fc2ブログ

警視バンクロフトS2E1【折れた薬指】

シーズン2エピソード1【折れた薬指】のあらすじ&最後までのネタバレです。

さて、シーズン2でございます。このイカレた(ほめ言葉)暴走おばさんの行く末を見守りたいと思います。
シーズン1では自分の過去の不正(殺人)に気が付いた新人のキャサリンを故意に銃撃、一命をとりとめた彼女を病院で殺害していました。
キャサリンから真相を聞かされていたのは彼女に捜査の指示を出していたウォーカーただ一人。そんな彼をバンクロフトは……

===

警察署の統合話から、昇進を果たしたバンクロフト。そして邪魔者のウォーカーを異動させることに。
そんな中、管轄内で殺人事件が発生。殺されたのは地元の名士であるコナーズとスーザン。
彼の家に残っていた写真の中に、息子のジョーの姿を発見したバンクロフトは驚愕する。
コナーズたちの娘アナベルの恋人だったジョーも事件の関係者として浮上し、バンクロフトは捜査から外されることになった。
事件の捜査指揮を執るのはハーパー警部。

コナーズには三人の子どもがいた。それぞれが両親と良好な関係を築いていた。
バンクロフトは捜査から外されたものの一人で捜査をする決意をし、コナーズの子どもたちに会いに行った。するとそこで息子のジョーと再会する。
キャサリンのことをきっかけにジョーと疎遠になっていたバンクロフトは、息子との再会を喜ぶがジョーは違った。
アナベルとは婚約をしているらしく、彼女には「母は死んだ」と伝えていた。息子が婚約したことや、自分が死んだことにされていたことなど、ショックを隠し切れないバンクロフトだが、ジョーは彼女の前から立ち去った。

ウォーカーの自宅そばで薬物中毒の少女が緊急搬送される事件が発生。
薬物密売の排除に尽力していたバンクロフトは部下のアンディからそのことを知り、殺人事件とは別で捜査を始める。
一方、ジョーが事件に関わっているのではないかと考えたハーパーはバンクロフトに捜査情報を漏らさないように部下に指示を出した。


検視の結果、スーザンの左薬指が骨折していたことが分かる。
更にアナベルへの事情聴取で、ジョーとコナーズが険悪な関係だったことも判明した。ジョーはかつて病院に勤務していたが、退職。その後、アナベルのヒモ同然の生活を送っていた。
そのことをコナーズが快く思っていなかった。
一方、ウォーカーは退職を決意するが、バンクロフトに一矢報いるために、彼女が行った「薬物密売の排除」についてのカラクリについて語りだす。
ウォーカーは彼女が密売人たちを管理し、自分の管轄で行動しないようにしているのではないか、と指摘した。
バンクロフトはそれを否定も肯定もせず、「あんたは負け犬だ」と言って一蹴する。

アンディは町の薬の元締めのダーニッシュに会いに行き、薬物の横流しをするなと警告するが、彼は「新種の薬物が出回っている」と答えた。
ダーニッシュは身の安全と引き換えにバンクロフトと取引し、兄のアティフを売っていた(シーズン1参照)。
ダーニッシュは実母に会いに行くが、そのことを母から叱責される。ダーニッシュは実母こそ薬物の横流しをしていると確信し、自分とバンクロフトの繋がりを知っていたことを危険視する。
そしてそのことをバンクロフトに報告した。

その夜、バンクロフトはジョーに会いに行く。ジョーはキャサリンを殺したのがバンクロフトだと確信していた。
しかしそれを訴えても二度と彼女は戻ってこないということも理解しており、顔も見たくないとバンクロフトに告げる。

その後、捜査が進展していき、ジョーへの疑いが強まっていく。しかしバンクロフトはコナーズの娘アナベルが怪しいのではないかと考えていた。
ジョーと彼女の関係を良く思えないバンクロフトは何とかして二人を破局させようと考えるが、一方で彼女が殺人を犯したのではないかと疑った。

アナベルは事件当夜、実家に行っていた。
アナベルはジョーと一緒に居たという偽のアリバイ証言をしており、それを知ったジョーは彼女を疑う。しかし同時に彼女を失いたくないという思いから、警察へ真実を話そうと提案するが、アナベルは少し冷静になりたいと言った。
バンクロフトは息子を守るため、ジョーに警察の捜査の手が伸びていることを密告。
ジョーとアナベルは町から姿を眩ませた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いや~バンクロフトの顔を見ているとイライラしてきますね。
どう考えても彼女が「悪」の側なのにそれがどうにも立証できないもどかしさも含め、やり場のないストレスを感じるドラマです。
キャサリンが浮かばれないわ~悲しい。

シーズン1からちゃんとお話が続いているようで、馴染みの顔がたくさんです。
そう言えば、シーズン1は麻薬絡みの話でしたね。もちろん「過去の殺人について」がメインでしたが。
ダーニッシュを警察が保護する代わりに、彼の兄アティフの犯罪について密告してほしいいと取引を持ち掛けていたわけです。
冒頭に出てきたキャサリンは、バンクロフトの過去に気づき、そして彼女の大切な一人息子のジョーと恋仲になってしまったことが原因で殺されてしまいました。
おばさん、怖えよ

私はこのドラマにおいては誰にも肩入れできずにいるので、そこが辛いところ。
正義が正義じゃないんだもん、やってらんねえ。
というわけで、感想もかなりあっさりテイストになります。淡々と観ないとはらわた煮えくりかえりそうなので。

ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)




ランキング参加中♥優しさでぽちっと、よろしくお願いします_(:3 」∠)_


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ちゃんこい
Posted byちゃんこい

Comments 0

There are no comments yet.