FC2ブログ

SUPERNATURAL S3E6【幽霊船】

SPNシーズン3エピソード6【幽霊船】のあらすじ&最後までのネタバレです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
幼きころに、この世のものではない者に母親を殺された
ディーンとサムのウィンチェスター兄弟
父の失踪、恋人の死などを乗り越え、たまに喧嘩しつつも
悪魔狩りをする兄弟のロードムービー的ドラマ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

或る夜、港でランニングをしていた女性が海に帆船が浮かんでいるのを目撃する。
不審に思った彼女でしたがそのまま帰宅し、シャワーを浴びていると何者かに背後から襲われて殺されてしまう。

その事件の調査に向かう道中、ディーンは気になっていることをサムに聞く。
ディーン「なあ、俺に話すことがあるだろう」
サム「何のこと?」
ディーン「コルトの弾が1発減ってる。お前が使ったな?十字路に行ったんだろう?で悪魔を撃った」
サム「ああ、でも契約は取りけせなかった。生意気だったから撃ったんだ」
ディーン「だろうな。勝手なことをするな!」
サム「兄貴を助けたいだ!何と言われようと謝る気は無い。それに取引の契約は悪魔のボスが握ってるって」
ディーン「そうか。じゃあ十字路の悪魔に話を聞かないとな!あ、無理か!お前が殺したんだったな」
口論しつつ、契約を解除するためには悪魔のボスについて調べるしかないという結論に至った二人。
そのまま事件の現場へと向かう。

亡くなった女性の名前はシーラ。彼女の叔母であるケイスに話を聞く二人。彼女はシャワールームで溺死をするという不可解な死に方をしていた。
ケイスはサムを見るなり、女の顔つきになる。その姿がおもしろくて堪らないディーン。
「シーラは死ぬ直前に幽霊船をみたと言っていた」とケイスからきいた二人はさっそく調べてみるが、幽霊船の目撃談は37年周期に発生していた。該当しそうな帆船は150隻以上。

ひとつずつつぶしていくディーンとサム。しかし途中で駐車していた車がレッカーされてしまう。
それを仕組んだのはベラ(S3E3【ウサギの足】)だった。彼女はケイスのような独り身の老人に霊による癒しを与えることで商売をしていた。
そしてベラもまた幽霊船を追っていたのだ。

そこへまた被害者が現れる。今度の目撃者は二人。そのうちの一人が殺されたとあって、もう一人にも危険が及ぶのではないかと張り込みするディーンとサム。
ベラは幽霊船を見つけて問題を解決するというが、ディーンやサム達のやり方を非難する。彼女の言っていることにも一理あり、何も言い返せない兄弟。

張り込みしていたものの、結局目の前でもう一人の目撃者も見殺しにしてしまったディーンとサム。
翌日、失意のまま空き家で身を潜めている二人の元へ、ベラが情報を持ってやってくる。彼女は幽霊船の正体を掴み、その船員が一人殺されていることを二人に教える。
その人物こそ、昨晩ディーンたちが見かけた幽霊だった。
彼は首を絞められて殺されたのち、右腕を切り落とされ、その右手は黒魔術の道具として用いられたという。
その右手が今は海洋博物館に展示されており、それを盗み出して処分すれば、今回の事件も解決する・・創刊がえたベラは協力してほしいと兄弟に持ち掛ける。

ケイスの計らいもあって海洋博物館主催のパーティーに潜入できたディーンたち。サムはケイスの恋人役として一緒に行動する。
その隙にディーンとベラの二人が右手を盗み出すが・・。
互いに一旦分かれて、あとで合流するように約束するが、持っていたはずの右手を空き瓶とすり替えられていることに気づいたディーン。
一方のベラは右手を奪い、売り払ってお金を得ていた。
しかし、大金を前に喜ぶベラの目の前に帆船が現れる。ベラは自分にも死の影が近づいていることに気づき、言葉を失う。

その足でディーンたちの元へ向かい事情を説明する。
右手は既に遠く海の上を運ばれており、手が出せない。
ディーン「お前がまさか人殺しとわな・・」
ベラ「どういうこと!?」
サム「今回の犠牲者の共通点が見つかったんだ。幽霊船で殺された船員は船長の弟だったんだ。カインとアベルの話さ。みんなそれぞれ、何らかの理由で家族に手を掛けている。シーラはいとこを自動車事故で殺した。兄弟は父親を遺産目当てで殺した。君は・・?」
ディーン「誰を殺したんだ?」
ベラを突き放す二人だったが、彼女の必死の訴えに、右手が無くとも彼女を助けられる方法が無いわけではないというサムが言い出す。

兄である船長の霊を呼びだして、殺しに来た弟の霊を退治しようとサムが考える。
兄の墓の前でサムが呪文を唱えると、船員の男の霊がベラに迫った。
そこへ船長の霊が現れ、霊は相打ちして消え、ベラは九死に一生を得る。

ベラからお礼に1万ドルずつをもらった二人。
さっそくルーレットをしにアトランティックシティーへと旅立つディーンたちだったが、
ディーン「お前が十字路に行った気持ちはよくわかるよ。俺だって同じことをしていたと思う。でもお前は強い、だから一人でやっていけるさ」
サム「俺は謝ってほしくない!俺は大人なんだ。俺の心配よりも自分の命をしないしろよ。命を諦めるな」
ディーン「・・・」
サム「まただんまりか?」
ディーン「・・・カジノに行くのは諦めないぞ?」
サム「・・・・」
大事な部分ではぐらかすディーンにサムは何も言えない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ベラもどうやら闇の深い女性のようですね。
彼女はいったい誰を殺したのでしょうか・・?

ベラは兄弟の味方なのか敵なのかよく分からない存在ですが、とにかく厄介ごとを持ってくる女性に間違いはなさそうですね。

そしてディーンがどんどん達観モードに突入していきます。
死んでもいいと腹をくくったのでしょうか。
サムだけが、ディーンを手放したくなくて焦っていますが、ルビーは本当にディーンを救う方法を持っているのでしょうか・・?

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/

ランキング参加中♥よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.