークは他の被害者同様、児童虐待の疑いがありながら不起訴になって釈放されていた。
次の被害者は彼ではないかと考え、彼の行方を捜索することに。

ウィルが帰宅すると、姉が彼氏と再婚すると言い出した。
相手のパウロのことを良く思っていなかったウィルだったが、それが彼女の希望ならばと祝福する。
しかし釈然とせずにいたところへ、元恋人のシルヴィから電話が掛かってきて彼女の元へ。
熱い夜を過ごした後で、彼女からジェソップについて話を聞いた。
シルヴィはジェソップが検察官と浮気をしていたと言い、それが原因で妻が出て行ったことを知らされる。

それを聞いたウィルは急いでジェソップに会いに行くが、ジェソップはウィルを気絶させて逃亡。
翌朝電話が鳴り、部下からジェソップが犯行を自供した手紙を置いて逃亡したことを聞かされる。
ジェソップの行動が、マーク捜索の手を緩めさせるための罠ではないかとウィルは疑った。
さらにデイヴが調べていた「被害者の会」の名簿に見慣れた名前を発見した。
それは同僚のリックだった。彼と妻の名前を名簿に見つけ、ウィルは他の部下には内緒で彼に電話を掛けた。
リックはウィルが自分の素性に気づいたと知り、大人しく所在を教えた。

リックは警察官であるという身分を利用し、マークを保護する名目で彼の自宅へと向かって彼を襲った。
リックに訊いた場所へと向かったウィルはそこで、マークを甚振ろうとするリックを発見。
自分は末期のがんで、もうどうなってもいいと告白するリック。
ジェソップと出会ってから、被害者の会を立ち上げたもののそれでは満足できず、鉄槌を下すためにジェソップと協力。
そして被害者と同じ痛みを味わわせようと犯行を重ねていた。
「両親を殺された憎しみを思い出してほしい。もし目の前に犯人が居たら、殺すだろう?」
そう言われ、言葉を失うウィル。しかしそれは間違っていると、リックを制止した。
殴り合いに発展するが、部下の到着もあり無事にリックは逮捕。ジェソップも逮捕されるのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ウィルが暗いですね~
ウィルは両親がかつて暮らした家に戻ってきて、一人で暮らしているわけです。
家族の亡霊?と言ってはなんですが、家族の痕跡を大切にしているような感じです。
そんな中、生き残りの姉が家を訪ねてくるわけですが、姉の彼氏がクズ男じゃないかと調べ上げて、やはりクズだったので、ボコってました。

姉は両親の死を乗り越えようとしているみたいですが、ウィルはまだそうはなれなさそうな感じ。
両親の死については、シーズンを通したテーマになる感じでしょうかね。もやもやは続く……

それにしても、救いようのない話ですね。
厳罰を与えるために、わざと証拠不十分として釈放させた後で甚振るという……
猟奇?行為自体は猟奇的な加害ですけれど、動機はいたってシンプルでしたね。
可愛い我が子を汚した相手に相応の痛みを味わわせたいという気持ちが、きっと私には経験のないことなので理解できていないのでしょう。

リックは末期がんに侵されていましたが、彼は満足して死んでいくのでしょうか。
地獄に落ちるとしても、本望なのかな~

話の展開とか、トリックとかはかなり面白くて惹き込まれるドラマですが、事件の内容が内容なだけになんか、モヤッとした気持ちが残る話だなあ。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.